スキップしてメイン コンテンツへ
Office

年齢の計算

Excel では、さまざまな方法で人の年齢の計算を行うことができます。 次の表は、日付と時刻の関数を使用して実行する一般的な方法を示しています。

この例を Excel で使うには、テーブル内のデータをドラッグして選び、選択内容を右クリックして [コピー] をクリックします。 新しいワークシートを開き、セル A1 を右クリックして、[貼り付けのオプション] を選択し> 元の書式を保持します。

データ

10/2/2012

2014/5/2

2014/6/3

2014/7/3

6/3/2002

数式

説明

= (YEAR (NOW ())-YEAR (A2))

結果として、A2 の今日と生の間の違いが、ユーザーの年齢になります。

この例では、 YEAR関数とNOW関数を使用します。

このセルに数値が表示されない場合は、数値と標準のどちらで書式設定されているかを確認します。 セルの書式を [数値] または [日付] に設定する方法についてはこちらを参照してください

= YEAR (NOW ())-1960

セル参照を使用せずに、1960で生まれた人の年齢。

このセルが数値として表示されない場合は、数値と標準のどちらで書式設定されているかを確認します。 セルの書式を [数値] または [日付] に設定する方法についてはこちらを参照してください

= YEARFRAC (A3, A5)

A5 と A3 の日付の間の年単位の経過時間を計算します。

= (A5-A6)/365.25

A5 と A6 の日付の間の年数 (12.08) を計算します。

4年ごとに発生する閏年を考慮するために、数式で365.25 が使用されます。

=("2014/10/2"-"2014/5/2")

153でセル参照を使用せずに、2つの日付間の日数を計算します。

=DAYS(TODAY(),"79/2/15")

2つの日付関数を使用して、2つの日付間の日数を指定します。

DAYS 関数の2つの引数は、実際の日付、セル参照、 TODAY 関数などの別の日付/時刻関数を使うことができます。

=(YEAR(NOW())-YEAR(A3))*12+MONTH(NOW())-MONTH(A3)

A3 と現在の日付の間の月数を表示します。

この例では、YEAR 関数NOW 関数MONTH 関数を使います。

このセルが数値として表示されない場合は、数値と標準のどちらで書式設定されているかを確認します。 セルの書式を [数値] または [日付] に設定する方法についてはこちらを参照してください

=NETWORKDAYS(A3,A2,A3:A5)

A2 と A3 の2つの日付間の稼働日全体の数 (107)。 稼働日からは週末と祝日が除外されます。 最後の引数 A3:A5 は、稼働日から除外される祝日の一覧の範囲です。

この例では、NETWORKDAYS 関数を使っています。

= DAYS360 (A2, A3, TRUE)

A2 と A3 の2つの日付間の日数 (570)。 これは、会計の計算で一般的に使われる360年の年 (12 30 日の月数) に基づいています。

この例では、DAYS360 関数を使っています。

=EDATE(A3,-4)

これを日付形式に変換します。これは、A3 の日付の前の4か月 (または 4) の1/2/2014 である必要があります。

この例では、EDATE 関数を使っています。この関数は、銀行取引記録の満期日の計算に使われます。

関連情報

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×