履歴をオフにして空にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

履歴をオフにするには、[履歴オプション] ダイアログ ボックスのチェック ボックスをすべてオフにする必要があります。オプションを 1 つだけオフにしても、履歴はオフにはなりません。

履歴をオフにする

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [初期設定] タブの [履歴オプション] をクリックします。

  3. [履歴を自動記録するアイテム] ボックスの一覧のチェック ボックスをすべてオフにします。

  4. [履歴を自動記録するアプリケーション] ボックスの一覧のチェック ボックスをすべてオフにします。

    [履歴を自動記録する連絡先] ボックスの一覧のチェック ボックスはオフにする必要はありません。

履歴を空にする

履歴を空にするには、履歴項目を削除します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 単一のエントリを削除します。   

    • 目的の履歴項目をクリックして、Del キーを押します。

  • 複数のエントリを削除します。   

    1. [履歴] のナビゲーション ウィンドウで [現在のビュー] の [履歴リスト] をクリックします。すべての履歴項目が表形式で表示されます。

    2. 表で履歴項目のいずれかをクリックして、[編集] メニューの [すべて選択] をクリックするか、または Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

    3. Del キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×