対応付けられた XML データを追加または上書きする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. 対応付けセルをクリックし、目的の XML の対応付けを選択します。

  2. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスのコンポーネントです。

  3. [開発] タブの [XML] で、[対応付けのプロパティ] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  4. [XML の対応付けのプロパティ] ダイアログ ボックスで、次のいずれかのオプションをクリックします。

    1. [既存のデータを新規データで上書きする]    XML データの更新または対応付けへの再インポートを行うと、対応付けられたセル (単一の対応付けセルまたは XML テーブル) の既存のデータが新しいデータで上書きされます。

    2. [既存の XML テーブルに新規データを追加する]    XML データの更新または対応付けへの再インポートを行うと、次のようになります。

      • XML テーブルの場合は、テーブルの末尾に新しいデータが追加されます。

      • 単一の対応付けセルの場合は、現在のデータは上書きされず、データの追加も行われません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×