挿入および保存できるグラフィックス ファイルの種類

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office ドキュメントに挿入できるグラフィックス ファイルの種類

通常、使用しているバージョンの QuickTime で開くことができる種類のグラフィックス ファイルであれば、Office でも開くことができます。 また、次に示す種類のグラフィックス ファイルは Office ドキュメントに挿入できます。 挿入したグラフィックス ファイルは、Office ドキュメントに格納されます。

ファイルの種類

ファイル形式

BMP

Windows ビットマップ

EMF

Windows 拡張メタファイル

EMZ

圧縮 Windows 拡張メタファイル

EPS

カプセル化された PostScript

FPix、FPX

FlashPix

GIF

グラフィックス交換形式

JPEG、JFIF、JPEG-2000

Joint Photographic Experts Group

PDF

Portable Document Format

PICT、PCT

Macintosh ピクチャ

PNG

ポータブル ネットワーク グラフィックス

PNTG

Macintosh ペイント

PSD

Photoshop ドキュメント

QTIF

QuickTime Image Format

SGI

Silicon Graphics Incorporated

TGA、TPIC

Targa

TIFF、TIF

Tagged Image File Format

WMF

Windows メタファイル

WMZ

圧縮 Windows メタファイル

個別のグラフィックス ファイルへの保存に使用できるファイルの種類

Office ドキュメントに含まれるグラフィックスおよびオブジェクトは、さまざまな種類の個別のファイルとして保存できます。 作業によっては、特定の種類のグラフィックス ファイルが、他の種類よりも適している場合があります。 作業に適したグラフィックス ファイルの種類を決めるには、次の表を参照してください。

注: Office アプリケーションに含まれるグラフィックスを別のファイルとして保存する場合は、イメージの品質に影響する圧縮などの設定を制御できません。 元のグラフィックス ファイルがある場合は、専用のグラフィックス ソフトウェア アプリケーションを使用してファイルを保存すると、イメージの圧縮などの設定を制御できます。

Office アプリケーションで グラフィックスを保存する目的

使用するグラフィックス ファイルの種類

ブラウザーで使用する

JPEG, GIF, PNG

Macintosh と Windows の両方で使用する

GIF、JPEG、PNG、PDF

32,000 色または 1,670 万色を使用する

PEG、PNG、BMP

最大 256 色を使用する

GIF

他の Macintosh アプリケーションで使用する

GIF、JPEG、PDF

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×