情報を保存する Outlook データ ファイル (.pst) を作成する

情報を保存する Outlook データ ファイル (.pst) を作成する

  1. 受信トレイから、[新しいアイテム]、[その他のアイテム]、[Outlook データ ファイル] の順に選択します。

  2. [ファイル名] を入力します。

  3. パスワードを追加するには、[パスワードの追加 (オプション)] ボックスをオンにします。

  4. [OK] を選択します。[パスワード] テキスト ボックスと [パスワードの確認] テキスト ボックスの両方にパスワードを入力し、[OK] をもう一度選択します。

    パスワードを設定した場合は、データ ファイルを開くたびにパスワードを入力する必要があります。たとえば、Outlook を起動したとき、または Outlook でデータ ファイルを開いたときなどです。

新しい Outlook データ ファイルを作成する

Outlook データ ファイル (.pst および .ost) について

Outlook を初めて起動したときに、必要なデータ ファイルが自動的に作成されます。

場合によっては、追加のデータ ファイルが必要になります。たとえば、通常は使用しない古いメッセージやアイテムを、Outlook データ ファイル (.pst) にアーカイブできます。または、オンライン メールボックスが記憶域のクォータに近づいた場合に、いくつかのアイテムを Outlook データ ファイル (.pst) に移動できます。

Outlook データ ファイル (.pst) は、作業中のコンピューターの "ドキュメント\Outlook ファイル" フォルダーに保存されます。

Outlook データ ファイル (.pst) は、POP3 電子メール アカウントで使用されます。また、Outlook のいずれかのアカウントからアーカイブ ファイルやバックアップ ファイルを作成する場合、Outlook データ ファイル (.pst) を使用します。

アカウントによっては、オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を使用します。これは、サーバーに保存されているメッセージの同期コピーであり、複数のデバイスや Outlook などのアプリケーションからアクセスできます。IMAP、Microsoft Exchange Server、Outlook.com などのアカウントが該当します。

オフライン Outlook データ ファイルは、ドライブ名:\Users\ユーザー\AppData\Local\Microsoft\Outlook フォルダーに保存されます。オフライン Outlook データ ファイル (.ost) は、サーバー上の情報のコピーなので、バックアップを作成する必要はありません。アカウントを再設定するか、または別のコンピューターまたはデバイス上でアカウントを設定すると、メッセージの同期コピーがサーバーからダウンロードされます。

Outlook データ ファイルについて

コンピューターにアイテムを保存するとき、Outlook では Outlook Personal Folders ファイル (.pst) というデータ ファイルが使用されます。Microsoft Exchange アカウントをご利用の場合、アイテムは通常、電子メール サーバーに配信され、保存されます。電子メール サーバーに接続できないときでもメッセージを利用するために、Outlook はオフライン フォルダーを用意しています。これはコンピューターの Offline Folder ファイル (.ost) に保存されます。

2 種類の Outlook データ ファイルの主な違い:

  • Outlook の .ost ファイルは、Exchange アカウントをご利用のユーザーがオフラインでの作業を選択した場合にのみ、あるいは Cached Exchange Mode をご利用の場合にのみ使用されます。

  • Outlook の .pst ファイルは POP3、IMAP、HTTP のアカウントで使用されます。コンピューター上で Outlook のフォルダーやアイテム (Exchange アカウントなど) のアーカイブやバックアップを作成するとき、.pst ファイルを追加で作成して使用する必要があります。

Outlook を初めて実行するときに、必要なデータ ファイルが自動的に作成されます。ただし、追加のデータ ファイルを作成する場合があります。たとえば、アーカイブしたアイテムを別の .pst ファイルに保存したり、プロジェクト別に独自の .pst ファイルに保存したりする場合です。

Outlook 2003/Office Outlook 2007 形式で .pst ファイルを作成する

既定では、Outlook では、大きなファイルと Unicode 文字セットに対応する、最新のファイル形式で .pst ファイルが作成されます。このファイル形式は Microsoft Outlook 97、98、2000、2002 では閲覧できません。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[Outlook データ ファイル] をクリックします。

  2. [Office Outlook 個人用フォルダ ファイル (.pst)] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. [Outlook データ ファイルを開くまたは作成する] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスに、作成するファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

  4. [Microsoft 個人用フォルダーの作成] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、.pst フォルダーの表示名を入力します。

    注: 表示名を指定すると、複数の .pst ファイルを操作する場合に、それらの Outlook データ ファイルを区別するのに役立ちます。わかりやすい名前を入力することをお勧めします。

  5. データ ファイルをパスワードで保護する場合は、[パスワード] の下の [パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力します。

    注: セキュリティの強化のために、入力時にはアスタリスクしか表示されません。

    [Microsoft 個人用フォルダーの作成] ダイアログ ボックス

    1. わかりやすい名前を入力します。

    2. 必要に応じて、このデータ ファイルのパスワードを入力します。

    3. データ ファイルを開くたびに毎回パスワードを入力するようにしない場合は、[パスワードをパスワード一覧に保存] チェック ボックスをオンにします。

    パスワード情報

    パスワードの文字数は 15 文字までです。

    パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強力とは言えません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードと言えます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

    パスワードは忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、マイクロソフトでパスワードを回復することはできません。紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

    [パスワードをパスワード一覧に保存] チェック ボックスをオンにした場合は、他のコンピューターでこの .pst を開く場合に備えて、パスワードを書き留めておいてください。このチェック ボックスは、使用する Microsoft Windows ユーザー アカウントがパスワード保護されていて、自分のコンピューター アカウントに他のユーザーがアクセスできない場合に限り選択してください。

    重要: マイクロソフト、インターネット サービス プロバイダ (ISP)、電子メール管理者のいずれも、このパスワードにはアクセスできないので、パスワードを忘れた場合、その .pst ファイルの内容の修復を支援することはできません。

データ ファイルに関連付けられているフォルダー名が [フォルダー一覧] に表示されます。[フォルダー一覧] を表示するには、[移動] メニューの [フォルダー一覧] をクリックします。既定では、このフォルダーには [個人用フォルダー] という名前が付けられています。

Outlook 97-2002 形式で .pst ファイルを作成する

Outlook 97、98、2000、または 2002 と互換性を持つデータ ファイルを作成するには、Outlook 97-2002 個人用フォルダ ファイル (.pst) を作成します。この .pst ファイルのファイル形式は、Outlook 97、98、2000、2002 で使用可能な形式と同じです。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[Outlook データ ファイル] をクリックします。

  2. [Outlook 97-2002 個人用フォルダー ファイル (.pst)] をクリックし、[OK] をクリックします。

  3. [ファイル名] ボックスにファイルの名前を入力し、[OK] をクリックします。

  4. [名前] ボックスに、.pst フォルダの表示名を入力します。

  5. データ ファイルをパスワードで保護する場合は、[パスワード] の下の [パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスにパスワードを入力します。

    注: セキュリティの強化のために、入力時にはアスタリスクしか表示されません。

    パスワード情報

    パスワードの文字数は 15 文字までです。

    パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強力とは言えません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードと言えます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。

    パスワードは忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、マイクロソフトでパスワードを回復することはできません。紙に記録したパスワードを、保護する必要がある情報から離れた安全な場所に保管してください。

    [パスワードをパスワード一覧に保存] チェック ボックスをオンにした場合は、他のコンピュータでこの .pst ファイルを開く場合に備えて、パスワードを書き留めておいてください。このチェック ボックスは、使用する Microsoft Windows ユーザー アカウントがパスワード保護されていて、自分のコンピュータ アカウントに他のユーザーがアクセスできない場合に限りオンにしてください。

    重要: マイクロソフト、インターネット サービス プロバイダ (ISP)、電子メール管理者のいずれも、このパスワードにはアクセスできないので、パスワードを忘れた場合、その .pst ファイルの内容の修復を支援することはできません。

データ ファイルに関連付けられているフォルダー名が [フォルダー一覧] に表示されます。[フォルダー一覧] を表示するには、[移動] メニューの [フォルダー一覧] をクリックします。既定では、このフォルダーには [個人用フォルダー] という名前が付けられています。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×