家庭向け Office 365 の自動更新を有効または無効にする

Office 365 Solo の自動更新を有効にすると、更新日にサブスクリプションに対する請求が行われます。

  1. [サービスとサブスクリプション] ページに移動します。

  2. メッセージが表示されたら、Office 365 サブスクリプションに関連付けられている Microsoft アカウントのメール アドレスとパスワードを入力し、サインインします。

  3. [サービスとサブスクリプション] ページで、Office 365 サブスクリプションを見つけます。

  4. 次の操作のいずれかを行います。

    • [自動更新をオンにする] リンクが表示された場合は、リンクを選んで自動更新を有効にします。

      自動更新をオンにします。
    • [更新] リンクが表示された場合、リンクを選んでサブスクリプションを更新します。この操作でも自動更新が有効になります。

      家庭向け Office 365 サブスクリプションを更新します。
    • 上記のいずれのリンクも表示されず、更新日、または次の料金に関するお知らせが表示されている場合は、自動更新が既に有効になっており、サブスクリプションは表示されている日付に更新されます。

      自動更新はオンになっています。
  5. サブスクリプションの自動更新を設定する画面の指示に従います。

  1. [サービスとサブスクリプション] ページに移動します。

  2. メッセージが表示されたら、Office 365 サブスクリプションに関連付けられている Microsoft アカウントのメール アドレスとパスワードを入力し、サインインします。

  3. [サービスとサブスクリプション] ページで、Office 365 サブスクリプションを見つけます。

  4. 次の操作のいずれかを行います。

    • [自動更新をオフにする] リンクが表示された場合は、リンクを選んで自動更新をオフにします。

      家庭向け Office 365 サブスクリプションの自動更新をオフにするリンクです。
    • [キャンセル] リンクが表示された場合、リンクを選んでサブスクリプションをキャンセルします。未使用期間分の払い戻しを受ける選択肢が提供されることがあります。払い戻しを受けることを選択した場合は、サブスクリプションはすぐに機能制限モードに切り替わります。それ以外の場合は、期限切れになるまでサブスクリプションにアクセスできます。

      家庭用 Office 365 のサブスクリプションをキャンセルするためのリンクです。
    • [自動更新をオンにする] リンクが表示された場合、自動更新は既にオフにされていることを意味します。

      有効期限が近づいているサブスクリプションの、自動更新がオフになっている場合の表示の例です。

  5. 自動更新を無効にする画面の指示に従います。期限切れになるまでサブスクリプションにアクセスできます。

それでも問題が解決されない場合は、サポートにお問い合わせください。

Office 365 のサブスクライバーの場合、アカウントや請求書に関する問題について、サポートに問い合わせて無料のサポートを受けることができます。

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか?役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

関連項目

Office 365 Solo をキャンセルする

Office 365 Solo のサブスクリプションの有効期限を確認する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×