差し込み印刷文書にフィールドを挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Publisher で差し込み印刷フィールドを差し込み印刷文書に挿入できます。差し込みフィールドは、完成した文書の各コピーで異なるテキストと画像情報のプレースホルダーです。

差し込み印刷フィールドを挿入する前に、差し込み印刷、差し込み印刷、またはカタログデータの差し込み印刷をデータソースに接続している必要があります。

  1. まだ開いていない場合は、差し込み印刷文書を開きます。

  2. [差し込み文書] タブで 、[差し込み印刷ウィザード] の [差し込み印刷 > 手順実行します。

  3. [差し込み印刷] 作業ウィンドウの [アドレス帳の作成] で、使用するデータソースを選択し、[次へ: アドレス帳を作成する] または [受信者リストに接続する] をクリックします。

  4. [データソースの選択] ダイアログボックスで、目的のデータソースをクリックし、[開く] をクリックします。選択したデータソースの種類に応じて、その他のダイアログボックスが表示され、特定の情報が要求されることがあります。

  5. [差し込み印刷の宛先] ダイアログボックスで、差し込み印刷に含める宛先を選択できます。含める宛先の横にあるチェックボックスをオンにし、除外する宛先の横にあるチェックボックスをオフにします。特定のフィールドまたは条件によってリストをフィルター処理し、アルファベット順に並べ替えることができます。

  6. 文書にテキストボックスが含まれておらず、完成した文書のすべてのコピーで同じように表示されるテキストを追加する場合は、[> を挿入] をクリックしてテキストボックスを挿入し、目的の場所にボックスを描画します。n 文書を作成します。

  7. 完成した文書のすべてのコピーに同じテキストを残す場合は、テキストボックス内をクリックして、すべてのコピーに表示するテキストを入力します。

  8. 差し込みフィールドを挿入するテキストボックス内をクリックします。

  9. 次のいずれかを挿入します。

    図フィールド

    1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下の [画像フィールド] をクリックします。

    2. [画像フィールドの挿入] ダイアログボックスで、画像のファイル名またはパスを含むデータフィールドをクリックし、[ OK]をクリックします。

      注: [コンテンツ] 列に、図を含むフォルダーへのパスが含まれていない場合は、画像ファイルの場所を指定する必要があります。[フォルダーの指定] をクリックし、 [データソースフォルダー]、[追加] の順にクリックし、画像の場所に移動して、[開く] をクリックします。

    住所ブロック

    1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下の [住所ブロック] をクリックします。

    2. [住所ブロックの挿入] ダイアログ ボックスで、含める住所の要素をクリックし、[OK] をクリックします。

      注: データソースのデータフィールドの名前が Publisher で住所ブロックに使用されるデータフィールドの名前と一致していない場合は、[住所ブロックの挿入] ダイアログボックスで [フィールドの対応] をクリックする必要がある場合があります。[フィールドの対応] ダイアログボックスで、ドロップダウンリストを使用して、Publisher のフィールドに対応するデータソースのフィールドを選びます。

    あいさつ文

    1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下にある [あいさつ文] をクリックします。

    2. [あいさつ文の挿入] ダイアログボックスで、あいさつ文、名前の書式、句読点を含む [あいさつ文] 形式を選択します。

      また、[あいさつ文] ボックスと [フォローしている句読点] ボックスに独自のテキストを入力することもできます。

    3. データソースに姓または名が含まれておらず、会社名のみが含まれている場合など、宛先の名前を解釈できない場合に表示するテキストを選択します。

      また、無効な受信者名のボックスにあいさつ文として独自のテキストを入力することもできます。

    4. [OK] をクリックします。

      注: データソース内のデータフィールドの名前が、あいさつ文に使用される Publisher のフィールドの名前と一致していない場合は、[あいさつ文の挿入] ダイアログボックスで [フィールドの対応] をクリックする必要がある場合があります。[フィールドの対応] ダイアログボックスで、ドロップダウンリストを使用して、Publisher のフィールドに対応するデータソースのフィールドを選びます。

    その他の情報フィールド

    [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[文書の準備] の下に、データソース内のすべてのフィールドが含まれているリストが表示されます。このリストを使用して、文書にフィールドを追加できます。

    1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウの [文書の準備] の下にあるリストボックスで、目的のフィールドを、作成したテキストボックスにドラッグします。

      注: このリストから図の項目をドラッグすると、画像へのパスを示すテキストのみが挿入されます。図そのものは挿入されません。

  1. まだ開いていない場合は、電子メールの宛名差し込み文書を開きます。

  2. [差し込み文書] タブで 、[電子メールの宛名差し込み] の [差し込み印刷ウィザード] を選択します。 >

  3. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウの [アドレス帳の作成] で、使用するデータソースを選択し、[次へ: アドレス帳を作成する] または [受信者リストに接続する] をクリックします。

  4. [データソースの選択] ダイアログボックスで、目的のデータソースをクリックし、[開く] をクリックします。選択したデータソースの種類に応じて、その他のダイアログボックスが表示され、特定の情報が要求されることがあります。

  5. [差し込み印刷の宛先] ダイアログボックスで、差し込み印刷に含める宛先を選択できます。含める宛先の横にあるチェックボックスをオンにし、除外する宛先の横にあるチェックボックスをオフにします。特定のフィールドまたは条件によってリストをフィルター処理し、アルファベット順に並べ替えることができます。

  6. 文書にテキストボックスが含まれておらず、完成した文書のすべてのコピーで同じように表示されるテキストを追加する場合は、[> を挿入] をクリックしてテキストボックスを挿入し、目的の場所にボックスを描画します。n 文書を作成します。

  7. 完成した文書のすべてのコピーに同じテキストを残す場合は、テキストボックス内をクリックして、すべてのコピーに表示するテキストを入力します。

  8. 電子メールの宛名差し込み文書で、差し込みフィールドを挿入するテキストボックス内をクリックします。

  9. 次のいずれかを挿入します。

    個人用ハイパーリンク

    1. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下の [個人用ハイパーリンクの挿入] をクリックします。

    2. [宛先ユーザー別のハイパーリンクの挿入] ダイアログボックスで、表示するテキストと、各受信者がハイパーリンクをクリックしたときに表示する web サイトまたは web ページのアドレスを入力します。

    3. [表示文字列] または [ハイパーリンク] フィールドのデータフィールドを使用する場合は、[表示文字列] または [ハイパーリンク] ボックスをクリックし、[挿入するアイテム] の下にあるリストで、挿入するデータフィールドをクリックします。

      データフィールドを挿入する場合は、挿入されたデータフィールドに対応する空白のエントリに対して、代替表示テキストと web アドレスを指定できます。必要に応じて、[空白のエントリに既定のテキストを使用] チェックボックスと [空白のエントリに既定のハイパーリンクを使用する] チェックボックスをオンにして、代替テキストと Web アドレスを入力します。

      [宛先ユーザー別のハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスの画像

    図フィールド

    1. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下の [画像フィールド] をクリックします。

    2. [画像フィールドの挿入] ダイアログボックスで、挿入する画像データフィールドをクリックし、[ OK]をクリックします。

      注: [コンテンツ] 列に、図を含むフォルダーへのパスが含まれていない場合は、画像ファイルの場所を指定する必要があります。[フォルダーの指定] をクリックし、 [データソースフォルダー]、[追加] の順にクリックし、画像の場所に移動して、[開く] をクリックします。

    あいさつ文

    1. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下にある [あいさつ文] をクリックします。

    2. [あいさつ文の挿入] ダイアログボックスで、あいさつ文、名前の書式、句読点を含む [あいさつ文] 形式を選択します。

      また、[あいさつ文] ボックスと [フォローしている句読点] ボックスに独自のテキストを入力することもできます。

    3. データソースに姓または名が含まれておらず、会社名のみが含まれている場合など、宛先の名前を解釈できない場合に表示するテキストを選択します。

      また、無効な受信者名のボックスにあいさつ文として独自のテキストを入力することもできます。

    4. [OK] をクリックします。

      注: データソース内のデータフィールドの名前が、あいさつ文に使用される Publisher のフィールドの名前と一致していない場合は、[あいさつ文の挿入] ダイアログボックスで [フィールドの対応] をクリックする必要がある場合があります。[フィールドの対応] ダイアログボックスで、ドロップダウンリストを使用して、Publisher のフィールドに対応するデータソースのフィールドを選びます。

    その他の情報フィールド

    [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[文書の準備] の下に、データソース内のすべてのフィールドが含まれているリストが表示されます。このリストを使用して、文書にフィールドを追加できます。

    1. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[文書の準備] の下にあるリストボックスに、作成したテキストボックスに挿入するフィールドをドラッグします。

      注: このリストから図の項目をドラッグすると、画像へのパスのみが挿入されます。図そのものは挿入されません。

関連項目

差し込み印刷または電子メールの宛名差し込みを作成する

カタログ データの差し込みを作成する

  1. まだ開いていない場合は、差し込み印刷文書を開きます。

  2. [ツール] メニューの [宛名/カタログ] をポイントし、[差し込み印刷] をクリックします。

  3. [差し込み印刷] 作業ウィンドウの [アドレス帳の作成] で、使用するデータソースを選択し、[次へ: アドレス帳を作成する] または [受信者リストに接続する] をクリックします。

  4. [データソースの選択] ダイアログボックスで、目的のデータソースをクリックし、[開く] をクリックします。

    選択したデータソースの種類に応じて、その他のダイアログボックスが表示され、特定の情報が要求されることがあります。

    たとえば、データソースが、複数のワークシートに関する情報を含む Microsoft Office Excel ブックである場合は、必要な情報が含まれているワークシートを選択し、[ OK]をクリックする必要があります。

  5. [差し込み印刷の宛先] ダイアログボックスで、差し込み印刷に含める宛先を選択できます。含める宛先の横にあるチェックボックスをオンにし、除外する宛先の横にあるチェックボックスをオフにします。特定のフィールドまたは条件によってリストをフィルター処理し、アルファベット順に並べ替えることができます。宛先リストの絞り込みの詳細については、「メーリングリストのヒント」を参照してください。

  6. 文書にテキストボックスが含まれておらず、完成した文書のすべてのコピーで同じように表示されるテキストを追加する場合は、1つ以上のテキストボックスを挿入します。

    方法

    1. [オブジェクト] ツールバーで、[テキストボックス] をクリックします(z0z_)。

    2. 文書内で、テキストボックスのいずれかの角を表示する場所をポイントして、目的のテキストボックスが表示されるまでマウスを斜めにドラッグします。

  7. 完成した文書のすべてのコピーに同じテキストを残す場合は、テキストボックス内をクリックして、すべてのコピーに表示するテキストを入力します。

  8. 差し込みフィールドを挿入するテキストボックス内をクリックします。

  9. 次のいずれかを挿入します。

    図フィールド

    1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下の [画像フィールド] をクリックします。

    2. [画像フィールドの挿入] ダイアログボックスで、画像のファイル名またはパスを含むデータフィールドをクリックし、[ OK]をクリックします。

      注: [コンテンツ] 列に、図を含むフォルダーへのパスが含まれていない場合は、画像ファイルの場所を指定する必要があります。[フォルダーの指定] をクリックし、 [データソースフォルダー]、[追加] の順にクリックし、画像の場所に移動して、[開く] をクリックします。

    名前、住所、その他の情報を含む住所ブロック

    1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下の [住所ブロック] をクリックします。

    2. [住所ブロックの挿入] ダイアログ ボックスで、含める住所の要素をクリックし、[OK] をクリックします。

      注: データソースのデータフィールドの名前が Publisher で住所ブロックに使用されるデータフィールドの名前と一致していない場合は、[住所ブロックの挿入] ダイアログボックスで [フィールドの対応] をクリックする必要がある場合があります。[フィールドの対応] ダイアログボックスで、ドロップダウンリストを使用して、Publisher のフィールドに対応するデータソースのフィールドを選びます。

    あいさつ文

    1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下にある [あいさつ文] をクリックします。

    2. [あいさつ文] ダイアログ ボックスで、あいさつ、名前の書式、句読点を含む、あいさつ文の書式を選びます。

      また、[あいさつ文] ボックスと [フォローしている句読点] ボックスに独自のテキストを入力することもできます。

    3. データソースに姓または名が含まれておらず、会社名のみが含まれている場合など、宛先の名前を解釈できない場合に表示するテキストを選択します。

      また、無効な受信者名のボックスにあいさつ文として独自のテキストを入力することもできます。

    4. [OK] をクリックします。

      注: データソースのデータフィールドの名前が Publisher であいさつ文に使用されるフィールドの名前と一致していない場合は、[あいさつ文 (英文)] ダイアログボックスの [フィールドの対応] をクリックする必要があります。[フィールドの対応] ダイアログボックスで、ドロップダウンリストを使用して、Publisher のフィールドに対応するデータソースのフィールドを選びます。

    その他の情報フィールド

    [差し込み印刷] 作業ウィンドウで、[文書の準備] の下に、データソース内のすべてのフィールドが含まれているリストが表示されます。このリストを使用して、文書にフィールドを追加できます。

    1. [差し込み印刷] 作業ウィンドウの [文書の準備] の下にあるリストボックスで、目的のフィールドを、作成したテキストボックスにドラッグします。

      注: このリストから図の項目をドラッグすると、画像へのパスを示すテキストのみが挿入されます。図そのものは挿入されません。

  1. まだ開いていない場合は、電子メールの宛名差し込み文書を開きます。

  2. [ツール] メニューの [宛名/カタログ] をポイントし、[電子メールの宛名差し込み] をクリックします。

  3. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウの [アドレス帳の作成] で、使用するデータソースを選択し、[次へ: アドレス帳を作成する] または [受信者リストに接続する] をクリックします。

  4. [データソースの選択] ダイアログボックスで、目的のデータソースをクリックし、[開く] をクリックします。

    選択したデータソースの種類に応じて、その他のダイアログボックスが表示され、特定の情報が要求されることがあります。

    たとえば、データソースが、複数のワークシートに関する情報を含む Microsoft Office Excel ブックである場合は、必要な情報が含まれているワークシートを選択し、[ OK]をクリックする必要があります。

  5. [差し込み印刷の宛先] ダイアログボックスで、差し込み印刷に含める宛先を選択できます。含める宛先の横にあるチェックボックスをオンにし、除外する宛先の横にあるチェックボックスをオフにします。特定のフィールドまたは条件によってリストをフィルター処理し、アルファベット順に並べ替えることができます。宛先リストの絞り込みの詳細については、「メーリングリストのヒント」を参照してください。

  6. 文書にテキストボックスが含まれていない場合は、1つ以上のテキストボックスを挿入します。

    方法

    1. [オブジェクト] ツールバーで、[テキストボックス] をクリックします(z0z_)。

    2. 文書内で、テキスト ボックスのいずれかの角を表示する場所をポイントし、テキスト ボックスが目的のサイズになるまでマウスを斜めにドラッグします。

  7. 完成した文書のすべてのコピーに同じテキストを残す場合は、テキストボックス内をクリックして、すべてのコピーに表示するテキストを入力します。

  8. 電子メールの宛名差し込み文書で、差し込みフィールドを挿入するテキストボックス内をクリックします。

  9. 次のいずれかを挿入します。

    個人用ハイパーリンク

    1. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下の [個人用ハイパーリンクの挿入] をクリックします。

    2. [宛先ユーザー別のハイパーリンクの挿入] ダイアログボックスで、表示するテキストと、各受信者がハイパーリンクをクリックしたときに表示する web サイトまたは web ページのアドレスを入力します。

    3. [表示文字列] または [ハイパーリンク] フィールドのデータフィールドを使用する場合は、[表示文字列] または [ハイパーリンク] ボックスをクリックし、[挿入するアイテム] の下にあるリストで、挿入するデータフィールドをクリックします。

      データフィールドを挿入する場合は、挿入されたデータフィールドに対応する空白のエントリに対して、代替表示テキストと Web アドレスを指定できます。必要に応じて、[空白のエントリに既定のテキストを使用] チェックボックスと [空白のエントリに既定のハイパーリンクを使用する] チェックボックスをオンにして、代替テキストと Web アドレスを入力します。

      [宛先ユーザー別のハイパーリンクの挿入] ダイアログ ボックスの画像

    図フィールド

    1. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下の [画像フィールド] をクリックします。

    2. [画像フィールドの挿入] ダイアログボックスで、挿入する画像データフィールドをクリックし、[ OK]をクリックします。

      注: [コンテンツ] 列に、図を含むフォルダーへのパスが含まれていない場合は、画像ファイルの場所を指定する必要があります。[フォルダーの指定] をクリックし、 [データソースフォルダー]、[追加] の順にクリックし、画像の場所に移動して、[開く] をクリックします。

    あいさつ文

    1. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[その他のアイテム] の下にある [あいさつ文] をクリックします。

    2. [あいさつ文] ダイアログ ボックスで、あいさつ、名前の書式、句読点を含む、あいさつ文の書式を選びます。

      また、[あいさつ文] ボックスと [フォローしている句読点] ボックスに独自のテキストを入力することもできます。

    3. データソースに姓または名が含まれておらず、会社名のみが含まれている場合など、宛先の名前を解釈できない場合に表示するテキストを選択します。

      また、無効な受信者名のボックスにあいさつ文として独自のテキストを入力することもできます。

    4. [OK] をクリックします。

      注: データソースのデータフィールドの名前が Publisher であいさつ文に使用されるフィールドの名前と一致していない場合は、[あいさつ文 (英文)] ダイアログボックスの [フィールドの対応] をクリックする必要があります。[フィールドの対応] ダイアログボックスで、ドロップダウンリストを使用して、Publisher のフィールドに対応するデータソースのフィールドを選びます。

    その他の情報フィールド

    [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[文書の準備] の下に、データソース内のすべてのフィールドが含まれているリストが表示されます。このリストを使用して、文書にフィールドを追加できます。

    1. [電子メールの宛名差し込み] 作業ウィンドウで、[文書の準備] の下にあるリストボックスに、作成したテキストボックスに挿入するフィールドをドラッグします。

      注: このリストから図の項目をドラッグすると、画像へのパスのみが挿入されます。図そのものは挿入されません。

  1. まだ開いていない場合は、カタログデータの差し込み印刷を開きます。

  2. [ツール] メニューの [宛名/カタログ] をポイントし、[カタログデータの差し込み] をクリックします。

  3. [カタログデータの差し込み] 作業ウィンドウの [製品リストの選択] で、使用するデータソースを選択し、[次へ: 作成] または [製品リストへの接続] をクリックします。

  4. [データソースの選択] ダイアログボックスで、目的のデータソースをクリックし、[開く] をクリックします。

    選択したデータソースの種類に応じて、その他のダイアログボックスが表示され、特定の情報が要求されることがあります。

    たとえば、データソースが、複数のワークシートに関する情報を含む Microsoft Office Excel ブックである場合は、必要な情報が含まれているワークシートを選択し、[ OK]をクリックする必要があります。

  5. [カタログデータの差し込み] ダイアログボックスで、差し込み印刷に含める項目を選択できます。含めるアイテムの横にあるチェックボックスをオンにし、除外するアイテムの横にあるチェックボックスをオフにします。特定のフィールドまたは条件によってリストをフィルター処理し、アルファベット順に並べ替えることができます。

  6. 文書にテキストボックスが含まれていない場合は、文書の差し込み印刷領域にテキストボックスを挿入します。これには、データフィールドを挿入します。

    方法

    1. [オブジェクト] ツールバーで、[テキストボックス] をクリックします(z0z_)。

    2. 文書内で、テキストボックスのいずれかの角を表示する場所をポイントして、目的のテキストボックスが表示されるまでマウスを斜めにドラッグします。

  7. [差し込み印刷の繰り返し] 領域の各レコードに異なるデータを挿入するには、データフィールドを挿入するテキストボックス内をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    1. テンプレートの [差し込み印刷の繰り返し] 領域にテキストを挿入するには、[差し込み印刷] 作業ウィンドウの [文書の準備] の下で、挿入するフィールドをクリックします。

      注: 図または写真フィールドをクリックすると、図そのものではなく、画像のパスとファイル名が挿入されます。

    2. 画像を挿入するには、[その他のアイテム] の下の [製品の画像] をクリックします。

      注: 差し込み印刷フィールドを挿入する前に、差し込み印刷領域内のテキストボックスをクリックしていない場合、差し込み印刷フィールドは新しいテキストボックスまたは図枠に挿入されます。

  8. 手順5を繰り返して、データソースから必要なすべてのフィールドを挿入します。

  9. データソースの各レコードに繰り返し表示される差し込み印刷領域を書式設定して配置します。このサイズを変更して、複数のレコードをページに配置するのと同じように調整できます。テキストの書式設定と配置の詳細については、 「関連項目」のリンクを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×