スキップしてメイン コンテンツへ
専門家とのケース スタディ共同執筆をすばやく行う

専門家とのケース スタディ共同執筆をすばやく行う

ケース スタディの作成では、ドキュメントの追跡や、関係者への情報の提供や承認の取得に長い時間がかかることがあります。 ドキュメントの保存や共有、チーム メンバーとの共同作業、専門家からのフィードバックや承認の取得を行うことができる 1 つの場所が必要です。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細  

Microsoft Teams を使用すると、管理者とチーム メンバーが既存のドキュメントをアップロードして、誰でも利用できるようにすることができます。 アップロードするファイルは SharePoint に自動的に保存されるため、ケース スタディをリアルタイムで共同編集し、バージョンを管理できます。 

ケース スタディ用のメモを取る場合は、Teams と統合されたデジタル ノートブックの OneNote を使用します。 図やメモを簡単に作成し、それを OCR (光学式文字認識) で自動的にテキストに変換できます。 OneNote は、会議や意見の内容を記録するためにも優れた手段です。 

社内の専門家を Teams チャネルに加えて、意見やアドバイスをもらうための会話を始めることができます。 承認を受ける準備ができたら、@メンションを使用して関係者に確認が必要である旨を知らせたり、ビデオ通話や音声通話で最終的な変更について話し合ったりすることができます。 

Teams にアップロードされたファイルはすべて SharePoint に自動的に保存されるため、リンクを簡単に共有して最終版のケース スタディを配布できます。

ハイライト

  • セキュリティで保護された 1 つの場所に情報をアップロードして、チームでアクセスすることができます。

  • ケース スタディをリアルタイムで共同作成できます。

  • プロジェクトのメモや参考資料を、一元化されたノートブックに保存できます。

詳細情報

自分のチームを立ち上げて稼動させる

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×