スキップしてメイン コンテンツへ

定期タスクを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

日のすべてのいくつかまたはすべての月に行われるタスクがある場合、いずれかの通常のスケジュール、実際に: プロジェクトを使用して、1 回設定の種類がのみに定期タスクでは、名前を付けて作成できます。

注:  繰り返しのタスクを定期的に表示されていない場合はごとに個別のタスクを作成する必要があります。

定期的なタスクを作成します。

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. [行の下にある定期的なタスクを表示する場所を選択します。

  3. [タスク] をクリックして、一番下の [タスク] ボタンをクリックし、[定期タスク] をクリックします。

    定期タスクのコマンド イメージ

  4. タスク名] ボックスに、定期タスクの名前を入力します。

  5. [期間] ボックスで、各出現したタスクの期間を追加します。

  6. 定期的なパターン] セクションで、毎日毎週毎月、または年間をクリックします。

    これらのオプションの右側にある領域のタスクの繰り返しの頻度を微調整することができます。 たとえば、毎週火曜日と木曜日、繰り返されるタスクまたは週次の 3 つの繰り返しを作成できます。

  7. 開始する] ボックスに、開始日を追加し、[繰り返しの作業が終了するタイミングを決定します。

    • 反復回数後] を選択して、タスクの繰り返し回数を入力します。

    • [終了] を選択し、定期的なタスクを終了する日付を入力します。

  8. 定期タスクをプロジェクトの残りの別の予定表がある場合は、[予定表のリストがのみからアイテムを選択します。

    たとえば、プロジェクトの残りの部分は、営業時間帯で行われる処理中に、夜間中に、定期タスクに発生します。

  9. プロジェクト リソースが作業を利用しているときに発生しない場合でも、定期タスクをスケジュールする場合は、リソース カレンダーを無視してスケジュールを確認します。

定期的なタスクの詳細情報

定期アラーム

本格的な繰り返しの作業ではなくを定期的に確認を必要がある場合は、ゼロに定期的なタスクの期間を設定します。 つまり、定期タスクをマイルス トーンを作成します。

定期タスクを検索します。

定期タスクを作成するとプロジェクトに自動的に、タスク Id 番号が再して定期的なタスクを示すマーク 定期タスク マーク インジケーター インジケーターの列見出し 列します。

定期タスクにリソースを割り当てる

定期タスクのインスタンスごとにリソースを割り当てる場合は、のみサマリー定期タスクに割り当てる必要があります。 プロジェクトは、各インスタンスに自動的にそのリソースを割り当てます。 詳細については、タスクにリソースの割り当てを参照してください。

定期タスクのレベル

Project では、最も優先度を分割または遅れたりに割り当てられているリソースが平準ときに、しないことを意味定期タスクを示します。

プロジェクトで作業するユーザーを均等に作業を分散する高度なプロジェクト管理の概念は、リソースの平準化します。 詳細については、レベルのリソースの割り当てを参照してください。

ページの先頭へ

詳細情報

新しいタスクを追加する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×