挿入し、OneNote で単純な計算式を計算します。

単純な計算問題の解答を見つけるために計算機を使う必要はありません。ミーティング、会議、または授業の間に数式を書き留めておくと、OneNote で結果をすぐに計算できます。

  1. 計算したい数式を入力します。たとえば、「95+83+416」と入力して 95、83、416 の合計を計算したり、「SQRT(15)」と入力して 15 の平方根を計算したりできます。

  2. 数式のすぐ後に (スペースなしで) 等号 (=) を入力し、Space キーを押します。 解答が等号の後に表示されます。

    ヒント: 

    • 数式内にスペースは入れないでください。数値、演算子、関数を、単一の連続したテキスト文字列として入力します。

    • 関数コードは大文字と小文字が区別されません。 たとえば、SQRT(3)=、sqrt(3)=、または Sqrt(3)= の計算結果は同じです。

    • 解答の後に新しい行を作成するには、等号の後で (Space キーではなく) Enter キーを押します。

ノートに解答だけが必要な場合は、解答の計算後に、その前の数式を削除できます。解答はノート内に保持されます。

単純な計算の例

以下は、OneNote で計算できる数式の例です。

  • 製品の月ごとの平均売上げ。    たとえば、1 年の総収入が 215,000 ドルの場合は、「$215,000/12=」と入力し、Space キーを押します。

  • 月ごとの支払いの総コスト。    たとえば、「48*$129.99=」と入力して Space キーを押すと、月ごとに 129.99 ドルの支払いで 48 か月分を計算できます。

  • 30 度の角度のサインの値。    たとえば、「sin(30)=」と入力して Space キーを押します。

  • より完全な数式。    たとえば、「(6+7) / (4*sqrt(3))=」と入力して Space キーを押すと、(6+7) を (3 の平方根の 4 倍) で割った値を計算できます。

サポートされる算術演算子

数式内に以下の演算子を使うことができます。

演算子

意味

使用例

+ (正符号)

加算

3+3

- (負符号)

減算
負の数

3-1
-1

* (アスタリスク)

乗算

3*3

X (大文字または小文字)

乗算

3x3

/ (スラッシュ)

除算

3/3

% (パーセント記号)

パーセンテージ

20%

^ (キャレット)

累乗

3^2

! (感嘆符)

階乗

5!

サポートされる演算/三角関数

以下の表にある演算/三角関数を数式に使うことができます。

注: 関数を計算するには、[構文] 列に示すように、そのコード (平方根の場合の SQRT など) を入力し、そのすぐ後に数値、角度、または変数をかっこで囲んで入力します。

関数

説明

構文

ABS

数値の絶対値を返します。

ABS(数値)

ACOS

数値のアークコサインを返します。

ACOS(数値)

ASIN

数値のアークサインを返します。

ASIN(数値)

ATAN

数値のアークタンジェントを返します。

ATAN(数値)

COS

指定された角度のコサインを返します。

COS(数値)

DEG

角度 (ラジアン単位) を度数に変換します。

DEG(角度)

LN

数値の自然対数を返します。

LN(数値)

LOG

数値の自然対数を返します。

LOG(数値)

LOG2

2 を底とする数値の対数 (常用対数) を返します。

LOG2(数値)

LOG10

10 を底とする数値の対数 (常用対数) を返します。

LOG10(数値)

MOD

除算余り (小数部) を返します。

(数値)MOD(数値)

PI

π の値を定数として返します。

PI

PHI

Φ (黄金比) の値を返します。

PHI

PMT

一定の金利、一定の支払い回数、総額の現在の値に基づいて、ローン支払いを計算します。

PMT(利率;期間内支払回数;現在価値)

RAD

角度 (度数) をラジアンに変換します。

RAD(角度)

SIN

指定された角度のサインを返します。

SIN(角度)

SQRT

正の平方根を返します。

SQRT(数値)

TAN

指定された角度のタンジェントを返します。

TAN(数値)

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×