履歴書を雇用者に送信した後に履歴書の誤りに気付いた場合: どうすればよいか。

2010 年 8 月

著者: Karen Hofferber 氏 (CPRW Certified Professional Resume Writer、ResumePower.com)

Mark Bradford は、Fortune 500 企業の Web サイトで「理想の仕事」を示す求人広告を見つけ、有頂天になりました。彼の経歴と資格が職務内容記述と完全に一致し、彼のキャリア検索に対する答えであると思われました。履歴書の期限が間近であったため、対応する時間がありませんでした。しかし、添え状と履歴書を急いで電子メールで送信した後、両方の文書に誤りがあったことに気づき、大きな望みが打ち砕かれてしまいました。

おそらく、これは誰にでも経験があることです。

履歴書または添え状を雇用者に送信した後に、誤りを見つけた場合、どのように対処すべきでしょうか。履歴書を再度送信して誤りを説明しますか。あるいは、何もせずに雇用者が誤りに気付かないことを祈りますか。

既に「送信」ボタンを押した後に誤りに気付いても、それほど悲観することではありません。誤りが比較的ちょっとしたものである場合 (カンマの位置が間違っていたり、ピリオドを忘れたりなど)、おそらく文書を再度送信する必要はありません (ただし、次回のために修正したバージョン保存する)。

しかし、複数の誤り、重大な入力ミス、事実に反する誤った記述、甚だしい誤りがあった場合には、雇用者が気づかないことを祈るよりも、履歴書を再度送信することがよい選択肢と言えます。最近履歴書を更新し、さらに会社の機会に関心があるため、文書の最新バージョンを提供したいことを知らせる簡単な添え状を同封するだけです。ほとんどの会社では、自動化されたテクノロジを使用して履歴書を保存します。新しいファイルを受信したときは、古いバージョンが削除されるだけです。そのため、誤りをなくす良い機会になります。

履歴書を定期的に更新することで、今後この問題を回避することができます。転職を予定していない場合でも、少なくとも年 1 回、時間を割いて履歴書を更新してください。次に予期しない機会や予期せぬ状況で新たな職を探し求めなくてはならなくなった場合に、ひどく慌てることはありません。それよりむしろ、十分に見直した最新の履歴書を準備できます。

MS Word で履歴書を作成するときのデザインのヒント: 履歴書のフォントを選択する

Microsoft Word には、保守的なものから個性的なものに至るまで、さまざまな書体が用意されています。しかし、履歴書に最適なフォントは何でしょうか。この質問に対する「正しい」答えは実に多くあります。

フォントは、serif と sans serif の 2 つの基本セットに分類できます。serif フォントの場合、文字の主要なストロークである太い線の末端に細い線が付きます (例としては、タイム マガジンの見出しが挙げられます)。serif フォントは、会計、銀行業務、財務などのより保守的な分野における上級管理職または上級専門職の履歴書に最適な選択肢です。履歴書に最適な選択肢となる serif フォントの例としては、Garamond、Palatino、Book Antiqua、Bookman Old Style、Century Schoolbook、Goudy が挙げられます。

sans serif フォントは、ひげ飾りのない書体です。各文字を構成するストロークは同じ幅であり、細い「末端」、「先端」、または「装飾」がありません。sans serif フォントは、モダンな感じのすっきりとした書体であるため、同様の「最先端な」イメージ (IT 専門家、マーケティング マネージャー、デザイナーなど) を与えたい専門職に最適な選択肢です。履歴書に最適な選択肢となる sans serif フォントの例としては、Arial、Verdana、Tahoma、Franklin Gothic、Century Gothic が挙げられます。

Fajita、Paisley、Kids、Litterbox などのさらに個性的なフォントは、広告の見出しにはうってつけですが、履歴書に最適なフォントではありません。履歴書のフォントを選択する際に、「読みやすさ」、「プロフェッショナルなイメージ」、および「洗練されたプレゼンテーション」を心がけます。

Microsoft Word 2010 でフォントを選択する方法の 1 つとして、[ホーム] タブの [フォント] グループをクリックし、[フォント] をクリックしてフォントの種類とサイズを選択します。

著者について

Karen Hofferber 氏は、Certified Professional Resume Writer の資格を持つ、ResumePower.com の上級履歴書ライターです。転職をお考えであれば、 『The Career Change Resume』(Kim Isaacs 氏と Karen Hofferber 氏による共著) をご覧ください。Karen 氏へのお問い合わせは、こちらから ResumePower.com にご連絡ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×