接続 (インポート) されたデータを更新する

セル範囲、Excel の表、ピボットテーブル レポート、ピボットグラフ レポート、テキスト ファイル、および Web クエリは、いずれも外部のデータ ソースに接続できます。データを更新して、この外部データ ソースのデータを更新できます。データを更新するたびに、データ ソース上で、データに加えた変更がすべて含まれた最新の情報を見ることができます。

セキュリティに関するお知らせ : 外部データへの接続は、コンピュータ上で無効になっている場合があります。ブックを開くとデータが更新されるようにするためには、[セキュリティ センター] バーでデータ接続を有効にするか、ブックを信頼できる場所に配置する必要があります。

詳細については、「ファイルに対して信頼できる場所を作成、削除、変更する」、「信頼できる発行元を追加、削除、表示する」、および「セキュリティ センターのセキュリティ設定を表示する」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

Microsoft Query、データ接続ウィザード、または Web クエリのデータを更新する

インポートされたテキスト ファイルのデータを更新する

オフライン キューブ ファイルを更新する

インポートされた XML ファイルのデータを更新する

ブックを開いたときにデータを自動的に更新する

データを定期的に自動更新する

外部データ範囲を更新するときにパスワードを指定する

クエリをバックグラウンドで実行する/他の作業を中断して実行する

更新操作の状況を確認する/更新を取り消す

Microsoft Query、データ接続ウィザード、または Web クエリのデータを更新する

次のいずれかの操作を行います。

  • ブックの特定のデータ接続を更新するには、外部データ範囲内のセルをクリックします。[データ] タブの [接続] で [すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします。

  • ブックのすべてのデータ接続を更新するには、[データ] タブの [接続] で [すべて更新] をクリックします。

注: 複数のブックを開いている場合、各ブックで操作を繰り返す必要があります。

ページの先頭へ

インポートされたテキスト ファイルのデータを更新する

  1. インポートされたテキスト ファイルが含まれているワークシートを選択します。

  2. [データ] タブの [接続] で [すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[すべて更新] をクリックします。

  3. [テキスト ファイルのインポート] ダイアログ ボックスのインポート元のテキスト ファイルを選択し、[インポート] をクリックします。

ページの先頭へ

オフライン キューブ ファイルを更新する

オフライン キューブ ファイルを更新すると、サーバー キューブの最新のデータを使用してオフライン キューブ ファイルが再作成されますが、この作業にはかなりの時間がかかり、多くの一時ディスク領域が必要となります。この作業は、他のファイルにすぐにアクセスする必要がないときに、ファイルを保存し直すための十分なディスク領域があることを確認したうえで開始してください。

  1. オフライン キューブ ファイルから作成されたピボットテーブル レポートをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で [すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[すべて更新] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

ページの先頭へ

インポートされた XML ファイルのデータを更新する

  1. ワークシートで、対応付けセルをクリックして、更新する XML の対応付けを選択します。

  2. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を実行して表示します。

    1. (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の使用に関する基本オプション] で [[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス のコンポーネントです。

  3. [開発] タブの [XML] で [データの更新] をクリックします。

    リボンの XML グループ

ページの先頭へ

ブックを開いたときにデータを自動的に更新する

ブックを開いたときに、自動的に外部データ範囲が更新されるように設定できます。また、外部データ範囲は保存せず、ブックだけを保存するように設定することもできます。この設定を使用すると、ブック ファイルのサイズを小さくすることができます。

  1. 外部データ範囲内のセルを 1 つクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で [すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. [コントロールの更新] の [ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。

  5. ブックを保存する際、クエリの定義だけを保存し、外部データ範囲は保存しない場合、[ブックを保存する前に外部データ範囲からデータを削除する] チェック ボックスをオンにします。

注: ピボットテーブル レポートでブックを開くときにデータを更新する場合も、[ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。このチェック ボックスは、[ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [データ] タブの [ピボットテーブルのデータ] セクションにあります。

詳細については、「ピボットテーブル オプション」を参照してください。

ページの先頭へ

データを定期的に自動更新する

  1. 外部データ範囲内のセルを 1 つクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で [すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. [定期的に更新する] チェック ボックスをオンにし、更新の間隔を分単位で入力します。

ページの先頭へ

外部データ範囲を更新するときにパスワードを指定する

保存するパスワードは暗号化されないので、パスワードを保存することはお勧めしません。データ ソースに接続するためにパスワードが必要な場合は、外部データ範囲を更新する前にパスワードの入力を要求することができます。次の手順は、テキスト ファイル (.txt) や Web クエリ (.iqy) から取得されるデータには使用できません。

パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強固とはいえません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードといえます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。詳細については、「強力なパスワード : その作り方と使い方」を参照してください。

パスワードは必ず覚えておいてください。パスワードを忘れてしまった場合も、マイクロソフト側でお調べすることはできません。紙片などに書き留めたパスワードは、そのパスワードで保護する情報から離れた安全な場所に保管してください。

  1. 外部データ範囲内のセルを 1 つクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で [すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [定義] タブをクリックします。

  4. [パスワードを保存する] チェック ボックスをオフにします。

注: パスワードの入力が必要なのは、Excel の各セッションで外部データ範囲が最初に更新されるときのみです。Excel の次の起動時に、クエリを含むブックを開いて更新操作を実行しようとすると、パスワードの入力を求めるメッセージが再び表示されます。

ページの先頭へ

クエリをバックグラウンドで実行する/他の作業を中断して実行する

バックグラウンドでクエリを実行すると、クエリの実行中でも、Excel を使用することができます。

注: OLAP クエリはバックグラウンドで実行することができません。

  1. 外部データ範囲内のセルを 1 つクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で [すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[接続のプロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. クエリをバックグラウンドで実行する場合は、[バックグラウンドで更新する] チェック ボックスをオンにします。クエリの実行中に他の作業を中断する場合は、このチェック ボックスをオフにします。

注: クエリを含むマクロを記録している間は、バックグラウンドでクエリを実行できません。記録されたマクロをバックグラウンドで実行できるように変更するには、Visual Basic エディター でマクロを変更します。その際、QueryTable オブジェクトの更新方法を BackgroundQuery := False から BackgroundQuery := True に変更します。マクロの編集方法の詳細については、Visual Basic のヘルプを参照してください。

ページの先頭へ

更新操作の状況を確認する/更新を取り消す

次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

  • クエリの状況を確認する     クエリの実行中は、ステータス バーに回転するアイコンが表示されます。クエリの状況を確認するには、 更新インジケーター (バックグラウンドで更新) アイコンをダブルクリックします。

  • バックグラウンドでの更新の中止     バックグラウンドで実行されているクエリを中止するには、ステータス バーの 更新インジケーター (バックグラウンドで更新) アイコンをダブルクリックして [外部データの更新状況] ダイアログ ボックスを表示し、[更新の中止] をクリックします。

  • クエリの停止     [バックグラウンドで更新する] がオフになっている場合にクエリの実行を停止するには、Esc キーを押します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×