接続設定の構成方法の選択

システム管理者から指示がある場合は、[接続の詳細設定] ダイアログ ボックスを使用して、コミュニケーション サービスへの接続を自動または手動のどちらで構成するかを選択します。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

自動構成を使用する

手動構成を使用する

自動構成を使用する

Microsoft Lync 2010 通信ソフトウェアを起動して、[オプション] ボタンをクリックします。[個人] をクリックし、[詳細] ボタンをクリックしてから、[自動構成] をクリックすると、Microsoft Lync Server 2010 通信ソフトウェアにより自動的に接続設定が構成されます。

ページの先頭へ

手動構成を使用する

Lync 2010 を起動して、[オプション] ボタンをクリックします。[個人] をクリックし、[詳細] ボタンをクリックしてから、[手動構成] をクリックし、システム管理者から提供された情報を使用して次の情報を構成します。

  • [内部サーバー名または IP アドレス] Lync Server 2010 の FQDN (完全修飾ドメイン名) または IP アドレスを入力します。

  • [外部サーバー名または IP アドレス] Lync Server 2010、エッジ サーバーの FQDN または IP アドレスを入力します。

  • [接続方法] ネットワークに適した接続プロトコルをクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×