従量制課金接続を避ける

既定では、Lync Windows ストア アプリはネットワーク接続を検出すると自動的にサインインして、Lync サーバーまたはサービスおよび Exchange サーバーを一定の間隔で最新に保ちます。ただし、それによってネットワーク トラフィックやデータ使用量が増えることになり、ローカル ネットワーク以外の場所で接続している場合に費用がかかることがあります。

ローミング時に費用を抑えるには、従量制課金接続を避けるオプションをオンにして、Lync がそれらを検出したときに自動的にサインインしないようにします。従量制課金接続は 3G または 4G ネットワーク接続であり、データ使用率は次のいずれかになります。

  • 80% 以上

  • 80% 以下で、データの使用によりローミング料金が課される

従量制課金接続を避けるには、次の操作を行います。

  1. Lync Windows ストア アプリで次のいずれかの操作を行います。

    • 画面の右端からスワイプインして、[設定] をタップします。

    • マウスをお使いの場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下方へ移動して、[設定] をクリックします。

  2. [オプション] を選び、[追加の料金が発生する可能性のある従量制課金接続を避ける] の下で [オン] を選びます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×