小数点以下の桁数を設定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

頻繁にデータを表示形式を適用する前に、 [表示桁数でオプションを設定して、作業に影響を与えない誤差浮動小数点を防止できます。このオプションでは、ワークシート内のワークシートに表示される有効桁数で番号ごとの値によって強制されます。

注: 表示桁数でオプションを使用して行うことができるデータより不正確な時間の経過累積的な計算効果ことができます。表示の精度でデータの精度を維持することがわかっている場合にのみ、このオプションを使用します。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

    Excel 2007で: Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[ Excel のオプション] をクリックします。

  2. [詳細設定] をクリックし、[このブックを計算する際に、[表示桁数で] チェック ボックスを選択し、し、[ OK] をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

  4. ワークシートで、書式を設定するセルを選択します。

  5. [ホーム] タブで、番号の横にあるダイアログ ボックス起動ツール ボタンの画像 ] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  6. [分類] ボックスの [数値] をクリックします。

  7. [小数点以下の桁数] ボックスに、表示する小数点以下の桁数を入力します。

ヒント: 浮動ポイント算術記憶域不正確さのすべての効果を最小限に抑える、計算に必要な小数点以下の桁数に数値を丸める ROUND 関数を使用することもできます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×