差し込み印刷

封筒を印刷する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

メール メッセージやレターと同様に、差し込み印刷で封筒を作成できます。まず、[ファイル] をクリックして、現在の文書を閉じます。必ず保存してください。次に、[ファイル]、[新規] の順にクリックして空白の文書を開きます。このビデオで詳細をご確認ください。

さらに詳しく

Excel スプレッドシートを使った差し込み印刷

差し込み印刷フィールドを挿入する

Excel でアドレス帳の宛名ラベルを作成して印刷する

Word でメールの宛名差し込みを使用する

メール メッセージやレターと同様に、差し込み印刷で封筒を作成できます。

まず、[ファイル] をクリックして現在の文書を閉じます。必ず保存してください。

次に、[ファイル]、[新規] の順にクリックして白紙の文書を開きます。

[差し込み文書] タブで [差し込み印刷の開始]、[封筒] の順にクリックします。ウィザードも使えますが、このほうが時間がかかりません。

まず、封筒オプションを設定します。サイズを選びます。

標準サイズを選ぶか、任意のサイズを指定します。プレビューがこちらに表示されます。

宛先や差出人住所のレイアウトも調整できます。[文字書式] をクリックするとフォントを変更できます。

今回は既定の設定を使います。

次に、[印刷オプション] タブをクリックして、プリンターへの封筒の給紙方法を設定します。

たとえば、このプリンターでは、封筒を用紙トレイの右上隅に、

表を下にして置き、逆向きに印刷します。

差し込み印刷を実際に実行する前に、封筒にテスト印刷することをお勧めします。

正しく印刷されない場合は、これらの設定を変更できます。

[元に戻す] をクリックして、プリンターに推奨される給紙方法に戻したら、[OK] をクリックします。

文書のサイズが封筒のサイズに合うように変更されます。

では、宛先を追加しましょう、前のビデオで作ったリストを使います。

[既存のリストを使用] をクリックし、リストを選び、[開く] をクリックします。

[アドレス帳の編集] をクリックして変更することもできますが、今回はこのまま使います。

これで住所を追加できます。宛先を表示する領域をクリックし、

住所ブロックを配置する段落を選びます。

[ホーム] タブにある段落記号の表示/非表示をクリックすると、段落の場所がわかります。

[住所ブロック] をクリックします。ここは、ビデオ 2 と同様に設定します。

まず、簡略的な名前形式を選び、会社名の挿入をオフにし、[国名/地域名を含まない] をクリックして、

[送付先の国/地域に合わせて住所の書式を設定する] をオフにします。そして [OK] をクリックします。

必要に応じて [結果のプレビュー] をクリックし、宛先を確認します。

次に、左上隅に追加されている段落に差出人住所を入力します。

ここで封筒を保存します。保存先を選び、名前を入力します。

今回は特定のレターの封筒なので、

レターの名前に「封筒」と追加して、同じフォルダーに保存します。

これで、必要なときに見つけやすくなります。[保存] をクリックします。

最後に [完了と差し込み]、[文書の印刷] の順にクリックします。

封筒をプリンターにセットして [OK] をクリックします。

お使いのプリンターで封筒を初めて印刷する場合は、

[現在のレコード] を選び、1 枚目をテストとして印刷することをお勧めします。

問題なく印刷できたら [すべて] を選び [OK] をクリックします。

これで、基本的な差し込み印刷に必要な情報はすべてご説明しました。

差し込み印刷には、このほかにも多くの機能があります。

ルールの追加や、ユーザー設定フィールド、Excel スプレッドシートなどです。

詳しくは、コースのまとめにあるリンクをご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×