Excel の使用を開始する

式と参照を追加する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

数式は、データから有益な情報を抽出するのに役立ちます。セル参照と関数を追加して、データを変更すると自動的に更新される値を計算します。

さらに詳しく

Excel 2013 の新機能

Excel 2013 の基本的な作業

ワークシートに [予算超過/予算内] 列を追加しました。

これで、実績コストを入力しながら予算を管理できます。

ただし、この列を機能させるには、数式を追加する必要があります。

気づかなかった場合に備えて、

集計行に数式がいくつか追加されています。

数式を使うと、テーブルはとても便利になりますが、

仕組みについて理解するために、

自分で数式を作成してみましょう。

列の最初のセルを選びます。

数式の入力中であることを Excel に伝えるために、

等号を入力します。

数式はいくつかの方法で作成できます。

それぞれの列の値を入力し、マイナス記号で連結すると、

正しい結果が表示されます。

ただし、数値が変更された場合は、どうなるでしょうか。

数式を書き直さなければならなくなります。

この問題を解決するには、セル参照を使います。

それぞれのセルの値ではなく、

セルのアドレスを入力します。

数式内のセル参照を管理しやすくするために、

Excel ではセルを色付きで強調表示します。

Enter キーを押すと、

数式が計算されて、セルに結果が表示されます。

今度はセル参照を使ったため、

値を変更しても、

合計は自動的に更新されます。

セルに結果が表示されていますが、

セルの実際の中身は数式であることにご注意ください。

セルに数式が含まれているか不明な場合は、

セルをクリックして数式バーを確認します。

オートフィルを使うこともできます。

セル内の小さな緑のハンドルをクリックして、下にドラッグすると、

別のセルに数式が自動的に入力されます。

正しいセルを示すように、セル参照も更新されます。

負の値はかっこで囲まれて表示されています。

数式を簡単に入力できる方法がない場合は、関数を使います。

関数を使うと、すべての数式が自動的に作成されます。

ご覧いただいたように、この矢印をクリックするだけで、

集計行に関数を追加できます。

[合計] を選ぶと、SUBTOTAL 関数が追加されます。

目的のセルに関数を追加できます。

セルを選択して、

リボンの [数式] タブに移動します。

関数ライブラリをすべて使うことができます。

[オート SUM] をクリックして、[合計] をクリックすると、

セルに関数が追加されます。

追加するセルを選択して、

Enter キーを押します。

Excel で有効な関数をすべて表示するには、[その他の関数] をクリックします。

次に、数式と関数を使ってさらに多くの作業を行います。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×