年賀状を作ってみよう (2)

この記事は以下の 2 ページから構成されています。

  1. 年賀状の文面を作ろう

    用紙をはがきサイズにしよう

    文字を挿入しよう

    イラストや写真を挿入しよう

  2. 年賀状の宛名面を作ろう (このページ)

    宛名面を作ろう

    宛名を印刷しよう

年賀状の宛名面を作ろう

"はがき宛名印刷ウィザード" を使って、宛名面を作りましょう。

宛名面を作ろう

Excel で作成した住所録ファイルから、宛名面を作ります。

ここでは、"氏名" "郵便番号" "住所 1" "住所 2" の 4 つの項目で構成されるシンプルな住所

録ファイルを利用します。

※以下のように、シートの 1 行目には項目名、2 行目以降に宛名データという形式にして

おくと、スムーズに宛名面を作ることができます。

Excel で作成した住所録イメージ
  1. 新規文書 (白紙) を開き、[差し込み文書] タブの [はがき印刷] をクリックし、[宛名面の作成] をクリックします。

    [差し込み文書] タブの [はがき印刷] から [宛名面の作成] をクリック

    "はがき宛名印刷ウィザード" が起動します。

  2. [次へ] をクリックします。

    はがき宛名印刷ウィザードの最初の画面
  3. はがきの種類を選びます。

    ここでは、[年賀 / 暑中見舞い] を選び、[次へ] をクリックします。

    はがき宛名印刷ウィザードではがきの種類を選択
  4. 縦書きか横書きかを選び、[次へ] をクリックします。

    はがき宛名印刷ウィザードで様式を指定
  5. フォントや書式を指定し、[次へ] をクリックします。

    はがき宛名印刷ウィザードで書式を指定
  6. 差出人の名前や住所を入力し、[次へ] をクリックします。

    はがき宛名印刷ウィザードで差出人を指定
  7. [既定の住所録ファイル] を選び、[参照] をクリックします。

    はがき宛名印刷ウィザードで [既定の住所録ファイル] を指定

    [住所録ファイルを開く] ダイアログ ボックスが表示されます。

  8. 住所録の保存場所を選択し、ファイルを選んで [開く] をクリックします。

    [住所録ファイルを開く] ダイアログ ボックスでファイル指定

    "はがき宛名印刷ウィザード" の画面に戻ります。

  9. 宛名の敬称を選び、[次へ] をクリックします。

    はがき宛名印刷ウィザードで敬称を選択
  10. [完了] をクリックします。

    はがき宛名印刷ウィザードの最後の画面

    [テーブルの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

  11. 住所録を入力したシートを選んで [OK] をクリックします。

    [テーブルの選択] ダイアログ ボックスでシートを選択

    最初のデータが宛名面に表示されます。

    宛名面の完成イメージ

    [はがき宛名面印刷] タブの [次のレコード] ボタン (次のレコード) や [前のレコード] ボタン (前のレコード) をクリックして、宛名データが順番に差し込まれることを確認してみましょう。

    [はがき宛名面印刷] タブ の [次のレコード] や [前のレコード] をクリック

    これで、宛名面は完成です。

ヒント 番地を "2 - 3" と入力したのに "二 - 三" になってしまう !

宛名を縦書きにした場合、半角数字で入力した番地は、"二-三" のように

漢字に変換されます。"2-3" と数字で表記したいときは、全角数字

で入力してください。

半角数字と全角数字で入力したときの番地表示イメージ

宛名を印刷しよう

プリンターの電源を入れて、年賀状をセットしたら、印刷を実行しましょう。

  1. [はがき宛名面印刷] タブの [すべて印刷] をクリックします。

    ※表示されている宛名だけを印刷するときは、[表示中のはがきを印刷] をクリックします。

    [はがき宛名面印刷] タブの [すべて印刷] をクリック

    [プリンターに差し込み] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 印刷範囲を選び、[OK] をクリックします。

    [プリンターに差し込み] ダイアログ ボックスで印刷範囲を選択

    [印刷] ダイアログ ボックスが表示されたら、[OK] をクリックします。

    ※必要に応じて、プリンター側の設定 (印刷品質、用紙の種類など) を行ってください。

    [印刷] ダイアログ ボックス

    宛名印刷が実行されます。

ヒント 新規に住所録ファイルを作るには ?

新規で住所録を作るときは、上の手順7で [標準の住所録ファイル] を

選び、ファイルの種類を指定します。

はがき宛名印刷ウィザードで [標準の住所録ファイル] を指定

ウィザード完了後、住所録ファイルは [ドキュメント] の [My Data Sources] フォルダーに "Address20" の名前で保存されます。

このファイルを開いて、直接データを入力します。

※連名や会社など、宛名面作成に不要な項目は入力を省略しても構いません。 新規作成した住所録ファイルのイメージ

ヒント 宛名文書を保存して開くとき

ここで作成した文書を保存して開こうとすると、以下のメッセージが

表示されます。この場合、宛名データの差し込みを有効にするには、

[はい] をクリックしてください。

宛名文書を開くときのメッセージ

<<前へ | 1 2

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×