拡大、縮小、または移動フォームのサイズを変更するにはコントロールを変更します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

既定では、Access フォーム上のコントロールはフォームの左上隅に固定されたを維持し、フォームのサイズを変更するときにサイズを変更しないでいます。この動作を変更するには、 Anchoring ] を使用することができます。たとえば、フォームが大きくなることの拡大し、右下にできるように、テキスト ボックスを構成できます。コントロール内の他の文字列を表示できます。

この記事の内容

コントロールを固定します。

レイアウトを使用する場合の注意事項

コントロールを固定します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、変更するフォームを右クリックし、[レイアウト ビュー] をクリックします。Access 2007 を使っている場合、変更するフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  2. フォームで、コントロールのアンカーの動作を適用する] をクリックします。

  3. [配置] タブの [位置] で、 Anchoring] をクリックします。デザイン ビューで [配置] タブの [Access 2007 を使っている場合は、[サイズ] では、 Anchoringをクリックします。

  4. 目的のオプションをクリックします。

    オプションの固定

    オプションの固定

    フォームのサイズを変更するときにコントロールの動作

    左上(既定)

    コントロールはフォームの左上隅に固定されているし、サイズは変更されません。

    下の拡大します。

    コントロールは、フォームの左上隅に固定されているし、下方向にスペースを入力します。

    左下

    コントロールはフォームの左下隅に固定されているし、サイズは変更されません。

    上に引き伸ばし

    コントロールは、フォームの左上隅に固定されているし、水平方向にスペースを入力します。

    上下左右に引き伸ばし

    コントロールはフォーム、および拡大下のとでは使用可能な領域を入力するのには、左上隅に固定されています。

    一番下にまたがって

    コントロールは、フォームの左下隅に固定されているし、水平方向にスペースを入力します。

    右上

    コントロールはフォームの右上隅に固定されているし、サイズは変更されません。

    下および右を拡大します。

    コントロールでは、フォームの右上隅に固定されているし、利用可能な領域に垂直方向に拡大します。

    右下

    コントロールはフォームの右下隅に固定されているし、サイズは変更されません。

    注: 

    • 場合は、右から左にフォームの [印刷の向き] プロパティを設定すると、「にわたってストレッチ」コマンドのアンカー既定では、左側の代わりに、フォームの右側にあるします。

    • コントロールの「拡大」オプションのいずれかを指定した場合、コントロールにコントロールの高さのプロパティで指定されているサイズよりも小さいなりません。

拡大、縮小、またはフォームのサイズを変更するとを移動するからコントロールを停止するには、既定値、左上にコントロールのアンカー オプションを設定します。

注: 

  • オブジェクト タブ付きドキュメントとしての代わりにウィンドウを重ねて表示として表示へのアクセスを構成した場合、[フォーム] ウィンドウのサイズを変更するときに (または、Access のウィンドウのサイズを変更するときに、フォームが最大化する場合)、アンカーの動作を選択するは表示されます。場合は、[ドキュメント] タブ (既定値) としてオブジェクトを表示するデータベースを設定すると、Access のウィンドウのサイズを変更する場合にのみ選択したアンカーの動作は表示されます。

    文書ウィンドウのオプションを設定するどうすればよいですか。

    1. [ファイル] タブで [ヘルプ] の [オプション] をクリックします。

    2. [カレント データベース] をクリックします。

    3. [アプリケーション オプション] で [ドキュメント] ウィンドウのオプション] で、重ねてまたはタブ付きドキュメントを選択します。

ヒント: デザイン ビューでフォームは、サイズを調整して、空のデザイン グリッドのスペースが次のコントロールの右側に最小の値があることを確認します。これにより、コントロールは固定および、下、または [フォーム] ウィンドウの右端に合わせるかどうかを確認します。また、最低限のサイズになるように一般的な状況で使用して伸縮各コントロールの高さと幅を設定します。

フォームのコントロールのサイズと余白を設定する

1. [説明] ボックスでは、上下左右に引き伸ばし] に設定されているし、最小使用可能なサイズに設定されています。

2. フォームのデザイン グリッドのダウン規模わずかの空白のままにできるようにします。

注: 移動または (特にフォーム ヘッダーまたはフッター内のアイテム)、フォーム上の他のコントロールのサイズを変更する必要があります前に、フォームのデザイン グリッドのサイズを変更することができます。

レイアウトを使用する場合の注意事項

レイアウトは、フォーム上の複数のコントロールを配置するテーブルのようなグリッドです。レイアウトは、すばやくを同時に、各コントロールを選択することがなくコントロールのグループを配置することができるため、データベースに役立ちます。[作成] タブの [フォーム] で、quick-create ツールのいずれかを使用してフォームを作成すると、既定でレイアウト内のフィールドが表示されます。

2 種類のレイアウトには: 積み上げおよび表形式。[単一アイテム フォーム ( 1 つのフォーム既定のビューのプロパティが設定されているもの)、既定で集合形式レイアウトを使用します。集合形式レイアウトでは、アンカーの機能は移動し、上下左右にコントロールを拡大します。

[複数アイテム フォーム (帳票フォーム既定のビューのプロパティが設定されているもの)、既定では、表形式レイアウトを使用します。表形式レイアウトでは、アンカー機能のみ移動し、コントロールを垂直方向に拡大します。またがって、いない下にコントロールがなど、上下左右に引き伸ばしオプションのみを固定します。

各レイアウトの 1 つのコントロールにアンカーを指定できます。レイアウト内の他のコントロールのアンカーは、に応じて次の表は、自動的に設定されます。

オプションの固定

同じコントロール レイアウト内の他のコントロールの自動設定

集合形式レイアウト

表形式レイアウト

左上(既定)

その他のすべてのコントロールは、左上に設定されます。

その他のすべてのコントロールは、左上に設定されます。

下の拡大します。

上のコントロールは、左上に設定されます。次のコントロールは、左下に設定されます。

その他のすべてのコントロールは、ストレッチ下に設定されます。

左下

その他のすべてのコントロールは、左下に設定されます。

その他のすべてのコントロールは、左下に設定されます。

上に引き伸ばし

その他のすべてのコントロールは、ストレッチの上部に設定されます。

コントロールを左には、左上に設定されます。コントロールを右には、右上に設定されます。

上下左右に引き伸ばし

上のコントロールは、ストレッチの上部に設定されます。次のコントロールは、ストレッチ間で下に設定されています。

コントロールを左には、ストレッチ下に設定されます。コントロールを右には、ストレッチ下および右に設定されます。

一番下にまたがって

その他のすべてのコントロールは、ストレッチ間で下に設定されています。

コントロールを左には、左下に設定されます。コントロールを右には、右下に設定されます。

右上

その他のすべてのコントロールは、右上に設定されます。

その他のすべてのコントロールは、右上に設定されます。

下および右を拡大します。

上のコントロールは、右上に設定されます。次のコントロールは、右下に設定されます。

その他のすべてのコントロールは、ストレッチ下および右に設定されます。

右下

その他のすべてのコントロールは、右下に設定されます。

その他のすべてのコントロールは、右下に設定されます。

注: によっては、フォームのデザインでは、アンカーの動作を達成するためにコントロール レイアウトからコントロールを削除する必要があります。レポートをデザイン ビューで開いているときに、コントロールのレイアウト] からコントロールを削除するには、コントロールのレイアウトから、削除するを選択し、[配置] タブの [テーブル] で、[レイアウトの削除] をクリックします。Access 2007 で、[配置] タブの [コントロールのレイアウト] を使っている場合は、[削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×