接続のプロパティ

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[接続プロパティ] ダイアログ ボックスを使用して、外部データ ソースに接続するためのさまざまな設定を使用して、再利用すると、または接続ファイルを切り替えます。

重要: 外部データへの接続は、お使いのコンピューターに現在無効にすることがあります。ブックを開いたときに、データに接続するには、セキュリティ センター] バーを使用するか、信頼できる場所にブックを配置してデータ接続が有効にする必要があります。詳細については、次の記事を参照してください。

接続の名前説明ボックス
これらの接続の名前とオプションの説明を表示します。名前と説明を変更するには、ボックスで、テキストをクリックしを [テキストを編集します。ブックの接続] ダイアログ ボックスで列には、接続の名前と説明が表示されます。([データ] タブの[接続] グループで、[接続] をクリックします。)

この記事の内容

利用状況] タブのオプション

定義] タブのオプション

利用状況] タブのオプション

使用の設定] タブの [コントロールのブックで接続情報を使用する方法。

コントロールを更新します。

バック グラウンドの更新を有効にします。   バック グラウンドでクエリを実行するには、このチェック ボックスを選択します。待機中にクエリを実行するには、このチェック ボックスをオフにします。バック グラウンドでクエリを実行すると、Excel を使用して、クエリの実行中にできます。

間隔を更新します。   通常の時間間隔で外部データの自動更新を有効にするには、このチェック ボックスを選択し、更新操作の間の秒数を入力します。外部データの自動更新を無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

ファイルを開くときにデータを更新します。   ブックを開いたときに自動的に外部データを更新するには、このチェック ボックスを選択します。すぐに外部データを更新することがなく、ブックを開くには、このチェック ボックスをオフにします。

ブックを保存する前に外部データ範囲からのデータを削除します。   クエリの定義が、外部データなしでブックを保存する場合は、このチェック ボックスをオンにします。ブックでクエリの定義とデータを保存するのには、このチェック ボックスをオフにします。このチェック ボックスは、ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスを選択した後のみ利用可能になった。

OLAP サーバーの書式設定

OLAP サーバーの次の形式が、サーバーから取得され、データが表示されるかどうかを制御します。

表示形式   選択または有効にするまたは、通貨、日付、時刻などの数値の書式を無効にするには、このチェック ボックスをオフにします。

フォントのスタイル   選択または有効または無効に太字、斜体、下線などのフォント スタイル、取り消し、このチェック ボックスをオフにします。

塗りつぶしの色   選択または有効にする、または塗りつぶしの色を無効にするのには、このチェック ボックスをオフにします。

テキストの色   選択または有効にする、またはテキストの色を無効にするのには、このチェック ボックスをオフにします。

OLAP ドリルスルー

取得するレコードの最大数   10,000 階層内のデータのレベルを展開するときに取得するレコードの最大数を指定するには、1 から値を入力します。

言語

Office の表示言語が使用可能な場合のエラー データを取得   選択または有効にするか、OLAP サーバーから該当する場合は、翻訳されたデータと、エラーの検索を無効にするのには、このチェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

定義] タブのオプション

[定義] タブの設定は、ブックの接続ファイルや接続情報を定義する方法と、接続情報のソースをか、制御します。

接続の種類   Office データ接続またはMicrosoft Access データベースなど、使用している接続の種類が表示されます。

接続ファイル   接続情報を格納するために使用でき、変更されたか、新しい接続ファイルへの移行を現在の接続ファイルを表示します。このフィールドが空白の場合は、接続ファイルを使用したことがない、またはこれが使用され、接続ファイルへのリンクが解除されたことを [変更します。

更新されたし、たい場合、新しいバージョンを使用するか、現在の接続を変更し、別の接続ファイルを使用するために、たとえば、接続ファイルへのリンクを再確立、参照データ ソースの選択を表示する] をクリックしますダイアログ ボックス。更新された接続ファイルを別の接続ファイルを選択し、または新しいソース、データ接続ウィザードを起動する] をクリックして新しい接続ファイルを作成できます。

注: 新しい接続ファイルがデータ接続されているオブジェクトを一貫性のあることを確認します。接続を変更することができますが、次のオブジェクト間の接続を切り替えることはできません。

  • OLAP ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポート

  • OLAP 以外のピボット テーブルまたはピボット グラフ レポート

  • Excel のテーブル

  • テキスト ファイル

  • XML テーブル

  • Web ページに Web クエリ

常に接続ファイルを使用します。   接続ファイルの最新バージョンのデータを表示または更新されたときにいつでも、常に使用することを確認するには、このチェック ボックスを選択します。Excel ブックの接続情報を使用するには、このチェック ボックスをオフにします。

重要: 接続ファイルを使用できない場合、Excel は、ブックに保存されている接続情報を行います。接続ファイルの最新バージョンが常に使用することを確認する場合は、接続ファイルがアクセシビリティの高いと利用可能であることを確認します。

接続文字列   接続文字列を表すには、現在の接続情報を表示します。接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで変更することはできませんが、特定の接続情報を編集してすべての接続情報を確認するのには、接続文字列を使用します。

パスワードを保存します。   接続ファイル内のユーザー名とパスワードを保存するには、このチェック ボックスを選択します。パスワードが暗号化されていません。ユーザー名とパスワードが必要な場合、最初にアクセスすると、データ ソースにログオンするには、このチェック ボックスをオフにします。このチェック ボックスは、テキスト ファイルまたは Web クエリから取得したデータには適用されません。

セキュリティ メモ: データ ソースに接続するときは、ログオン情報を保存しないでください。この情報はプレーン テキストとして格納されることがあり、悪意のあるユーザーが情報にアクセスしてデータ ソースのセキュリティを侵害する可能性があります。

コマンドの種類   コマンドの種類を次のいずれかを選択します。

  • SQL

  • 既定

OLAP データ ソースに接続する場合は、キューブが表示されますが、コマンドの種類を変更することはできません。

コマンドのテキスト    データに基づいて返されますコマンドの種類を指定します。たとえば、[コマンドの種類がテーブルの場合は、テーブル名が表示されます。コマンドの種類がSQLの場合は、SQL クエリを使用して、返されるデータが表示されます。コマンドのテキストを変更するには、ボックス内のテキストをクリックし、テキストを編集します。

Excel Services   Excel Services の認証の設定] ダイアログ ボックスを表示して、ブックに接続されていると、Excel で表示されるデータ ソースにアクセスするときに、認証方法を選択する認証の設定] をクリックします。サービスです。データ ソースにログオンするには、次のオプションのいずれかを選択します。

  • Windows 認証   Windows ユーザー名と現在のユーザーのパスワードを使用するのには、このオプションを選択します。これは、最も安全な方法は多くのユーザーがある場合に、パフォーマンスに影響ことができます。

  • SSS   セキュリティで保護された記憶域サービスを使用するには、このオプションを選択し、 SSS ID ] ボックスで、適切な識別文字列を入力します。サイトの管理者は、ユーザー名とパスワードが保存される場所をセキュリティで保護された記憶域サービス データベースを使用する SharePoint サイトを構成できます。この方法が最も効率的な場合に、多数のユーザーがあります。

  • [なし]   パスワードを保存する] チェック ボックスを選択すると、認証] などの接続文字列に保存された情報を使用するのには、このオプションを選択します。

    セキュリティ メモ: データ ソースに接続するときは、ログオン情報を保存しないでください。この情報はプレーン テキストとして格納されることがあり、悪意のあるユーザーが情報にアクセスしてデータ ソースのセキュリティを侵害する可能性があります。

注: 認証の設定は、Excel デスクトップ プログラムではなく、Microsoft Excel Services でのみ使用されます。Excel や Excel Services でブックを開くかどうか、同じデータにアクセスすることを確認する場合は、接続の認証の設定が、Excel と Excel Services で同じであることを確認します。

[クエリの編集   データ ソースからデータを取得するためのクエリを変更するのには、このボタンをクリックします。データ ソースの種類、に応じて、次のいずれかが表示されます。

  • Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) OLEDB 接続のデータ接続ウィザードします。

  • Microsoft Query ODBC 接続します。

  • Web ページのWeb クエリの編集] ダイアログ ボックス。

  • テキスト ファイルのテキスト インポート ウィザードします。

注: 接続情報は、接続ファイルにリンクされている場合は、クエリを編集することはできません。

パラメーター   Microsoft Query または Web クエリの接続のパラメーターの情報を編集して [パラメーター ] ダイアログ ボックスを表示するのには、このボタンをクリックします。

接続ファイルのエクスポート   接続ファイルに現在の接続情報を保存して、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示するのには、このボタンをクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×