差し込み印刷の応用

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

差し込み印刷では多くの機能が使用できます。 Microsoft Excel ファイルなどのソースからリストをインポートしたり、Excel の多くのツールを使ってデータや数値を操作したりできます。 それぞれの宛先に向けたメッセージのカスタマイズのほか、詳しい個人向け設定を行い、メールに直接テキストを挿入することもできます。 このコースで詳しく学習できます。

このコースの内容:

宛名の差し込みを次のレベルにする (3:11)
宛名の差し込みの基本を応用してみましょう。Excel のリストをインポートしたり、Excel のデータや数値ツールを使います。また、個人向けのメッセージに合わせて宛名の差し込みをカスタマイズできます。

ユーザー設定の差し込みフィールドを挿入する (3:55)
宛名の差し込みを利用し、メッセージをカスタマイズします。メッセージの個人設定の量が多ければ、それだけ受信者にとって意味のあるものになり、読んでもらえる確率が高くなります。

ドキュメントを個人向けに詳細にカスタマイズする (3:49)
宛名の差し込みのカスタマイズ方法をさらに紹介します。各メールにテキストを直接挿入します。その 2 通りの方法を動画でご覧ください。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングでは他にも各種のコースを用意しています。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×