描画オブジェクトに影または 3-D 効果を追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

影付きの四角形と 3-D 効果が加えられた四角形

オートシェイプに影を追加することができます: テキスト ボックスを含む、サイズ、方向、および影の色を変更するとします。影の色を変更すると、変更はオブジェクト自体ではなく、影だけに反映されます。一部の種類の影を追加することもできます。-オフセット影など、図の枠線にします。描画オブジェクトに影を追加する方法

3-D 効果ほとんどの線、 オートシェイプ、およびフリー フォームの描画オブジェクトに 3-D 効果を追加できます。3-D オプション] で、オブジェクト、色、回転、角度、光源、等高線テクスチャの向きの奥行き (3-d) を変更できます。3-D 効果の色を変更すると、変更はオブジェクト自体ではなく、オブジェクトの 3-D 効果のみに反映されます。描画オブジェクトに 3-D 効果を追加する方法

注: オブジェクトには影または 3-D 効果を設定できますが、両方を同時に適用することはできません。影が設定されているオブジェクトに 3-D 効果を設定すると、影が表示されなくなります。

ヒント[図形描画] ツールバーでワードアートを挿入するボタン ボタン イメージ を使用して 3-D 効果を適用したテキストを作成できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×