循環参照を修正または使用する

循環参照を修正または使用する

Excel で数式を使用しているときに、"循環参照に関する警告" が表示される場合があります。

この問題は簡単に解決できます。また、この "循環参照" を数式内で使用することもできます。

この記事は、次の内容から構成されます。

  1. "循環参照に関する警告" が表示される理由

  2. 循環参照を見つけて修正する

  3. 循環参照を許可および使用する

"循環参照に関する警告" が表示される理由

"循環参照に関する警告" は、次に示すようにダイアログ ボックスとして表示されます。

.

このダイアログ ボックスは、ワークシート内のどこかに循環参照を含むセルがあることを示します。

循環参照とは、その数式が入力されているセル自体を参照する数式のことです。

たとえば、次の数式には、その数式が含まれているセルである "A1" が含まれています。

.

これを "循環参照" と呼びます。

循環参照が実行された場合、次のように同じセルが繰り返し参照され、数式は無限に計算されます。

A1 = A1+1 = (A1+1)+1 = {(A1+1)+1}+1 • • • • • •

この無限の繰り返しはコンピューターにとって危険なため、Excel によってこのプロセスが中止され、"循環参照に関する警告" が表示されます。

ページの先頭へ

循環参照を見つけて修正する

ここでは、"循環参照に関する警告" が表示された場合に循環参照を見つけて修正する方法について説明します。

この例では、作成した出張の予算テーブルの循環参照を見つけて修正します。

  1. [キャンセル] をクリックします。

    .

    "循環参照に関する警告" の表示が消えます。

  2. [数式] タブの [ワークシート分析] の [エラー チェック] をクリックします。

    .

    [エラー チェック] サブメニューが表示されます。

  3. [循環参照] をポイントし、サブメニューに表示されたセルをクリックします。

    .

    循環参照を含むセルが選択されます。

  4. そのセル自体を参照しないように、選択したセルの数式を修正します。

    この例では、セル "G9" に "=SUM(G4:G9)" という数式が挿入されていました。

    "循環参照に関する警告" が表示された理由は、数式の値 "G9" がそのセル自体を参照することを指定していたためです。

    この循環参照の問題は、値 "G9" を "G8" に修正するだけで解決します。

    .

    循環参照の問題が解決し、数式の結果が正常に表示されます。

    .

  5. [循環参照] サブメニューにセル名が表示されなくなるまで、手順 2. ~ 4. を繰り返します。

    .

ページの先頭へ

循環参照を許可および使用する

Excel では、循環参照は既定で使用できないように構成されています。

ただし、計算を反復する回数を指定することで、循環参照を許可および使用できます。

  1. . (Office ボタン) をクリックします。

    .

  2. [Excel のオプション] をクリックします。

    .

    [Excel のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [数式] をクリックします。

    .

    [数式] メニューが表示されます。

  4. [計算方法の設定] セクションで、[反復計算を行う] チェック ボックスをオンにします。

    .

  5. [最大反復回数] ボックスに反復回数を入力して、数式を再計算する最大回数を設定します。

    .

    [最大反復回数] に入力できる最大値は "100" です。

  6. [OK] をクリックします。

    [最大反復回数] に、再計算する回数を入力します。

    循環参照が許可されます。

ヒント: 循環参照の使用例

Doctor

  1. [最大反復回数] を "1" に設定します。

    .

  2. セル A2 に数式 "=A2+1" を挿入します。

    .

  3. [計算方法] の Calculate Now (再計算実行) をクリックするたびにブック内の数式が再計算され、セル A2 の値が 1 ずつ増加します。

    .

    たとえば、A2 を参照する数式を作成した場合、数式の結果は、 Calculate Now (再計算実行) をクリックするたびに、セル A2 の値の増加に合わせて変化します。

    .

    Arrow Calculate Now (再計算実行) をクリックします。

    .

    セル "A2" の数式が再計算され、その値が "2" に変化します。

    次に、セル "A2" を参照しているセル "A5" の数式が 1 回再計算され、その値が変化します。

    Calculate Now (再計算実行) をクリックするたびに、セル "A2" とセル "A5" の値が同期して変化します。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×