家庭向け Office 365 の更新

ヒント: 一般法人向け Office 365 の管理者の方は、「一般法人向け Office 365 の更新」を参照してください。

家庭向け Office 365 サブスクリプションを更新する方法

更新するためのプロダクト キーをまだ小売店から購入していない場合は、office.com/renew でオンラインで更新するのが最も簡単です。それ以外の場合、プロダクト キーを既にお持ちの場合は、office.com/setup で有効にしてサブスクリプションを更新することができます。

注: Microsoft アカウントに関連付けられるサブスクリプションは 1 つのみです。同じ Microsoft アカウントを使用して複数の Office 365 サブスクリプションを購入または使用する場合は、サブスクリプション期間を延長します (最長 5 年)。ただし、これによって Office をインストールできるデバイスの台数が増えたり、サブスクリプションで利用可能なオンライン ストレージの容量が増加したりするわけではありません。

更新方法以下の選択肢のうちのいずれかを選択します。

Microsoft を通じてオンラインで更新すると、サブスクリプションは以降は自動的に更新されるように設定されます。1 年間分のみ更新する場合は、以下の手順を完了してから自動更新をオフにします。

  1. Office.com/renew にアクセスします。

  2. ページに Office 365 Solo の更新オプションが表示されます。所有しているプランに対して、次のいずれかの手順を実行します。

    Office.com/renew に表示される更新オプションのスクリーンショット。これは例としてのみ示しており、料金は変更される場合があります。

    1 - [今すぐ更新] ボタンをクリックして、Office 365 の 1 年間分の料金を支払います。

    2 - [[x] の月次サブスクリプションで 1 か月ごとに更新する] リンクを選択して、1 か月ごとに料金を支払います。

  3. ショッピング カードを確認し、[購入手続きへ進む] を選びます。

  4. 次のページで、Office 365 で使用している Microsoft アカウントでサインインします。

    Microsoft アカウントのサインイン画面を示すスクリーンショット
  5. 注文を確認し、[サブスクリプションの更新] を選択します。

    ヒント: 記録されている支払い方法の有効期限が切れている場合や、それを変更したい場合には、[変更] を選択します。新しい支払い方法を追加するか、以前に使用した支払い方法を編集します。

  6. [サブスクリプションの管理] を選択し、Office.com/myaccount に移動します。

    注文が確定すると、支払い方法に対してすぐに課金され、選択した期間に応じて、有効期限が 1 か月間または 1 年間延長されます。有効期限の前に自動更新をキャンセルまたはオフにした場合を除き、1 か月間または 1 年間のいずれかが終わったら、サブスクリプションは自動更新され、再度料金が課せられます。自動更新をオンまたはオフにする方法については、こちらを参照してください

  7. 更新した後は、アプリの更新通知をオフにするためにすべての Office アプリを閉じます。

  8. 更新時に問題が発生しましたか? その場合、解決策について、以下の「更新時のトラブルシューティング」セクションを確認するか、Microsoft サポートにご連絡ください

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. 箱入りのパッケージ版またはカードとして入手した場合は、25 文字のプロダクト キーを探します。
    ダウンロード版として入手した場合は、メールで受け取った領収書を探してください。その中にプロダクト キーが記載されています。

    ボックスとカード
  2. Office.com/setup にアクセスします。サインイン画面が表示された場合は、Office 365 サブスクリプションに関連付けられている Microsoft アカウントを使用してサインインします。

  3. キーを入力します。国または地域を選択するときは、現在居住しているか銀行取引を行っている国または地域を選ぶことをお勧めします。

  4. 次の手順で変換プロセスを完了します。

    サブスクリプションが延長され、新しい有効期限の日付が表示されます。サブスクリプションが更新されていることを確認する方法については、以下の「更新の状態を確認する」を参照してください。

  5. 更新した後は、アプリの更新通知をオフにするためにすべての Office アプリを閉じます。

  6. 更新時に問題が発生しましたか? その場合、解決策について、以下の「更新時のトラブルシューティング」セクションを確認するか、Microsoft サポートにご連絡ください

更新の状態を確認する

サブスクリプションを更新した後で次の手順に従うと、サブスクリプションが更新されていることを確認できます。

  1. [個人用 Office アカウント] ページにサインインします。サブスクリプションの更新に使用するものと同じ Microsoft アカウントを必ず使用してください。

  2. 自動更新がオンになっている場合、サブスクリプションが自動的に更新される日付が表示されます。

    [アカウントの管理] セクションで、サブスクリプションの自動更新日を確認できます。
  3. 自動更新がオフになっている場合、サブスクリプションの有効期限が切れる日付が表示されます。

    [個人用 Office アカウント] ページの [アカウントの管理] セクションで、サブスクリプションの有効期限が切れる日時を確認できます。

    ヒント: 自動更新の詳細については、「家庭向け Office 365 の自動更新を有効または無効にする」を参照してください。

更新時のトラブルシューティング

発生した問題をドロップダウン リストから選びます

既に小売店で更新料をお支払いいただいている場合でも、受け取ったプロダクト キーを入力するか、領収書メール内のリンクをクリックしてインストールしないと、Office 365 は更新されません。

領収書のメールが迷惑メールにまぎれていないか確認し、メールの手順に従います。また、上記の「小売店から購入したプロダクト キーを使用する」で説明されている手順に従う必要があります。

Office 365 を更新した後でも、Office アプリの上部に黄色の警告バーで「サブスクリプションを更新する」メッセージが表示される場合があります。

[サブスクリプションの更新] バナーと [購入] ボタン

問題の原因

更新する前、Office 365 サブスクリプションが期限切れに近づいていた。

通知をオフにする方法

サブスクリプションを更新した後、更新のメッセージを削除するため、すべての Office アプリケーションを閉じます。Office 365 サブスクリプションが将来的に期限が切れることを心配したくない場合、自動更新をオンにすることを検討します。

Office 365 を更新した後でも、Office アプリの上部に黄色の警告バーで「サブスクリプションの期限切れ」メッセージが表示される場合があります。

[ライセンスの再認証] ボタンと [サブスクリプションの期限切れ] バナーの例

問題の原因

更新する前、Office 365 サブスクリプションが期限切れになっていた。

通知をオフにする方法

サブスクリプションを更新した後、更新のメッセージを削除するため、すべての Office アプリケーションを閉じます。Office 365 サブスクリプションが将来的に期限が切れることを心配したくない場合、自動更新をオンにすることを検討します。

更新の状態を確認し、サブスクリプションが更新され、現在アクティブであることを確認します。アクティブである場合は、Microsoft サポートにご連絡ください

  1. [サービスとサブスクリプション] ページに移動します。

  2. メッセージが表示されたら、[サインイン] を選び、Office 365 サブスクリプションに関連付けられている Microsoft アカウントのメール アドレスとパスワードを入力します。

  3. Office 365 サブスクリプションの詳細を確認します。

    • [更新日: [date]] と表示される場合、事前に自動更新をオフにしたか、キャンセルした場合を除き、サブスクリプションは表示されている日に自動更新されるように設定されています。

      [更新日] は、[自動更新をオフにする] または [更新] リンクのいずれかの上に表示されます。

      サブスクリプションが自動的に更新される日付。

      サブスクリプションが自動的に更新される日付。

      [次回の課金] 情報には、次回の課金日と支払い金額が表示されます。

    • [有効期限: [date]] と表示される場合、更新しない限り、その日にサブスクリプションの有効期限は切れます。

      このサブスクリプションが期限切れになる日付。

    注: Microsoft サブスクリプションの更新日と課金日については、「Billing help page (請求のヘルプ)」ページの "サブスクリプションの管理" の下にある "課金サイクルとスケジュール" を参照してください。

Office アプリケーションを使用し続けるには、サブスクリプションをもう一度有効にする必要があります。ヘルプについては、「Office 365 アプリケーションを開くとサブスクリプションに関するお知らせが表示される」を参照してください。

Office.com に移動して、Web ブラウザーの Office Online アプリを使用してください。そこから OneDrive にアクセスすることも可能です。 Microsoft サポートにお問い合わせになり、更新エラーのサポートを受けてください。

パスワードを忘れた場合は、サインイン ページで [アカウントにアクセスできない場合] を選択し、再設定の指示に従ってください。 Office 365 で使用したメール アドレスを忘れた場合は、Office.com/setup に移動し、元のプロダクト キー (サブスクリプションをアクティブ化するために使用した 25 文字のキー) を入力すると、ヒントを得ることができます。

更新で使用していない期間が失われることはありません。選択した期間に応じて、有効期限が 1 か月間または 1 年間延長されます。

[サービスとサブスクリプション] ページに移動し、求められたらサインインします。[1 か月ごと] の下の [プランの切り替え] を選択します。

注記: 

  • Office の有効期限が切れていて、Word、Excel、PowerPoint などのアプリを今すぐ使用する必要がある場合は、Office.com で無料のオンライン アプリをご確認ください。

  • サブスクリプションなしに Office 2016 アプリを入手するには、どうすればよいですか? Office 365 のサブスクリプションには、最新の機能更新、今後のバージョンへのアップグレード、継続的な技術サポートなどが含まれます。ただし、サブスクリプション サービスが不要な場合は、1 回限りの購入で Office 2016 をお求めになることもできます。Office 製品を比較して、ご購入ください

それでも問題が解決されない場合は、サポートにお問い合わせください。

Office 365 のサブスクライバーの場合、アカウントや請求書に関する問題について、サポートに問い合わせて無料のサポートを受けることができます。

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか?役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

関連項目

Office 365 Solo または Office 365 サービスのサブスクリプションをキャンセルする

Office 365 と Office 2016 の違い

Office を PC または Mac にインストールする

Office 365 にサインインする場所

Office 365 アプリケーションを開くとサブスクリプションに関するお知らせが表示される

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ
共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×