スキップしてメイン コンテンツへ

封筒の差し込み印刷を行う

手順 1: メーリング リストを設定する

メーリング リストはデータ ソースです。 詳細については、「差し込み印刷に使用できるデータ ソース」を参照してください。

ヒント

  • まだメーリング リストを用意していない場合は、宛名の差し込み時に作成することができます。 アドレス一覧のすべてを収集し、データ ソースに追加します。

  • Excel スプレッドシートを使用している場合は、ゼロを保持するために郵便番号の列をテキストとして書式設定します。 詳細については、「Excel で差し込み印刷の数値、日付、またはその他の値の書式を設定する」を参照してください。

  • Outlook の連絡先を使用する場合、Outlook が既定のメール プログラムであることを確認します。

必要に応じて実際の差し込み印刷を行う前に、何枚か封筒を印刷してみてテストします。

  1. [ファイル]、[新規作成]、[白紙の文書] の順に移動します。

  2. [差し込み文書]、[封筒] の順に移動します。

    封筒を印刷する

  3. [宛先] ボックスに、「サンプルの住所」を入力して、どのように封筒に印刷されるかをテストします。

  4. [差出人住所] ボックスに、お客様の住所を入力します。

    [差出人住所] ボックス

  5. [オプション]、[封筒オプション] の順に選択して、次の操作を行います。

    • 封筒に合うサイズを選択するか、[サイズを指定] を選択してサイズを設定します。

      封筒サイズと住所のフォントを設定するための [封筒オプション] タブ

    • 必要に応じて、[宛先] と [差出人住所] のフォントと左端と上端からのオフセット位置を選択します。

  6. [印刷オプション] タブで、正しい [封筒の置き方] を選択していることを確認し、図に合うように封筒を挿入して、[OK] を選択します。

    封筒をプリンターに給紙するための給紙オプションの図

  7. [印刷] を選択して、[はい] を選択し、既定の住所として差出人住所を保存します。

  1. [差し込み文書]、[差し込み印刷の開始]、[封筒] の順に移動します。

    [差し込み印刷の開始] メニュー

  2. [封筒オプション] ダイアログ ボックスでオプションを確認し、[OK] を選択します。

  3. 差出人住所またはロゴを封筒に追加する場合は、この段階で追加します。

  4. [ファイル]、[保存] の順に選択します。

  1. [差し込み文書]、[受信者の選択] の順に移動します。

    [新しいリストの入力]

  2. データ ソースを選択します。 詳細については、「差し込み印刷に使用できるデータ ソース」を参照してください。

  3. [ファイル]、[保存] の順に選択します。

メーリング リストを編集する必要がある場合は、「差し込み印刷:受信者の編集」を参照してください。

住所ブロックは、封筒の住所を表示する場所に配置する差し込み印刷フィールドです。 どこがわかりやすいかを確認するには、Ctrl + Shift + 8 キーを押して段落のマーク (¶) をオンにします。

  1. 住所ブロックを配置する場所にカーソルを置きます。

  2. [差し込み文書] > [住所ブロック] の順に移動し、形式を選択します。 詳細については、「住所ブロックの挿入」を参照してください。

    [住所ブロック] オプション

  3. [住所ブロックの挿入] ダイアログ ボックスで、封筒に受信者の名前を表示するときの書式を選択します。

  4. 必要に応じて、[次へ 差し込み印刷の [結果のプレビュー] の [次のレコード] ボタン ] または [前へ 差し込み印刷の [結果のプレビュー] の [前のレコード] ボタン ] を選択し、データ ソース内のいくつかのレコードを移動し、それらがどのように見えるかを確認します。

  5. [OK] を選択します。

  6. [ファイル]、[保存] の順に選択し、差し込み印刷文書を保存します。

住所の一部が表示されない場合は、「差し込み印刷:フィールドの対応」を参照して修正します。

封筒を印刷する前に、最終確認を行います。

  1. [次へ 差し込み印刷の [結果のプレビュー] の [次のレコード] ボタン ] または [前へ 差し込み印刷の [結果のプレビュー] の [前のレコード] ボタン ] を選択し、データ ソース内のいくつかのレコードを移動し、それらがどのように見えるかを確認します。

  2. [完了と差し込み]、[文書の印刷] の順に選択します。

    Word の [差し込み文書] タブのスクリーンショット。[完了と差し込み] コマンドとそのオプションが表示されています。

封筒の差し込み印刷文書を保存しても、将来使用できるように、メーリング リストには接続されたままです。

封筒の差し込み印刷文書を再利用するには、文書を開き、Word から接続を維持するかの確認を求められたら、[はい] を選択します。 封筒の差し込み印刷文書の住所を変更するには、文書を開いて、[宛先リストの編集] を選択し、特定の住所の並べ替え、フィルター処理、および選択を行います。

手順 1: メーリング リストを設定する

メーリング リストはデータ ソースです。 詳細については、「差し込み印刷に使用できるデータ ソース」を参照してください。

ヒント: 

  • まだメーリング リストを用意していない場合は、差し込み印刷時に作成することができます。 アドレス一覧のすべてを収集し、データ ソースに追加します。

  • Excel スプレッドシートを使用している場合は、ゼロを保持するために郵便番号の列をテキストとして書式設定します。 詳細については、「Excel で差し込み印刷の数値、日付、またはその他の値の書式を設定する」を参照してください。

  • Outlook の連絡先を使用する場合、Outlook が既定のメール プログラムであることを確認します。

    ヒント: Outlook を既定のメール プログラムにするには、Apple Mail を開き、[メール]、[ユーザー設定] の順に移動します。 [全般] に移動して、Microsoft Outlook を選択します。

  1. [差し込み文書]、[差し込み印刷の開始]、[封筒] の順に移動します。

    [差し込み文書] タブで、[差し込み印刷の開始] リストから [封筒] を選択します

  2. [封筒] ダイアログボックスの [差出人住所] でオプションを選択します。

  3. [封筒] ダイアログ ボックスの [プリント オプション] で [ページ設定] を選択します。

  4. [ページ設定] ダイアログ ボックスの [用紙サイズ] 一覧で、封筒のサイズに一致するオプションを選びます。

    封筒のサイズに合うオプションがない場合は、次の操作を行います。

  5. [ページ設定] ダイアログ ボックスで、[横​​]、[OK] の順に選択します。

  6. [OK] を選択して [封筒] ダイアログ ボックスを閉じます。

  7. [ファイル]、[保存] の順に移動します。

  1. [差し込み文書] タブで、[宛先の選択] を選択します。

    [差し込み文書] タブで [宛先の選択] が強調表示され、オプションが一覧表示されています

  2. データ ソースを選択します。 詳細については、「差し込み印刷に使用できるデータ ソース」を参照してください。

  3. 必要に応じて、受信者リストを編集します。 詳細については、「差し込み印刷:受信者の編集」を参照してください。

  4. [ファイル]、[保存] の順に選択します。

  1. 文書内で、[フィールドをこのボックスへドラッグするか、またはテキストを入力してください。] ボックスを選択し、テキストをクリックまたはタップして削除します。

  2. [差し込み文書]、[差し込みフィールドの挿入] の順に移動し、追加するフィールドを選択します。

    [差し込み文書] タブで [差し込みフィールドの挿入] が強調表示されています

  3. 封筒に印刷するフィールドを追加して書式を設定し、[OK] を選択します。

  1. 封筒の印刷結果がどのようになるかを確認するには、[差し込み文書]、[結果のプレビュー] の順に移動します。

    [差し込み文書] タブで [結果のプレビュー] が強調表示されています

    注: 各封筒をスクロールするには、[差し込み文書] タブで左右の方向キーを使用します。

  2. さらに書式設定を変更するには、[結果のプレビュー] を再び選択し、差し込みフィールドを編集します。

  3. 完了したら、[差し込み文書] タブに移動して [完了と差し込み]、[ドキュメントの印刷] の順に選択し、差し込み印刷を完了します。

    [差し込み文書] タブで [完了と差し込み] と [文書の印刷] が強調表示されています

    ヒント: 印刷前に各封筒を個別に確認して更新するには、[差し込み文書]、[差し込みの完了]、[個々のドキュメントの編集] の順に移動します。 完了したら、[ファイル]、[印刷] の順に移動して封筒を印刷します。

手順 1: メイン文書を用意する

メーリング リストはデータ ソースです。 詳細については、「差し込み印刷に使用できるデータ ソース」を参照してください。

  1. [ファイル]、[新規作成] の順に移動します。

  2. [表示]、[印刷レイアウト] の順に移動します。

  3. [ツール]、[差し込み印刷マネージャー] の順に移動します。

  4. [1. 文書の種類の選択] で[新規作成]、[封筒] の順に選択します。

  5. [差出人住所] ボックスに、お客様の住所を入力します。

  6. [印刷オプション] で、使用する封筒に適した印刷設定が選ばれていることを確認します。

  7. 完了したら [OK] をクリックします。

手順 2:メーリング リストを選ぶ

  1. [ツール]、[差し込み印刷マネージャー] の順に移動します。

  2. [2. 宛先リストの選択] で[リストの取得] を選択してからメーリング リストのソースを選択します。

  3. [3. プレースホルダーの挿入] で、[連絡先] を選びます。

  4. [連絡先] リストのフィールド名を封筒の住所ボックスにドラッグします。

  5. 封筒に印刷するすべてのフィールドについて手順 4 を繰り返します。

  6. メイン文書で、封筒の宛先ボックスを編集して、該当する位置にスペースや改行を追加します。

  7. 封筒の作成を完了するには、次のいずれかの操作を行います。

    • すぐに印刷するには、[差し込み印刷マネージャー] の [6. 差し込み完了] で[プリンターに差し込み[プリンターに差し込み] ボタン 選択します。

    • 保存する文書を作成するには、[差し込み印刷マネージャー] の [6. 差し込み完了] で] で、[新しい文書へ​​差し込み[宛名の​​差し込みの完了] ボタン を選びます。

関連項目

Word の差し込み印刷で、ここで取り上げていない問題について質問がある場合

Word コミュニティ フォーラムに質問を投稿してください

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×