手順 3 - プログラミングの基礎を学ぶ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここまでに、マクロを記録する方法を学び、VBA のプロシージャがどのように作成されているかについて詳しく見てきました。 次の手順は、VBA プログラミングに関する土台を確実に築くために、プログラミングに関するいくつかの基礎を学ぶことです。

VBA の基本概念: オブジェクト、メソッド、プロパティ

最初に習得するのは、VBA のコードは、身の回りにある物事を説明しようとする場合に似た方法で組み立てられているという事実です。 次の 4 つの概念で形成されています。

概念

説明

使用例

オブジェクト

"物"

ワークシート

方法

操作、または "物" が実行できる動作

"物" を追加する

プロパティ

"物" に関する説明、または特徴

名前

コレクション

一連の "物"

ワークシート

これら 4 つの概念を組み合わせると、プログラマーがオブジェクト指向プログラミング モデルと呼ぶ全体像を形成できます。 この方法で、操作しようとする "物" つまり "オブジェクト/コレクション" について説明し、操作しようとする特定の特徴つまり "プロパティ" について説明し、操作を実行するために使う方法つまり "メソッド" について説明することで、作業を実行できるようになります。

手順 2 で使ったコードを観察してみましょう。

Sub DeleteRow()
'
' DeleteRow Macro
'
'
Selection.Rows.Delete
 
End Sub

Selection.Rows.Delete という行では、Selection は、コードの中で参照しているオブジェクト、つまり "物"です。 この "物" について詳しく説明するために、操作の対象として Rows プロパティ、つまり行という表現を使っています。 次に、Delete 構文を使って、この行を削除する、という操作方法を適用しました。

最初のうちは、これらの概念は少々当惑を招く可能性がありますが、どのような作業を実行しようとしているのか、どの "物" に対して働きかけようとしているのか、その "物"の特徴がどのようなものか、また "物"に対してどのような操作を実行しようとしているのか表現することを心がけてください。 少しの練習と忍耐があれば、ある程度の VBA マクロを作成できるようになります。

オブジェクト、メソッド、プロパティについての詳細情報

コレクションについての詳細

基本的なフロー制御ステートメント

役立つ VBA マクロを構築できるようになるために、次の 2 つの概念についても学びましょう。

If This, Then That (This である場合は That を実行): If… Then ステートメント (文) は、何かの条件に基づいて、実行しようとする操作の種類を制御するためのプログラミング ツールです。 たとえば、見出し 1 のテキスト全体を Helvetica の 16 ポイントで太字、見出し 2 のテキスト全体を Helvetica の 12 ポイントで斜体という書式に設定したいとしましょう。 If… Then ステートメントは、テキストが見出し 1 または見出し 2 のスタイルであるかどうかを確認し、それらに該当する場合は適切な書式を適用するためのツールです。

について場合は、次のことの概念

For Each ループ: これは、コレクションつまり一連の "物" を順次処理して、操作を実行しようとする場合に役立ちます。 この操作に対して、If This, Then That の概念を適用することもできるため、その場合はさらに詳しく制御できます。 たとえば、1 つの表があり、その表の中にあるすべての行を順に参照して特定の単語であるかどうかを確認し、黄という単語が見つかった場合はそのセルを黄色に、赤という単語が見つかった場合はそのセルを赤にしたいとしましょう。 この場合は、For Each ループと If… Then ステートメントを組み合わせて使い、このプロシージャを構築することができます。

VBA に関するさらに詳しい情報

ここまでで基礎について学びました。Office の各アプリで使える VBA のさらに詳しい情報を学ぶためのいくつかの付加的なリンクを紹介します。

Office for Mac の VBA でサポートされていない機能

ここでは、Office for Mac の VBA でサポートされていないいくつかの機能を示します。

  • ActiveX は Mac ではサポートされていません。

  • Outlook for Mac では VBA をサポートしていません。

手順 1 - マクロ記録機能を使った作業開始

手順 2 - コードを読んで理解する

手順 3 - プログラミングの基礎を学習する

手順 4 - 作成したマクロを他のユーザーと共有する

手順 5 - 実際の例

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×