折れ線グラフを挿入する

概要

折れ線グラフを挿入する 折れ線グラフを使うと、データを比較したり、変化を表示できます。 プレゼンテーションで折れ線グラフが必要なとき、データが比較的シンプルで頻繁な更新が必要なければ、PowerPoint を使って作成します。 データが複雑だったり、頻繁に更新する予定がある場合は、Excel でグラフを作成して、PowerPoint にコピーします。 これらの方法についてこのコースで詳しくご説明します。

このコースの内容:

折れ線グラフを挿入する (3:16)
プレゼンテーションに折れ線グラフをすばやく追加し、理想のグラフになるようにデータを配置する方法をご紹介します。 また、グラフ要素をカスタマイズしてグラフ スタイルや色を適用するほか、リンクされた Excel グラフを挿入する方法も学びます。

折れ線グラフをカスタマイズする (4:24)
折れ線グラフにデータを追加したので、 好みの設定やスタイルを追加してグラフをカスタマイズしましょう。

リンクされた Excel の折れ線グラフを挿入する (2:37)
PowerPoint に折れ線グラフを追加する場合、Excel でグラフを作成してコピーする方法がありますが、この方法では必要に応じて元のグラフとのリンクを維持できます。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングには他にもコースが用意されています。

ご意見

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×