引き出しを使用して図面に注釈を付ける

引き出しとは、図面内の他の図形について説明する注釈用の図形で、他の図形に関連付けることができます。引き出しを他の図形に関連付けると、その図形の移動に伴って引き出しも自動的に移動し、その図形がコピーまたは削除されると、引き出しもコピーまたは削除されます。

  1. 引き出しと関連付ける図形を選択します。

    図形が選択されていない場合、引き出しはどの図形とも関連付られずに、現在のビューの中央に追加されます。

  2. [挿入] タブの [図面パーツ] で [引き出し] をクリックします。

  3. 使用する引き出しのスタイルをクリックします。

  4. ページ上の引き出しをクリックして、テキストを入力します。

  5. 他の引き出しのスタイルを使用する場合は、引き出しを右クリックし、[引き出しのスタイル] をポイントして、他のスタイルをクリックします。

引き出しには、引き出し線の端に黄色のコントロール ハンドルがあります。このコントロール ハンドルは、引き出しの選択時に表示されます。多くの引き出しのスタイルでは、引き出し線が既定で非表示になっていますが、このような場合も、引き出しの選択時にはコントロール ハンドルが表示されます。引き出し線を表示するには、引き出しを右クリックし、[引き出し線] をポイントして、[表示しない] 以外のコマンドをクリックします。

引き出しを図形に関連付ける

引き出しを図面に追加したときに図形が選択されていない場合、その引き出しはどの図形にも関連付けられません。

  1. 引き出しの黄色のコントロール ハンドルをクリックし、引き出しの関連付け先となる図形までドラッグ アンド ドロップします。

  2. 引き出しのテキスト部分を、図形を基準とした適切な位置へ移動します。

引き出し図形

Visio の一部のステンシルには、引き出し図形も用意されています。これらの引き出しは、他の図形に接続することはできますが、関連付けることはできません。つまり、引き出し図形は、接続された図形と一緒に移動することも、コピーまたは削除されることもありません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×