引き出しを使用して図面に注釈を付ける

引き出しを使用して図面に注釈を付ける

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. 引き出しを追加する図形を選択します。

    図形が選択されていない場合、引き出しはどの図形とも関連付けられずに、現在のビューの中央に追加されます。

  2. [挿入] タブの [図面パーツ] グループで [引き出し] をクリックします。

  3. ページ上にプレビューを表示するには、引き出しの上にマウス ポインターを置き、目的の引き出しをクリックします。

  4. ページ上で、引き出しをクリックし、テキストを入力します。

引き出しが他の図形に関連付けられている場合、図形の移動に伴って引き出しも自動的に移動し、その図形がコピーまたは削除されると、引き出しもコピーまたは削除されます。

引き出しには、その線の最後に黄色のコントロール ハンドルがあり、引き出しを選択するとこのハンドルが表示されます。規定では、多くの引き出しスタイルに非表示の線が含まれていますが、引き出しを選択すると同様にコントロール ハンドルが表示されます。

引き出しを図形に関連付ける

引き出しを図面に追加したときに図形が選択されていない場合、その引き出しはどの図形にも関連付けられません。

  1. 引き出しの黄色のコントロール ハンドルをクリックし、引き出しの関連付け先となる図形までドラッグ アンド ドロップします。

  2. 引き出しのテキスト部分を、図形を基準とした適切な位置へ移動します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×