情報を保存する Outlook データ ファイル (.pst) を作成する

最終更新日: 2017 年 6 月 5 日

  1. 受信トレイから、[新しいアイテム]、[その他のアイテム]、[Outlook データ ファイル] の順に選択します。

  2. ファイル名を入力します。

  3. パスワードを追加するには、[パスワードの追加 (オプション)] ボックスを選択します。

  4. [OK] を選択します。[パスワード] と [パスワードの確認] の両方のテキスト ボックスにパスワードを入力し、[OK] をもう一度クリックします。

    パスワードを設定した場合は、データ ファイルを開くたびにパスワードを入力する必要があります。たとえば、Outlook を起動したとき、または Outlook でデータ ファイルを開いたときなどです。

新しい Outlook データ ファイルを作成する

Outlook データ ファイル (.pst および .ost) について

Outlook を初めて起動したときに、必要なデータ ファイルが自動的に作成されます。

場合によっては、追加のデータ ファイルが必要になります。たとえば、通常は使用しない古いメッセージやアイテムを、Outlook データ ファイル (.pst) にアーカイブできます。または、オンライン メールボックスが記憶域のクォータに近づいた場合に、いくつかのアイテムを Outlook データ ファイル (.pst) に移動できます。

Outlook データ ファイル (.pst) は、作業中のコンピューターの "ドキュメント\Outlook ファイル" フォルダーに保存されます。

Outlook データ ファイル (.pst) は、POP3 電子メール アカウントで使用されます。また、Outlook のいずれかのアカウントからアーカイブ ファイルやバックアップ ファイルを作成する場合、Outlook データ ファイル (.pst) を使用します。

アカウントによっては、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を使用します。これは、サーバーに保存されているメッセージの同期コピーであり、複数のデバイスや Outlook などのアプリケーションからアクセスできます。IMAP、Microsoft Exchange Server、Outlook.com などのアカウントが該当します。

オフライン Outlook データ ファイルは、ドライブ名:\Users\ユーザー\AppData\Local\Microsoft\Outlook フォルダーに保存されます。オフライン Outlook データ ファイル (.ost) は、サーバー上の情報のコピーなので、バックアップを作成する必要はありません。アカウントを再設定するか、または別のコンピューターまたはデバイス上でアカウントを設定すると、メッセージの同期コピーがサーバーからダウンロードされます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×