接続ライブラリ内の設定を使用してデータ接続を追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事の内容

概要

始める前に

クエリのデータ接続を追加します。

データの送信接続を追加します。

概要

ようなデータ接続を使用して複数のフォーム テンプレートをデザインする場合は、フォーム テンプレートごとに外部データ ソースへのデータ接続を作成するのではなくデータ接続ファイルの使用を検討してください。これにより、一連の関連するフォーム テンプレートのデータ接続情報が変更されたときに、1 つだけのデータ接続ファイルを更新する必要があります。たとえば、テスト ネットワークから、フォーム テンプレートを運用ネットワークに移動するときに、データ接続の設定は 1 回のみでフォーム テンプレートのデータ接続を更新するのではなく接続ライブラリを更新する必要があります。データ接続ファイルを使用するフォーム テンプレートに基づくフォームは、データ接続を使用しているときに、データ接続は、新しい設定で自動的に更新します。

データ接続ファイルは、1 つの外部データ ソースの接続情報を含む入ったファイル拡張子の XML ファイルです。このファイルは、 Microsoft Office SharePoint Server 2007を実行するサーバー上のデータ接続ライブラリに保存されます。開発者または既存のフォーム テンプレートで、データ接続がデータ接続] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー)に変換] をクリックしてデータ接続ファイルに変換して、データ接続ファイルが作成されます。

データ接続ファイルを使用する利点は次のとおりです。

  • 複数のフォームは、同じデータ接続ファイルを使用して、ので、フォーム テンプレートごとに最初から同じデータ接続を作成する必要はありません。

  • 外部データ ソースの場所または接続設定を変更する場合は、データ接続ファイルのみ、個々 のフォーム テンプレートを更新する必要があります。

  • データ接続ファイルには、Web ブラウザーを使って、ユーザーがフォームに入力するときに、サーバーで使用できる代替の認証情報を含めることができます。

  • ブラウザーで入力するブラウザー互換フォーム テンプレートに基づくフォームは、データ接続ファイルを使用してデータ接続のみを別のドメインのサーバーに接続できます。

注: Microsoft Office InfoPath では、次のデータ接続をどこからでもバージョン 2.0 ファイル形式のデータ接続ファイルを使用します。このバージョンは、Microsoft Office と Microsoft Office Excel で使用されるバージョン 1.0 のファイル形式のスーパー セットです。InfoPath では、バージョン 1.0 のファイル形式でのデータ接続ファイルを使用できません。

フォーム テンプレートにデータ接続ライブラリの設定を使用してデータ接続を追加する場合は、そのフォーム テンプレートのセカンダリ データ接続を作成します。このデータ接続は、データベースや Web サービス データ接続ライブラリの設定を基にフォーム テンプレートをデザインする際に作成されるメイン データ接続と異なります。メイン データ接続を使用してデータの送信や発生することができない場合にのみ、セカンダリ データ接続を追加します。

ページの先頭へ

始める前に

フォーム テンプレートにデータ接続ライブラリに保存されている設定を使用してデータ接続を追加するためには、サイト管理者は、次の情報必要があります。

  • Microsoft Office SharePoint Server 2007、データ接続ライブラリが含まれているサイトを含むを実行しているサーバーの場所

  • 使用するデータ接続ライブラリ内のデータ接続ファイルの名前

  • データ接続ファイル クエリ データ接続または送信データ接続の設定が含まれているかどうか

  • クエリ データ接続の設定である場合は、オフラインで使用するフォームのクエリの結果を安全に保存するフォーム テンプレートを構成するかどうか

ページの先頭へ

クエリのデータ接続を追加します。

接続ライブラリの設定を使用して、フォーム テンプレートにデータ接続を追加するためには、次の手順を行う必要があります。

  1. フォーム テンプレートには、セカンダリ データ接続を追加します。

  2. コントロールのセカンダリ データ ソース クエリとデータ フィールドにバインドします。

  3. ルールまたはボタンを使用してデータ接続を使用するフォーム テンプレートを構成します。

手順 1: セカンダリ データ接続を追加します。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードでは、 Microsoft Office SharePoint Server で接続の検索] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. サイトの一覧で、ウィザードの次のページで、接続ライブラリがOffice SharePoint Server 2007を実行しているサーバー上のサイトの名前をクリックします。

    個人用サイトが一覧に表示されません。

    一覧には、サイトを追加するには、次の操作を行います。

    1. サイトを管理する] をクリックします。

    2. サイトの管理] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

    3. [URL ] ボックスで、データ接続ライブラリの場所を入力します。

    4. 表示名] ボックスで、データ接続ライブラリの名前を入力します。サイトリストのデータ接続ウィザードでこの名前が表示されます。

    5. [OK] をクリックします。

    6. [閉じる] をクリックします。

  5. データ接続ファイルの一覧が表示をこのデータ接続に使用するデータ接続ファイルの名前をクリックして、[次へ] をクリックしてデータ接続ライブラリの名前をクリックします。

  6. 接続の設定に応じて、データ接続ファイルで、ウィザードの次のページするように求められます各パラメーターのサンプル値を指定します。

    サンプル値を指定する方法は?

    1. パラメーターの表にパラメーターを選択し、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. サンプル値] ボックスに、ユーザーが、このフィールドを使用して、[ OK] をクリックしてことも、値を入力します。

    3. パラメーターの表に、各パラメーターの次の手順を繰り返して、[次へ] をクリックします。

    ノート

    データ接続ウィザードで、[Web サービスへのデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続して、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスで使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、InfoPath にこのファイルを送信して要求に応答します。InfoPath では、このファイル内の情報を使用して、フォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに適切なフィールドとグループを追加します。InfoPath では、WSDL ファイルで、不明な要素のタイプが検出されると、InfoPath はサンプル データを使用して、不明な要素の種類の定義を決定し、セカンダリ データ ソースには適切なフィールドおよびグループを追加します。

  7. フォームがネットワークに接続していないときに、使用するクエリの結果を設定する場合は、フォーム テンプレート内のデータのコピーを保存する] チェック ボックスを選択します。

    セキュリティ メモ: このチェック ボックスをオン、フォーム テンプレートで、クエリの結果を格納します。いるため、フォーム テンプレートにデータが保存されますが、ユーザーが記入するフォームで使用が自分のコンピューターがネットワークに接続していない場合でもします。このデータ接続から機密性の高いデータを取得する場合場合に、コンピューターが喪失したか、盗難、取り込み、データを保護するのには、この機能を無効にすることがあります。

  8. [次へ] をクリックします。

    ウィザードの次のページでは、このデータ接続の設定の概要を表示します。

  9. データ接続のわかりやすい名前を入力します。この名前は、データ ソース] 作業ウィンドウでデータ ソースの一覧に表示されます。

  10. 開いたときに、このデータ接続を使用するには、このフォーム テンプレートに基づくフォームを有効にするには、フォームを開いたときにデータを自動的に取得する] チェック ボックスを選択します。

ページの先頭へ

手順 2: ユーザーにデータを表示するコントロールを追加します。

  1. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  2. フォーム テンプレートには、コントロールをドラッグします。

  3. コントロールのバインド] ダイアログ ボックスでは、フィールド、コントロールのバインド先を選択し、し、[ OK] をクリックします。

手順 3: データ接続を使用するフォーム テンプレートを構成します。

ユーザー フォームを開いた後、このデータ接続からデータを取得する場合は、ルールを追加するには、特定の条件の下で、データ接続を使用するフォーム テンプレートにまたはデータ接続を使用するユーザーがクリックして、フォーム テンプレートにボタンを追加します。ではありません。

ルールを追加する

ルールの条件が満たされたときに、クエリのデータ接続を実行するフォーム テンプレートにルールを追加することができます。次の手順は、フォーム テンプレートのクエリのデータ接続を作成して、データ接続からデータを表示するフォーム テンプレート上のコントロールが構成されていることを想定しています。

  1. フォーム テンプレートに複数のビューがある場合は、[表示] メニューのセカンダリ データ ソースからデータを表示するコントロールをビューに移動するビューの名前をクリックします。

  2. ためのルールを追加するコントロールをダブルクリックします。

  3. [データ] タブをクリックします。

  4. [入力規則とルール] で [ルール] をクリックします。

  5. [ルール] ダイアログ ボックスで [追加を] をクリックします。

  6. [名前] ボックスで、ルールの名前を入力します。

  7. ルールが実行する必要がある場合は、条件を指定するには、条件の設定] をクリックし、し、条件を入力します。条件が発生したときに、ルールが実行されます。条件を設定していない場合、ユーザーは、[コントロール] の値を変更し、そのコントロールから離れてだれかのカーソルを移動するときに、ルールが実行されます。

  8. アクションの追加] をクリックします。

  9. 一覧で、アクションクエリ データ接続を使用する] をクリックします。

  10. データ接続の一覧で、使用するクエリ データ接続をクリックし、[各ダイアログ ボックスを閉じるには、 [OK ] をクリックします。

  11. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

クエリのデータ接続を使用するためのボタンを追加します。

フォーム テンプレートに基づくフォームに入力するときに、ユーザーがクリックして、フォーム テンプレートには、ボタン コントロールを追加できます。クリックすると、このボタンは、クエリのデータ接続からデータを取得できます。

  1. フォーム テンプレートに複数のビューがある場合は、[表示] メニューのセカンダリ データ ソースからデータを表示するコントロールをビューに移動するビューの名前をクリックします。

  2. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  3. ボタンのコントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  4. フォーム テンプレートに追加する] ボタンをダブルクリックします。

  5. [全般] タブをクリックします。

  6. アクションリストで、[更新] をクリックします。

  7. [ラベル] ボックスで、フォーム テンプレートのボタンを表示する名前を入力します。

  8. [設定] をクリックします。

  9. [更新] ダイアログ ボックスでは、 1 つのセカンダリ データ ソースをクリックします。

  10. セカンダリ データ ソースの選択] の一覧では、クエリのデータ接続に関連付けられているセカンダリ データ ソースをクリックします。

  11. [OK] をクリックして、開いている各ダイアログ ボックスを閉じます。

  12. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

データの送信接続を追加します。

データ接続ファイルに送信データ接続の設定が含まれている場合は、このデータ接続を使用してフォーム データを送信できるようにするフォーム テンプレートを構成できます。フォーム データを送信できるようにするフォーム テンプレートを構成するときに、[標準] ツールバーで、[ファイル] メニューの [送信] コマンド、[送信] ボタンが追加されます。[送信オプション] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) で、フォーム テンプレートの送信オプションを設定できます。送信オプションは、送信データ接続のセカンダリ データ接続を追加した場合と同じ方法で構成されます。詳細については、送信データ接続を追加するのには、「参照」セクションのフォーム テンプレートへのリンクを検索します。

  1. [ツール] メニューで、データ接続] をクリックします。

  2. データ接続] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードでは、 Microsoft Office SharePoint Server で接続の検索] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  4. サイトの一覧で、ウィザードの次のページで、接続ライブラリとサイトの名前をクリックします。

    個人用サイトが一覧に表示されません。

    一覧には、サイトを追加するには、次の操作を行います。

    1. サイトを管理する] をクリックします。

    2. サイトの管理] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

    3. [URL ] ボックスで、データ接続ライブラリの場所を入力します。

    4. 表示名] ボックスで、データ接続ライブラリの名前を入力します。サイトリストのデータ接続ウィザードでこの名前が表示されます。

    5. [OK] をクリックします。

    6. [閉じる] をクリックします。

  5. データ接続ファイルの一覧の表示など、これを使用するデータ接続ファイルの名前をクリックするデータ接続ライブラリの名前をクリックして、データ接続を送信し、[次へ] をクリックします。

  6. Web サービスへの送信データ接続を設定する場合、InfoPath が Web サービスのパラメーターがデータを受信できるを検出することができます。フォーム テンプレートで、データの一部またはすべてのデータを送信するのには、送信データ接続を構成することができます。

    方法

    1. パラメーター名] ボックスの一覧では、フォームからデータを受信するパラメーターをクリックします。

    2. すべてのルート要素など、任意の処理手順については、このパラメーターは、フォーム内のデータを送信するには、次の操作を行います。

      1. フォーム全体 (XML ドキュメント、処理命令を含む)をクリックします。

      2. 文字列としてデータを送信するには、文字列としてデータを送信する] チェック ボックスを選択します。通常、デジタル署名されたデータを送信するには、このチェック ボックスを選択します。ほとんどの場合、このチェック ボックスをオフにします。

    3. フィールドまたはグループのパラメーターを指定するには、次の操作を行います。

      1. [パラメーターのオプション] で、 [フィールドまたはグループをクリックします。

      2. [データ ソース] ボタン変更] をクリックします。

      3. フィールドまたはグループの選択] ダイアログ ボックスでは、フィールドまたはグループのデータを送信する] をクリックし、[ OK] をクリックします。

      4. 一覧で、含めるフィールドまたはグループの内容のみを送信または、選択した要素を含む XML サブツリーコンテンツと選択したグループまたはフィールドを送信する] をクリックして、テキストと子要素のみ] をクリックします。

    4. 各パラメーターの次の手順を繰り返します。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. このデータ接続の名前を入力] ボックスに、ウィザードの次のページでは、次のわかりやすい名前を入力は、データ接続を送信します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×