従来のページで、ビジネス データ Web パーツを使う

従来のページで、ビジネス データ Web パーツを使う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ビジネス データ Web パーツは、外部リスト データを操作できるように設計されています。また、これらの Web パーツを便利な方法で結合することができます。たとえば、リスト Web パーツとアイテム Web パーツを接続して、経費報告書のアイテム (木曜日の費用など) をリスト Web パーツで選んだときに、アイテム Web パーツにアイテムの明細 (ホテル、旅費、食事代など) を表示させることができます。

詳細については、 SharePoint Designer で関連付けの作成ビジネス データ Web パーツ (デモ)、および外部データに関するコンテンツを検索するを参照してください。

この記事の内容

ビジネス データ Web パーツの概要

始める前に

ビジネス データ リスト Web パーツのカスタム プロパティ

ビジネス データ リストのプロパティ

データ ビューのプロパティ

ビジネス データ アイテム Web パーツのカスタム プロパティ

ビジネス データ アイテムのプロパティ

データ ビューのプロパティ

ビジネス データ アクション Web パーツのカスタム プロパティ

ビジネス データ アクションのプロパティ

ビジネス データ接続フィルター Web パーツのカスタム プロパティ

フィルターのプロパティ

高度なフィルター オプションのプロパティ

ビジネス データ関連リスト Web パーツのカスタム プロパティ

ビジネス データ関連リストのプロパティ

データ ビューのプロパティ

ビジネス データ アイテム ビルダー Web パーツ

ビジネス データ Web パーツの共通プロパティ

外観

レイアウト

高度な

Ajax オプション

その他

ビジネス データ Web パーツの概要

次の表には、それぞれのビジネス データ Web パーツが簡単に要約されています。

Web パーツ

説明

ビジネス データ リスト

外部リストのアイテムの一覧が表示されます。

ビジネス データ アイテム

外部リストのアイテムが表示されます。

ビジネス データ アクション

外部リストのアクションが表示されます。

Business Data Connectivity フィルター

外部リストの値のリストを使用して、接続されたビジネス データ Web パーツのコンテンツをフィルター処理します。

ビジネス データ アイテム ビルダー

URL クエリ文字列のパラメーターからビジネス データ アイテムを作成し、他のビジネス データ Web パーツに提供します。

ビジネス データ関連リスト

外部リストから、親アイテムに関連する子アイテムの一覧が表示されます。関連付けは必須です。

ページの先頭へ

始める前に

外部データを使うには、データに安全にアクセスできるよう、いくつかの必須タスクを実行する必要があります。後続の手順を計画するには、次に示す情報が役に立ちます。また、外部データを使うときに問題が発生した場合にも、この情報で問題を特定できます。外部データにアクセスするには、ユーザーまたは管理者は次の手順を行う必要があります。

外部データ ソースを準備する    適切なユーザーがデータにアクセスでき、データが不適切なユーザーの手に渡らないようにするために、管理者はアカウントを作成してデータ ソースへの権限を設定することが必要になる場合があります。外部データベースでは、管理者は必要最低限のものしか結果に表示しないテーブル、ビュー、クエリなどを作成して、パフォーマンスを向上させることができます。

SharePoint を構成するサービス    管理者は、Business Connectivity Services (BCS) および Secure Store Service にアクティブにする必要があります。

Secure Store Service を構成する    管理者は、外部データ ソースに最適なアクセス モードの決定、ターゲット アプリケーションの作成、ターゲット アプリケーションに対する資格情報の設定を行う必要があります。

Business Connectivity Service を構成する    管理者は、外部コンテンツ タイプを作成したユーザーに Business Data Connectivity (BDC) メタデータ ストアへのアクセス許可を与えると共に、外部リストのベースとなる外部コンテンツ タイプへのアクセス許可を適切なユーザーに与える必要があります。

外部リストを作成する    ユーザーは、外部コンテンツ タイプを基礎にした外部リストに加え、必要に応じて外部リストの 1 つ以上のビューを作成する必要があります。

ビジネス データ リスト Web パーツのカスタム プロパティ

ビジネス データ リストのプロパティ

プロパティ

説明

種類

表示する外部コンテンツ タイプを入力します。ボックスの横にあるボタンを使用して、外部コンテンツ タイプが存在するかどうかを確認し、特定の外部コンテンツ タイプを選びます。

ビュー

表示するビューを選びます。

注:  外部コンテンツ タイプを選んだ後、すべてのビューを表示するのに数秒かかる場合があります。

ツール バーを表示する

このチェック ボックスをオンにするとツール バーが表示され、オフにすると表示されなくなります。

読み込み中にアニメーションを表示する

このチェック ボックスをオンにすると読み込み中にアニメーションが表示され、オフにすると表示されなくなります。

データ ビューの​​プロパティ

プロパティ

説明

XSL エディター

XSLT ソース コードをプレーン テキスト エディターに入力するときに使用します。このエディターを使用するには、XSLT 構文の知識が必要です。たとえば、[数値] 列と [通貨] 列の書式を変更するときにこのプロパティを使用します。

ページの先頭へ

ビジネス データ アイテム Web パーツのカスタム プロパティ

ビジネス データ アイテムのプロパティ

プロパティ

説明

種類

表示する外部コンテンツ タイプを入力します。ボックスの横にあるボタンを使用して、外部コンテンツ タイプが存在するかどうかを確認し、特定の外部コンテンツ タイプを選びます。

ビュー

表示するビューを選びます。

注:  外部コンテンツ タイプを選んだ後、すべてのビューを表示するのに数秒かかる場合があります。

アイテム

表示するアイテムを入力します。ボックスの横にあるボタンを使用して、アイテムが存在するかどうかを確認し、特定のアイテムを選びます。 または、アイテムの値を自動的に入力する Web パーツ接続を使用できます。

読み込み中にアニメーションを表示する

このチェック ボックスをオンにすると読み込み中にアニメーションが表示され、オフにすると表示されなくなります。

フィールド

表示するフィールドと、アイテム リスト内の位置を選びます。

アクション

表示するアクションを選びます。アクションは事前に定義されています。

新しいアクションを既定で表示する

このチェック ボックスをオンにすると既定で新しいアクションが表示され、オフにすると表示されなくなります。

データ ビューの​​プロパティ

プロパティ

説明

XSL エディター

XSLT ソース コードをプレーン テキスト エディターに入力するときに使用します。このエディターを使用するには、XSLT 構文の知識が必要です。たとえば、[数値] 列と [通貨] 列の書式を変更するときにこのプロパティを使用します。

ページの先頭へ

ビジネス データ アクション Web パーツのカスタム プロパティ

ビジネス データ アクションのプロパティ

プロパティ

説明

種類

使用する外部コンテンツ タイプを入力します。ボックスの横にあるボタンを使用して、外部コンテンツ タイプが存在するかどうかを確認し、特定の外部コンテンツ タイプを選びます。

アイテム

表示するアイテムを入力します。ボックスの横にあるボタンを使用して、アイテムが存在するかどうかを確認し、特定のアイテムを選びます。または、アイテムの値を自動的に入力する Web パーツ接続を使用できます。

アクション

表示するアクションを選びます。アクションは事前に定義されています。

新しいアクションを既定で表示する

このチェック ボックスをオンにすると既定で新しいアクションが表示され、オフにすると表示されなくなります。

スタイル

次のいずれかの表示スタイルを選びます。

  • 箇条書き

  • リスト ビュー

  • ツール バー

ページの先頭へ

Business Data Connectivity フィルター Web パーツのカスタム プロパティ

フィルターのプロパティ

プロパティ

説明

フィルター名

フィルターの一意でわかりやすい名前を入力します。

外部コンテンツ タイプ

フィルター値に使用する外部コンテンツ タイプを入力します。ボックスの横にあるボタンを使用して、外部コンテンツ タイプが存在するかどうかを確認し、特定の外部コンテンツ タイプを選びます。

ビュー

ビューを選びます。

注:  外部コンテンツ タイプを選んだ後、すべてのビューを表示するのに数秒かかる場合があります。

値列

フィルター値として使用する列を選びます。

説明列

代わりに使用する列を選び、もっとわかりやすい値をユーザーの画面に表示します。

リストの表示形式

フィルターを表示する方法を利用できるオプションの 1 つから選びます。

高度なフィルター オプションのプロパティ

プロパティ

説明

太さ

Web パーツの幅を制御するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 具体的な幅をピクセル単位で入力します。

  • このボックスを空のままにするか、「0」と入力すると、幅が自動サイズ設定されます。

ユーザーに値を選ぶように求める

このチェック ボックスをオンにすると値を選ぶよう要求され、オフにすると値を空のままにできるようになります。

既定値

アイテムの値を入力します。ボックスの横にあるボタンを使用して、アイテムが存在するかどうかを確認し、特定のアイテムを選びます。

ページの先頭へ

ビジネス データ関連リスト Web パーツのカスタム プロパティ

ビジネス データ関連リストのプロパティ

プロパティ

説明

種類

表示する外部コンテンツ タイプを入力します。ボックスの横にあるボタンを使用して、外部コンテンツ タイプが存在するかどうかを確認し、特定の外部コンテンツ タイプを選びます。

リレーションシップ

事前に定義されている関連付けに基づいてリレーションシップを選びます。

ツール バーを表示する

このチェック ボックスをオンにするとツール バーが表示され、オフにすると表示されなくなります。

読み込み中にアニメーションを表示する

このチェック ボックスをオンにすると読み込み中にアニメーションが表示され、オフにすると表示されなくなります。

データ ビューの​​プロパティ

プロパティ

説明

XSL エディター

XSLT ソース コードをプレーン テキスト エディターに入力するときに使用します。このエディターを使用するには、XSLT 構文の知識が必要です。たとえば、[数値] 列と [通貨] 列の書式を変更するときにこのプロパティを使用します。

ページの先頭へ

ビジネス データ アイテム ビルダー Web パーツ

この Web パーツには、カスタム プロパティがありません。URL クエリ文字列のパラメーターからビジネス データ アイテムを作成して他のビジネス データ Web パーツに提供します。この Web パーツは、ユーザーには表示されません。ページが編集モードの場合のみ表示されます。

ビジネス データ Web パーツの共通プロパティ

すべての Web パーツは、外観、レイアウト、詳細設定、Ajax オプション、その他の特性を制御する共通のプロパティを共有しています。

注: ツール ウィンドウに表示される共通の Web パーツ プロパティは、いくつかの理由で、このセクションに記載されている内容と異なる場合があります。

  • ツール ウィンドウの [詳細設定] セクションを表示するには適切な権限が必要であるため。

  • Web パーツの開発者によって、特定の Web パーツの共通のプロパティが非表示に設定されていたり、ツール ウィンドウの各セクション ([外観]、[レイアウト]、[詳細設定]) に、以下の表にはないプロパティが作成され、表示されている可能性もあるため。

外観

プロパティ

説明

タイトル

Web パーツのタイトル バーに表示される Web パーツのタイトルを指定します。

高さ

Web パーツの高さを指定します。

Web パーツの幅を指定します。

枠の状態

Web パーツ ページを開くときに、Web パーツ全体をページ上に表示するかどうかを指定します。既定では、枠の状態は [標準] に設定され、Web パーツ全体が表示されます。枠の状態を [最小化] に設定すると、タイトル バーだけが表示されます。

枠の種類

タイトル バーや Web パーツ フレームの枠線を表示するかどうかを指定します。

ページの先頭へ

レイアウト

プロパティ

説明

非表示

Web パーツ ページを開くときに、Web パーツを表示するかどうかを指定します。このチェック ボックスをオンにした場合、自分でページをデザインしているときにのみ Web パーツが表示され、タイトルには "(非表示)" という接尾辞が追加されます。

Web パーツ接続を介して他の Web パーツにデータを提供する際、Web パーツそのものは表示しないようにする必要がある場合、Web パーツを非表示にすることができます。

方向

Web パーツのコンテンツにおける文字の方向を指定します。たとえば、アラビア語は右から左に記述され、英語を含むほとんどの欧州言語は左から右に記述されます。Web パーツの種類によっては、この設定を使用できないことがあります。

ゾーン

Web パーツを配置する Web パーツ ページの領域を指定します。

注: Web パーツ ページの領域は、領域を変更する権限がない場合、リスト ボックスに表示されません。

領域のインデックス

領域に複数の Web パーツが存在する場合に、その領域内の Web パーツの位置を指定します。

順序を指定するには、テキスト ボックスに正の整数を入力します。

領域内の Web パーツが上から下に配置されている場合、値 1 は Web パーツが領域の最上部に表示されることを意味します。領域内の Web パーツが左から右に配置されている場合、値が 1 の Web パーツが領域の左に表示されます。

たとえば、上から下に配置されている空の領域に Web パーツを追加する場合、領域のインデックスは 0 です。領域の一番下に 2 つ目の Web パーツを追加する場合、領域のインデックスは 1 になります。2 つ目の Web パーツを領域の最上部に移動するには「0」と入力し、1 つ目の Web パーツについては「1」を入力します。

注: ゾーン内の Web パーツにはそれぞれ、ゾーンのインデックスとして一意の値が割り当てられている必要があります。したがって、現在の Web パーツの領域のインデックス値を変更すると、その領域内の他の Web パーツの領域のインデックス値も変更される可能性があります。

ページの先頭へ

詳細設定

プロパティ

説明

最小化を許可する

Web パーツを最小化できるかどうかを指定します。

閉じるのを許可する

Web パーツを Web パーツ ページから削除できるかどうかを指定します。

非表示を許可する

Web パーツを非表示にできるかどうかを指定します。

領域の変更を許可する

Web パーツを別の領域に移動できるかどうかを指定します。

接続を許可する

Web パーツを他の Web パーツに接続できるかどうかを指定します。

個人用ビューでの編集を許可する

Web パーツのプロパティを個人用ビューで変更できるかどうかを指定します。

エクスポート モード

この Web パーツに関してエクスポートを許可するデータのレベルを指定します。構成によっては、この設定が利用できない場合もあります。

タイトル URL

Web パーツについての追加情報を含むファイルの URL を指定します。Web パーツのタイトルをクリックすると、このファイルが別のブラウザー ウィンドウに表示されます。

説明

Web パーツのタイトルまたは Web パーツのアイコンをマウスでポイントしたときに表示するヒントを指定します。このプロパティの値は、サイト、仮想サーバー、Web パーツ ページのような Web パーツ ギャラリーで、ツール ウィンドウの [Web パーツの検索] メニューの [検索] を使用して Web パーツを検索するときに使用されます。

ヘルプ URL

Web パーツについてのヘルプ情報を含むファイルの場所を指定します。Web パーツ メニューの [ヘルプ] をクリックすると、ヘルプ情報が別のブラウザー ウィンドウに表示されます。

ヘルプ モード

Web パーツのヘルプ コンテンツをブラウザーでどのように表示するかを指定します。

次のいずれかを選びます。

  • [モーダル] 別のブラウザー ウィンドウに表示されます (ブラウザーがこの機能をサポートしている場合)。元の Web ページに戻るには、ウィンドウを閉じる必要があります。

  • [モードレス] 別のブラウザー ウィンドウに表示されます (ブラウザーがこの機能をサポートしている場合)。ユーザーは、ウィンドウを閉じなくても元の Web ページに戻ることができます。これが既定値です。

  • [移動] Web ページが現在のブラウザー ウィンドウに表示されます。

注:  カスタムの Microsoft ASP.NET Web パーツでこのプロパティがサポートされている場合でも、既定のヘルプ トピックは、別のブラウザー ウィンドウでしか表示されません。

カタログ アイコン画像の URL

Web パーツの一覧で Web パーツ アイコンとして使用する画像が格納されたファイルの場所を指定します。画像のサイズは 16 × 16 ピクセルである必要があります。

タイトル アイコン画像の URL

Web パーツのタイトル バーで使用する画像が格納されたファイルの場所を指定します。画像のサイズは 16 × 16 ピクセルである必要があります。

エラー メッセージのインポート

Web パーツのインポートで問題が発生した場合に表示されるメッセージを指定します。

ページの先頭へ

Ajax オプション

注:  次の共通プロパティは、ビジネス データ リストとビジネス データ リスト関連 Web パーツに対してのみ利用できます。

プロパティ

説明

非同期読み込みを有効にする

このチェック ボックスをオンにすると、データを非同期で読み込み (すべてのデータを読み込むまで作業を続行できます)、オフにするとデータを同期して読み込みます (サーバーからすべてのデータが返されるまで、リスト ビューに "読み込み中" の画像が表示されます)。

非同期更新を有効にする

このチェック ボックスをオンにすると、並べ替え、ページング、フィルター処理、更新の動作の非同期が有効になり、オフにすると無効になります。

手動更新ボタンを表示する

このチェック ボックスをオンにすると、リスト ビューを手動で更新するボタンが表示され、オフにすると表示されなくなります。

非同期自動更新を有効にする

このチェック ボックスをオンにすると、リスト ビューの自動更新が有効になり、オフにすると無効になります。

自動更新の間隔 (秒)

それぞれの自動更新動作の間隔を指定します。既定値は 60 秒です。

ページの先頭へ

その他

注:  次の共通プロパティは、ビジネス データ リストとビジネス データ関連リスト Web パーツに対してのみ利用できます。

プロパティ

説明

サンプル データ

有効な XML ファイルであり、データ ソースによって返されるデータと同じ構造を持つサンプル データを入力します。Microsoft SharePoint Designer 2013 など、SharePoint と互換性があるエディターでは、このプロパティによって指定されるサンプル XML データを使用して、デザイン時にデータ ビューを表示することができます。

XSL リンク

XSLT ソース コードをプレーン テキスト エディターに入力するときに使用します。このエディターを使用するには、XSLT 構文の知識が必要です。たとえば、[数値] 列と [通貨] 列の書式を変更するときにこのプロパティを使用します。

データ ビュー キャッシュを有効にする

このチェック ボックスをオンにすると、データ ソース コントロール インスタンスに加えて XSL 変換がキャッシュされ、オフにするとキャッシュされません。

データ ビュー キャッシュのタイムアウト (秒)

キャッシュをクリアする時間を秒単位で指定します。0 を選択すると、このプロパティは既定値の 86,400 秒 (1 日) に設定されます。

ページの読み込み時に、接続された Web パーツに最初の行を送信する

このチェック ボックスをオンにすると、ページの読み込み時に、接続された 1 つ以上の Web パーツにデータの最初の行が送信され、オフにすると送信されません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×