接続されている (インポートされた) データを更新します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Excel ブックで外部データ ソースに接続されているデータを更新することができます。このデータ ソースには、セル範囲、Excel のテーブル、ピボット テーブル レポート、ピボット グラフ レポート、テキスト ファイル、または Web クエリができます。データを更新するたびに、データに加えられた変更を含め、データ ソース内の情報は、最新バージョンを表示します。

セキュリティ メモ: 外部データへの接続は、お使いのコンピューターに現在無効にすることがあります。ブックを開いたときに、データを更新するには、セキュリティ センター] バーを使用してデータ接続を有効または信頼できる場所でブックを配置する必要があります。

詳細については、追加、削除、またはファイルに対して信頼できる場所を変更追加、削除、または信頼できる発行元を表示、およびオプションとセキュリティ センターの設定を表示するを参照してください。

次のいずれかの操作を行います。

  • ブック内の特定のデータ接続を更新するには、外部データ範囲のセルをクリックします。[データ] タブの [接続] で、すべて更新] の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします。

  • ブック内のすべてのデータ接続を更新するには、[データ] タブの [接続] で、 [すべて更新] をクリックします。

注: 1 つ以上のブックを開いている場合は、個々 のブックの操作を繰り返す必要があります。

  1. インポートされたテキスト ファイルに含まれているワークシートを選択します。

  2. [データ] タブの [接続] で、更新する] の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします。

  3. テキスト ファイルのインポート] ダイアログ ボックスで、テキスト ファイルを選択し、[インポート] をクリックします。

更新をオフライン キューブ ファイル、サーバー キューブの最新のデータを使用してファイルを再作成することができます時間がかかり、多くの一時的なディスク領域を必要とします。プロセスを開始するずついない必要へのアクセス、その他のファイルを操作し、もう一度ファイルを保存する十分なディスク領域があることを確認します。

  1. オフライン キューブ ファイルに基づくピボット テーブル レポートをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、更新する] の横にある矢印をクリックし、[更新] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  1. ワークシートのマップされているセルをクリックして、更新する XML マップを選びます。

  2. [開発] タブを使用できない場合は、それを表示します。手順については、 [開発] タブを表示するを参照してください。

  3. [開発] タブの [XML] で [データの更新] をクリックします。

    リボンの XML グループ

ブックを開いたときに、外部データ範囲を自動的に更新できます。必要に応じて、ため、ブックのファイル サイズの削減、外部データを保存せずに、ブックを保存することができます。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[更新] の横にある矢印をクリックし、[接続プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. [コントロールの更新] で、[ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスをオンにします。

  5. クエリ定義は含めて、外部データは含めずにブックを保存するには、[ブックを保存する前に外部データ範囲からデータを削除する] チェック ボックスをオンにします。

注: データを更新するには、ピボット テーブル レポートのブックを開いたときに、ファイルを開くときにデータを更新する] チェック ボックスを選択することもできます。このチェック ボックスは、ピボット テーブル オプション] ダイアログ ボックスの [データ] タブで [ピボット テーブルのデータ] セクションはします。

詳細については、ピボット テーブル オプションを参照してください。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[更新] の横にある矢印をクリックし、[接続プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. [定期的に更新する] チェック ボックスをオンにして、更新操作の間隔 (分) を入力します。

保存されたパスワードが暗号化されていないおよびはお勧めしません。データ ソースに接続するには、 パスワードが必要な場合は、外部データ範囲を更新する前に、ユーザーがパスワードを入力するを要求することができます。次の手順は、テキスト ファイル (.txt) または (.iqy) Web クエリから取得したデータには適用されません。

重要: 強力なパスワードを大文字と小文字の英字、数字、および記号と特殊文字を使用します。パスワードには、以下の要素を共存させないです。パスワードには、8 文字以上の長さをする必要があります。14 以上の文字を使用するパス フレーズをお勧めします。パスワードを保存することが重要です。パスワードを忘れた場合は、Microsoft によって取得できません。から情報を保護するため、安全な場所で作成したパスワードを保存します。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[更新] の横にある矢印をクリックし、[接続プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [定義] タブをクリックします。

  4. [パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにします。

注: Excel が表示されたら、パスワードののみ初めて Excel の各セッション内で外部データ範囲を更新します。Excel を起動することを次回するように求められますパスワードをもう一度クエリを含むブックを開いた場合して更新操作を試みます。

バック グラウンドでクエリを実行すると、Excel を使用して、クエリの実行中にできます。

注: バック グラウンドで OLAP クエリを実行することはできません。

  1. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[更新] の横にある矢印をクリックし、[接続プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [使用] タブをクリックします。

  4. バックグラウンドでクエリを実行するには、[バックグラウンドで更新する] チェック ボックスをオンにします。待機中にクエリを実行するには、このチェック ボックスをオフにします。

注: クエリを含むマクロを記録しているときに Excel は、バック グラウンドでクエリを実行できません。記録したマクロを変更するには、バック グラウンドでクエリが実行されるようにするには、 Visual Basic エディターでマクロを編集します。ピボット テーブルオブジェクトからの更新方法を変更BackgroundQuery: = FalseBackgroundQuery: = Trueします。マクロの編集については、アプリケーションのヘルプの Visual Basic を参照してください。

次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

  • クエリの状態を確認します。   クエリが実行されていることを示すステータス バーに回転するアイコンが表示されます。クエリの状態を確認するバック グラウンド更新 更新インジケーター アイコンをダブルクリックします。

  • バック グラウンドの更新を停止します。   バック グラウンドで実行されているクエリを停止するには、外部データの更新状況] ダイアログ ボックスを表示するステータス バーの [バック グラウンドの更新 更新インジケーター ] アイコンをダブルクリックし、[更新の停止] をクリックします。

  • クエリを停止します。   バック グラウンドの更新を有効にするがオフのときに実行されているクエリを停止するには、esc キーを押します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×