小数点以下の桁数を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

浮動小数点の丸め誤差は、多くの場合、データの表示形式を適用する前に [表示桁数で計算する] オプションを設定することで回避できます。このオプションを選択すると、ワークシート内の各数値に対して、表示上の桁数が強制的に適用されます。

注: [表示桁数で計算する] オプションを使用すると、計算を繰り返していくうちに、データがしだいに不正確になっていく場合があります。このオプションは、表示桁数で計算してもデータの正確さを維持できるという確信がある場合にのみ使用してください。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 ] をクリックし、[ Excel のオプション] をクリックします。

  2. [詳細設定] をクリックし、[次のブックを計算するとき] の [表示桁数で計算する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

  4. ワークシートで、書式を設定するセルを選択します。

  5. [ホーム] タブで、[数値] の横にある ボタン イメージ (ダイアログ ボックス起動ツール) をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  6. [分類] ボックスの [数値] をクリックします。

  7. [小数点以下の桁数] ボックスに、表示させる小数点以下の桁数を入力します。

ヒント: 浮動ポイント算術記憶域不正確さのすべての効果を最小限に抑える、計算に必要な小数点以下の桁数に数値を丸める ROUND 関数を使用することもできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×