手順 3: Project Online で店舗をセットアップする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

設定を行う

手順 1: Project Online にサインアップする
手順 2: Project Online にユーザーを追加する
手順 3: Project Online で店舗をセットアップする

この時点で、早く使用したい場合は、すぐに新しいプロジェクトを開始することができます。   そのために必要なものはすべて用意されていますが、組織にとって Project Online がより役立つように、ここで設定できることがあります。

タイム ゾーンの設定

メンテナンス

異なるタイム ゾーンのユーザーがいますか?   Project Online には、UTC (協定世界時) 形式の日付と時刻が格納されており、ページを表示すると、時刻は自分の Project Web App サイトのローカル タイム ゾーンに変換されます。Project Web App サイトのタイム ゾーン以外のタイム ゾーンにユーザーがいる場合、Project Online に日付と時刻が適切に表示されるようにするため、ユーザーに所在地に一致するように個人用タイム ゾーン設定を変更させる必要があります。

タイムシートの設定

時間レポート期間

チームのメンバーからタイムシートを提出して欲しい場合   、チームのメンバーがタイムシートの記入ができるようになる前に、いくつか設定する必要があります。

基本

タイムシートの設定
会計年度を設定する
タイムシートの行のカテゴリを設定する
休暇や病欠時間を設定します。

詳細

時間とタスクの進捗状況の記録方法を設定する
組織に合わせてタイムシートとタスクの進行状況をカスタマイズする
時間とタスクの進行状況を設定する

ユーザーとリソースを管理する効率的な方法の設定

ユーザー

誰が Project Online で何をしているのかを管理するためにグループを使う場合   、Project Online を設定して、SharePoint Online で既に設定している Active Directory グループと同じグループを使用できます。この設定をすると、組織のさまざまなツールで誰が何をしているかを追跡しやすくなります。

この設定をする場合:

  1. SharePoint の権限モードに設定していることを確認する

  2. Project Online で SharePoint グループを計画する

  3. リソース センターを設定して、Active Directory グループを使用する

その他

メンテナンス

業務を遂行する方法に合わせて、Project Online を位置づける方法がたくさんあります。   より深く掘り下げる準備ができた場合に調べることができる、その他の方法の一部を紹介します。一部のリソースは Project Server を前提に記載されていますが、手順は比較的似ています。

この内容は複雑です。   複雑な内容に取り組む準備ができていない場合は、このセクションを無視して、新しいプロジェクトの開始に進んでください。Project Online を使えるようにするために、上級レベルの設定を知る必要はありません (安心していただいても大丈夫です)。

複雑な内容に対応できる場合、ここから開始してください。   

とまどったり、混乱したりする場合TechNet に関するディスカッション フォーラムを疑問点を解決する場として活用できます。

設定から進む準備が整った場合

プロジェクトを開始する

次は、「Project Online のプロジェクトを開始する」に進んでください。   

お困りの場合は、TechNet の Project に関するディスカッション フォーラムを試してください。

必要な情報が見つからない場合は、フォーラムにアクセスしてください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×