封筒を印刷する

封筒を印刷するために重要な点は、プリンターに封筒を送り込む向きを確認しておくことです。 Word は、プリンターから情報を得て、正しい封筒の方向を示すことができます。

  1. [ファイル]、[新規作成]、[白紙の文書] の順にクリックします。

  2. [差し込み文書]、[封筒] の順にクリックします。

    [封筒] オプションが強調表示された [差し込み印刷] タブ

  3. [宛先] ボックスに、住所を入力します。

    封筒の [宛先] ボックス

  4. [差出人住所] ボックスに差出人住所を入力します。

    [差出人住所] ボックス

  5. [封筒の方向] で封筒を読み込み、下の図のように表示されていることを確認します。

    [封筒の方向] の図に封筒をプリンターに挿入する方法が示されます。

    Word は封筒の差し込み方法についてプリンターから情報を得ます。

  6. [印刷] をクリックします。

  7. 差出人住所の保存を求めるメッセージが表示された場合は、[はい] をクリックします。

注: Word には、米国の郵便バーコードの生成の組み込みの機能が含まれていません。

サイズ、フォント、またはレイアウトを変更する

  1. [宛名ラベル作成] ボックスの [封筒] タブで [オプション]、[封筒オプション] の順にクリックします。

  2. 封筒のサイズを変更するには、[封筒サイズ] の横にある矢印を選び、封筒のサイズに一致したものを選びます。

    封筒サイズと住所のフォントを設定するための [封筒オプション] タブ

  3. フォントを変更するには、[宛先] または [差出人住所] の下にある [フォント] をクリックし、必要なフォントを選びます。

  4. 住所の位置を変更するには、[左端から] または [上端から] の横にある上矢印または下矢印をクリックします。[プレビュー] 領域に、新しいレイアウトが表示されます。

封筒の設定を保存して再利用する

後で利用できるようにここで指定したすべての設定を保存することができます。同じボックス ([差し込み印刷]、[封筒]) で、[文書に追加] をクリックします。ドキュメントの 1 ページとして追加された封筒が表示されます。[ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックし、場所を選択して封筒の名前を指定し、[保存] をクリックします。

別の封筒を印刷するときには、わずかな手順で実行できます。

  1. 保存したドキュメントを開きます。

  2. [差し込み文書]、[封筒] の順にクリックします。

  3. 必要な宛先住所を入力し、[文書の変更] をクリックします。

  4. [ファイル]、[印刷] をクリックします。右側のプレビュー領域に封筒が表示されていることを確認します。

  5. [設定] で、[すべてのページを印刷] の横の矢印をクリックし、[現在のページを印刷] をクリックします。

ヒント: 複数の封筒に同じ住所を印刷するには、[部数] ボックスに封筒の数を入力します

アドレス帳の住所を使う

住所を入力する代わりに、コンピューターに保存されている住所を使うことができます。

  1. [差し込み文書]、[封筒]、[アドレス帳] の順にクリックします。

    Word 2013 の [アドレス帳] ボタン

  2. [アドレス帳] の下にあるボタンをクリックし、使用するアドレス帳を選択します。

  3. 目的の名前と住所を選び、[OK] をクリックします。

一覧をスクロールするか名前を検索して、名前と住所を見つけることができます。

複数の宛先への封筒を印刷する

異なる住所の封筒を一括して印刷する場合は、「差し込み印刷とメールの連絡先を使用してラベルまたは封筒を印刷する」を参照してください。

注: Word で作成した POSTNET バーコードは USPS 一括メーリング割引が適用されなくなったため、今後、Word では POSTNET バーコードは生成されません。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×