完全に信頼されたフォーム テンプレートを発行する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事では、Microsoft Office InfoPath 発行ウィザードを使って完全に信頼されたフォーム テンプレートを発行する方法について説明します。

この記事の内容

概要

始める前に

共有ネットワーク上の場所にデジタル署名されたフォーム テンプレートを発行します。

Visual Studio と発行ウィザードを使用して、インストール ファイルを作成するには

概要

ユーザーのコンピューターのシステム リソースを完全に信頼されたフォーム テンプレートに基づくフォームにアクセスできます。たとえば、在庫目的のユーザーのコンピューターのハード ディスクのサイズを確認するフォームをフォーム テンプレートをデザインすることができます。フォーム、オペレーティング システムからこの情報を取得するために、完全に信頼されたフォーム テンプレートをデザインする必要があります。

ユーザーのコンピューターのシステム リソースにアクセスするのには、フォーム、フォーム テンプレートを信頼できる証明機関からの証明書でデジタル署名し、共有ネットワーク上の場所に、[発行する必要があります。[フォーム テンプレートを電子メールで送信または共有ネットワークの場所からフォーム テンプレートに基づくフォームを開き、ユーザーがいることがことができます。

セキュリティ メモ: 信頼できる発行元からのメッセージを電子メールに添付ファイルのみ開くようユーザーに通知します。

Microsoft Office Outlook 2007を持つユーザーが電子メール メッセージを開くときに、電子メール メッセージの本文に直接フォームに入力することができます。以前のバージョンの Outlook やその他の電子メール アプリケーションでは、フォームと添付ファイルとして基にしたフォーム テンプレートの両方を含む電子メール メッセージを受信します。これらのユーザーは、最初に、自分のコンピューターに、フォーム テンプレートをインストールするフォーム テンプレートの添付ファイルを開く必要があります。[フォームの添付ファイルは、場所を入力することが、InfoPath でフォームが開きますが開くことができます。

会社に発行し、証明書を管理するためのインフラストラクチャがいない場合は、各ユーザーのコンピューターにインストールする必要がありますフォーム テンプレートを発行することができます。管理者またはユーザーのコンピューターの適切なユーザー権限を持つことができます、インストール ファイルをコピーし、フォーム テンプレートをインストールします。

インストール可能なフォーム テンプレートを作成するには、Microsoft Visual Studio .NET 2003、またはコンピューターにインストールされている Microsoft Visual Studio 2005 を必要があります。発行ウィザードを使用して、フォーム テンプレートをユーザーのコンピューターにインストールできるインストール ファイルを作成するしことができます。

フォーム テンプレートを発行は、フォーム テンプレートを保存すると同じではできません。フォーム テンプレートを発行するときに、発行ウィザードは、発行場所とユーザーは、このフォーム テンプレートに基づくフォームを開くことができるように、フォーム テンプレートの指示の処理を追加します。フォーム テンプレートを保存すると、コンピューターにファイルを保存する場合と同様、フォーム テンプレートのコピーを保存すます。フォーム テンプレートのユーザーが入力で使用できるようにするには、必ず発行ウィザードを使用する必要があります。

ページの先頭へ

始める前に

フォーム テンプレートを発行する前に、次の必要があります。

  • インストール可能ファイルを作成するには、Visual Studio .NET 2003 または Visual Studio 2005 がコンピューターにインストールする必要があります。

  • 電子メール メッセージにデジタル署名されたフォーム テンプレートを配布する場合は、お使いのコンピューターにインストールされているOffice Outlook 2007を必要があります。

  • インストール可能ファイルを作成する場合は、インストール ファイルを実行するユーザーが自分のコンピューターに管理者権限があることを確認します。

ページの先頭へ

共有ネットワーク上の場所にデジタル署名されたフォーム テンプレートを発行します。

注: この手順では、証明機関から証明書でデジタル署名されたフォーム テンプレートがあると仮定します。「参照」セクションで、デジタル署名に関する詳細情報へのリンクを検索します。

  1. [ファイル] メニューの [発行を] をクリックします。

  2. 発行ウィザードネットワーク上の場所に、クリックして [次へ] をクリックします。

  3. ウィザードの次のページで [参照] をクリックします。

  4. [参照] ダイアログ ボックスでは、フォーム テンプレートを発行し、[ OK] をクリックする場所の共有ネットワーク フォルダーを参照します。

  5. フォーム テンプレートの名前] ボックスで、フォーム テンプレートの名前を入力し、[次へ] をクリックします。

  6. Web ページ内のリンクなど、ファイルの取得にアクセスできる場所の代替パスがある場合は、ウィザードの次のページで、ボックスにその代替パスを入力します。場合は、[次へ] をクリックします。

  7. ウィザードの次のページに表示される情報が正しいことを確認し、[発行] をクリックします。

  8. ユーザーにフォーム、フォーム テンプレートと電子メール メッセージを送信するのには、電子メールの受信者にフォームを送信する] チェック ボックスをオンを選択し、[閉じる] をクリックします。

    入力して、ユーザーに送信するメッセージの本文にフォームを使用した電子メール メッセージが開きます。Microsoft Office Outlook 2007があるユーザーは、電子メール メッセージを開いたときにフォームに入力できます。以前のバージョンの Outlook またはその他の電子メール アプリケーションを持つユーザー フォームと、フォーム テンプレートが添付された電子メール メッセージが表示されます。ユーザーが自分のコンピューターで、フォーム テンプレートをインストールするフォーム テンプレートの添付ファイルを開くことができます。ユーザーは、フォームの添付ファイルを開くし、InfoPath でフォームに入力します。

    ヒント: 電子メール メッセージの [概要] ボックスにユーザーが信頼できる送信者からの電子メール メッセージに添付ファイルのみ開くアラームを入力します。

ページの先頭へ

Visual Studio と発行ウィザードを使用して、インストール ファイルを作成するには

  1. [ファイル] メニューの [発行を] をクリックします。

  2. 発行ウィザードでは、インストール可能なフォーム テンプレート (Microsoft Visual Studio が必要) として、をクリックし、[次へ] をクリックします。

  3. [会社名] ボックスで、会社の名前を入力、言語を選択するインストール ウィザードは言語の一覧で使用し、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページで [参照] をクリックします。

  5. [参照] ダイアログ ボックスでは、インストール ファイルを発行し、[ OK] をクリックする場所の共有ネットワーク フォルダーを参照します。

  6. [次へ] をクリックします。

  7. ウィザードの次のページで、[発行を] をクリックします。

フォーム テンプレートを発行した後に管理者またはユーザー管理者権限を持つことができますインストールして、ユーザーのコンピューターからインストール ファイルを実行して、フォーム テンプレートを登録します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×