延期または for Mac Outlook 2016 でメール メッセージの配信をスケジュールします。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

年 9 月の最終更新日: 2017

まず、システムがこれらの要件を満たしていることを確認してください。あなたには必要です:

  • Office 365 Business Premium または Enterprise サブスクリプションを (Office 365 Home、Personal、学生、およびビジネスが含まれていない Exchange ため、この機能では使用できませんの)。

  • Office 365 または Exchange 2016 CU5 でホストされていると、後で Exchange ベースのメール アカウント。Exchange ベースのメール アカウントを Outlook アカウント、または接続されているHotmail または Outlook.com アカウントを使用できます。

  • Mac 15.35.170509 のバージョンの outlook 2016 以降 ( Outlookの選択 > バージョンを確認するには、次のようにOutlook に関する)。

後で送信するメッセージをスケジュールします。

  1. メール メッセージを作成し、[宛先:] 行に 1 人以上の受信者の名前を含めます。

  2. [送信] ボタンの横にある矢印をクリックします。

  3. [後で送信] を選びます。

    メールの送信を延期するには [送信] ボタンの横にある矢印を選択します

  4. 日付と時刻を入力します。

  5. [送信] を選びます。メッセージは、指定した日時まで [下書き] フォルダーに保存されます。コンピューター上で Outlook が開かれているかどうかにかかわらず送信されます。

後で送信される予定のメッセージを取り消す

  1. [下書き] フォルダーにあるメール メッセージを開きます。

  2. [送信取り消し] を選びます。

    メッセージを開き、[送信のキャンセル] をクリックします。

  3. 確認メッセージが表示されたら、[はい] を選びます。メッセージは開いたままなので、そのまま送信するか、別の時刻に送信することができます。

問題が起こる場合

ヘルプ] を選択 >サポートに問い合わせてください

関連トピック

メッセージの配信/開封確認を要求する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×