悪意のあるマクロが検出されます。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

コンピューター上のウイルス対策ソフトウェアに通知する場合、Office アプリケーションを Visual Basic for Applications (VBA) 文書内のマクロは、ウイルス対策ソフトウェアを決定する悪意のある操作を実行した、このダイアログ ボックスが表示されます。

Office と AMSI の統合

ウイルス対策スキャン インターフェイス (AMSI) 機能は、Windows 以降では、Windows 10 で利用可能です。この機能は、AMSI インターフェイスをサポートするように、コンピューターで実行されているウイルス対策サービス アプリケーションの実行中のスクリプトの動作についての情報を渡すに、システムで実行されているアプリケーションを使用します。ウイルス対策ソフトウェアでは、Office のマクロ コードを実行する前にある有害なアクションのパターンが表示された場合に Office を通知します。

悪意のある操作をマクロが実行されているウイルス対策ソフトウェアが示されている場合、Office は、ユーザーにこのダイアログ ボックスを表示し、悪意のあるユーザーの安全を保つため命令を実行することがなく Office プロセスを終了します。

このダイアログ ボックスを表示する場合.

  1. 開いている文書が、ウイルス対策ソフトウェアが悪意のあると判断した場合の動作のパターンに一致したコードを実行しようとしていることがあります。

  2. ドキュメントが表示されている不適切な悪意のある名前を付けてを Office では、信頼できる場所機能の一部である場所にドキュメントを移動するか、文書内で VBA マクロをデジタル署名があると思われる場合は、コードに署名します。

  3. ドキュメントがまだが検出される悪意のある名前を付けてステップ 2 でいずれかの操作を実行した後、マルウェア ランタイムのスキャン機能セットを信頼に関係なく、すべてのドキュメントを検証するための設定があります。機能のさまざまな設定については、下にある参照してください。

スキャン機能をマルウェアの実行時の設定

既定では、Office で有効にマルウェア ランタイム スキャン VBA マクロをドキュメントで実行されています。

例外が次のいずれかを使って完全信頼になっているドキュメントです。

Windows レジストリの次の値を設定すると、この動作を管理することができます。

(に注意してください: アプリケーションおよび自体には、Windows の動作に影響を与えることができ、つながるアプリケーションまたは不要になった機能しているオペレーティング システムを正しく Windows レジストリを変更します Windows レジストリに変更する前に、ことを確認する。システムをバックアップまたは復元ポイントを確立します。

キー: [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Security]

値の名前:"REG_DWORD:MacroRuntimeScanScope"

動作

0

すべてのドキュメントのスキャン ランタイム マクロを無効にします。

1

「すべてのマクロを有効にする」 (安全でない)に設定されて、VBA マクロ セキュリティが信頼できる場合、信頼できる場所から読み込ま、信頼できる発行元によって署名されたコードを除くすべてドキュメントのスキャン ランタイム マクロ有効にする、またはします。

2

すべてのドキュメントのスキャン ランタイム マクロを有効にします。

グループ ポリシーを使用してもこれらの設定を管理できます。この動作を設定するグループ ポリシーを使用しているエンタープライズ環境の場合は、この設定を変更するのには、管理者に連絡する必要があります。

関連項目

ウイルスから保護するためのベスト プラクティス

Office 365 での脅威から保護します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×