実際の作業を提出して報告するためのベストプラクティス

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

組織では、さまざまな方法でリソースによって実行される作業を管理する] を選びます。 Microsoft Project Server 2010には、組織の管理のニーズの変化の柔軟性がサポートしています。 一部の組織では、課金、給与、またはその他の財務の目的の実績作業時間が使用されている場合は特に、日常的に記録するためのリソースを送信した作業が必要です。 ユーザーから送信された、実績作業時間を取得するProject Server 2010を使用することができます。 組織によっては、その他のエンタープライズ リソース プランニング (ERP) と、システムのレポートに実績作業時間を転送する] を選びます。 たとえば、組織では、 Project Server 2010を使用して、実績作業時間をキャプチャして内部と外部の顧客への請求会計ツールに実績作業時間を転送することができます。

Project Server では、実際の作業は、複数の方法で取得でき、ユーザーがアクセスして最も便利な方法で表示される、プロジェクトの管理できます。 たとえば、タイムシートにフォーカスがある 1 日 (または期間ごとの) 単位でデータをユーザーが入力した集計、またはスカラー、完了した通話および計画に役立てるタスクの残存作業時間の値にフォーカスがある、Microsoft Project クライアントではします。

この記事では、一連の送信とProject Server 2010の実績作業時間の報告のためのベスト プラクティスについて説明します。

この記事の内容

1. 単一入力モードを使用します。

2. ユーザーによる更新を保護します。

3. 実績作業時間がプロジェクトの計画、レポートのタイム スケール領域のではなく、タイムシートを送信します。

4. 管理用時間カテゴリを使用して、プロジェクトとは無関係の作業を管理します。

5. 発行および予約の種類のフィールドを使用するのではなく、更新するタスクを終了します。

概要

謝辞

1. 単一入力モードを使用します。

Project Server 2010全体で実績作業時間が正しく表示されていることを確認するためのベスト プラクティスが、単一入力モードを使用して、リソースがのみタイムシートビューで実績作業時間を入力します。

単一入力モードをオンにします。

  1. サイド リンク バーで、[設定]、[サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバーの設定] ページで、時間とタスクの管理] セクションで、タイムシートの設定および既定値をクリックします。

  3. 単一入力モード] セクションでは、単一入力モードを有効にする] チェック ボックスを選択します。

組織で単一入力モードを使用している場合は、リソース:タイムシートビューを使用して、実績作業時間のみを入力できるように、[タスク] ビューを完全に非表示に最適な興味のある可能性があります。 ビューの両方が使用できる場合は、ユーザーは、いずれかのビューで実績作業時間を入力することができ、両方のビューにデータを保存します。 組織がドライブ課金または給与、タイムシートからのデータを抽出する場合などのベスト プラクティスにタイムシートビューで実績作業時間を入力するユーザーのみを許可できます。 これにより、正しく上書きしていない場合は、ユーザーが、実績作業時間をタスクビューに入力することも、実績作業時間に対して発生する可能性が減少します。

数量単価型リソースがあるかどうかは、ベスト プラクティスに例外でです。 数量単価型リソースに関する割り当て所有者は、タスクビューを使用して、その数量単価型リソースの時間を入力する必要があります。 組織に割り当て所有者数量単価型リソースの時間を記録する場合は、タスクビューを表示しておくし、ユーザーのみタイムシートビューで、割り当ての実績作業時間を入力するように指示されます。

[タスク] ビューを非表示には。

  1. サイド リンク バーで、[設定]、[サーバー設定] をクリックします。

  2. サーバー設定] ページの [外観] セクションで、[サイド リンク バー] をクリックします。

  3. [設定] メニューの [アイテムの詳細については、[] 列で、タスクビュー] をクリックします。

  4. サイド リンク バーでリンクを表示する] ボックスの一覧で、[いいえ] をクリックし、[ OK] をクリックします。

組織で単一入力モードが有効になっているときに考慮するいくつかの重要な注意事項があります。 ユーザーのタイムシートに、特定の課題の行が含まれているとしてみようされ、その割り当てが削除されます。 次に、ユーザーが、そのタイムシートを開いたときの行を削除した、割り当てに関連する、削除されるによっては、次の条件。

  • 線にユーザーのエントリが含まれていない場合は削除されます。

  • ユーザーの更新プログラムが保護されていない、行が承認された実績作業時間が含まれている場合は削除されます。

  • ユーザーによる更新の保護されていても、行が承認された実績作業時間が含まれている場合は、タイムシートの行が残ります。 ただし、承認されたタイムシートを取り消す]、[行が削除されます。

  • 行に、タイムシートに入力されているが、承認待ちの実績作業時間が含まれている場合、行を削除すると、ユーザーの更新プログラムが保護されている場合でもします。

プロジェクト管理者を削除するときに、注意を使用して、または変更または削除する前に確認を見て確認実績作業時間を送信するすべての割り当てを変更します。 これにより、有効なユーザーが入力したデータが失われたがないことを確認します。 割り当て明示的または暗黙的には、以下のいずれかの。

  • プロジェクト マネージャーは、明示的には、保留中の実績作業時間に更新しているすべての割り当てを削除します。

  • 課題を含むプロジェクト計画は、アーカイブから復元されます。

  • 課題を含むプロジェクト計画は削除されます。

  • 機能を使用して、名前を付けて保存Microsoft Project 2010課題を含むプロジェクト計画が上書きされます。

ページの先頭へ

2. ユーザーによる更新を保護します。

組織によっては、プロジェクト マネージャーがプロジェクト内のチーム メンバーの実績作業時間を更新するを防ぐことができます。

注:  プロジェクト マネージャーは、リソースの実績作業時間をタイムシートに記録を更新することはできません。

組織は、リソースが入力した、タイムシートの実績作業時間の値を維持し、値がプロジェクト計画に反映されるようにする場合、最善の方法は、ユーザーの更新プログラムを保護するProject Server 2010の機能をオンにします。

ユーザーを保護するには、次のように更新されます。

  1. サイド リンク バーで、[設定]、[サーバー設定] をクリックします。

  2. [サーバーの設定] ページで、時間とタスクの管理] セクションで、タスクの設定と表示をクリックします。

  3. ユーザーによる更新の保護] セクションで、[タスク] および [タイムシートからタスクの更新プログラムのみを許可する] チェック ボックスを選択します。

ユーザーによる更新を保護したときに正確にどのようなユーザーが入力した作業の時間配分のタイムシートを常に維持し、タイムシートやプロジェクト計画のスカラー値は、一貫性のあるは常にします。 ただし、スカラー値のタイム スケール領域の配布をプロジェクト計画に少し異なる今後の作業の計画と実績作業時間の履歴値のないメンテナンス向けとそれとがあります。 スケジュール エンジンによってタイム スケール領域に、プランの一貫性を維持する実績作業時間を調整できます。

ページの先頭へ

3. 実績作業時間がプロジェクトの計画、レポートのタイム スケール領域のではなく、タイムシートを送信します。

Project 2010クライアント (プロジェクト計画) またはタイムシートを使用して、実績作業時間を取得できます。 ただし、多くのユーザーのみをキャプチャ リソースから直接実績作業時間、タイムシートを使用しても前述のように実際の更新を保護する場合は特にします。 タイムシートを使用して、毎日または毎週の実績作業時間の送信を追跡する場合は、最善の方法では、外部 ERP と同期するときに、タイムシートでキャプチャして、システムのレポートには、実績作業時間を直接を報告します。 タイムシートのデータが具体的には、プロジェクト計画の条件を変更した場合でも、ユーザー入力に基づいて、歴史的合字および期間ごとの精度を確実に表示されます。

プロジェクト計画、コスト単価に基づくコストなどで多くの計算が行われるときにこれら簡単に複製できますタイムシートのデータを含む。 プロジェクトの計画では、計画 (分析手法と達成額の計算) 今後の作業に重点を置いたと実績作業時間のデータ (とその他のスケジュール データ) をその一方で、表示します。 このため、あります、タイムシートのユーザーが入力した値が正確に一致しない値と一致、同じプロジェクト計画の特定の日にします。 ただし、全体の集計スカラー、割り当ての値なります一貫性のあるプロジェクトの計画とタイムシートの保護された実績作業時間が有効にするとします。

タイムシートから実績作業時間の送信、報告するは場合に、リソースが再割り当てや自分のタスクに割り当てるが求められますが重要です。 すべての割り当ては必要があるプロジェクト マネージャーやリソース マネージャーに移動します。 これにより、実績作業時間のデータの処理が正しいことを確認します。

Microsoft Project Web Appに BI センターは、レポート データベース (SQL) と Analysis Services (OLAP) を利用できるレポート テンプレートを提供します。 これらのテンプレートに役立つ、タイムシートのデータ ストアに対してレポートを作成します。

ページの先頭へ

4. 管理用時間カテゴリを使用して、プロジェクトとは無関係の作業を管理します。

一部の組織では、管理作業は、または非プロジェクト作業の追跡が必要です。 管理者の活動の例では、病欠、休暇、およびカスタマー サポート、システムの保守、会議などの繰り返しのアクティビティを作業に関連する含まれます。 管理用時間カテゴリを使用して、これらの活動を追跡することをお勧めします。 これらのカテゴリに必要な最低限の保守と対応する OLAP キューブからのデータの分析レポートの生成に時間が、これらのカテゴリでキャプチャを使用することができます。

管理用時間カテゴリは、組織のニーズを満たしていない管理作業をトラッキングするプロジェクトを使用する場合は、プロジェクトの所有者は方が効率的なプロジェクトの以下のガイドラインに従う必要があります。

  • 100 未満のリソースをプロジェクト計画に割り当てられたリソースの数を制限します。

  • 四半期ごと、または半年単位で管理作業をトラッキングするプロジェクト計画の期間を制限します。

  • タスクを保持するプロジェクト計画に単位数固定のタスクの種類と、自動的にスケジュールします。

  • 行内のタイムシート期間のプロジェクト計画のスケジュールを保持します。

ページの先頭へ

5. 発行および予約の種類のフィールドを使用するのではなく、更新するタスクを終了します。

プロジェクト マネージャー、発行および予約の種類] フィールド役に立つ制御タスクとリソースの表示にします。 [発行] フィールドは、 Project Web App] に表示されるタスクを制御するために使用でき、リソースの計画プロセス中に表示するリソースを制御するため、予約の種類のフィールドを使用できます。 ただし、これらのフィールドが事前の計画プロセスの一部であるもあります。 特定のタスクに時間を記録するユーザーの機能を制限するため、設計されていません。 場合は、発行および予約の種類] フィールドが正しく使用される、ユーザーのタイムシートまたはタスクの状態からのタスク エントリが削除されたがあります。 これは、機能は、タスク エントリが削除された送信した時間が失われる場合がありますので、特に重要です。

さらに時間を送信しないように、特定のタスクを終了する場合は、 Project Server 2010で更新するには、[タスクの終了オプションを使用することができます。

ページの先頭へ

まとめ

組織では、実績作業時間] で他の ERP やレポートのシステムと共にProject Server 2010キャプチャを使用している場合は、この記事で説明したガイドラインに従ってくださいに最適な興味で開かれます。

  • 単一入力モードを使用します。

  • ユーザーによる更新を保護します。

  • 使用してプロジェクトの計画、レポートのタイム スケール領域のではなく、タイムシートの実績作業時間を送信します。

  • 管理用時間カテゴリを使用して、プロジェクトとは無関係の作業を管理します。

  • タスクの更新プログラムの場合は、発行および予約の種類のフィールドを使用するのではなく、

それらのベスト プラクティスに従うと、組織のリソースのタイムシートに入力された実績作業時間のデータの精度の範囲を保持する作業しています。

ページの先頭へ

謝辞

Project Server コンテンツ発行チームは、次の作成者には、この記事をありがとうございました。

  • Bobby 火傷、プログラム マネージャー II、プロジェクト/Project Server

  • Aik チェン シニア サポート エスカレーション チームのメンバー プロジェクト/Project Server

  • ミススペルした Fiessinger、上級テクニカル製品マネージャー、プロジェクト/Project Server

  • ヘザー O'Cull シニア プログラム マネージャー潜在顧客、プロジェクト/Project Server

  • Keshav Puttaswamy、プリンシパル グループ プログラム マネージャー、プロジェクト/Project Server

  • Matt Roe、プログラム Manager] で、プロジェクト/Project Server

  • Saurabh Sanghvi、プログラム Manager] で、プロジェクト/Project Server

  • Eli シェルドン、プログラム Manager] で、プロジェクト/Project Server

  • 佐元さん Smith シニア サポート エスカレーション チームのメンバー プロジェクト/Project Server

  • Eric Zenz、シニア プログラム マネージャー潜在顧客、プロジェクト/Project Server

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×