スキップしてメイン コンテンツへ
学生との豊富なやりとりでクラスをリモートで先導する

学生との豊富なやりとりでクラスをリモートで先導する

最近、教師はどこからでも生徒を指導できますが、生徒が興味を失うリスクがあります。 授業計画を伝達し、生徒が教師や他の生徒とリアルタイムでやり取りできるようにして、より豊かな学習体験を提供する方法が必要です。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細  

Microsoft Teams で仮想教室を作成して、リモートで教えるときに生徒が興味を持ち続けるようにできます。 各コースにチャネルを設定し、生徒を招待します。 ビデオ会議または音声会議を使用して、ライブで授業を行います。 生徒はチャットを通じて質問したり、@メンションを使用して教師や他の生徒から助けを求めたりすることができます。 生徒がクラスを欠席したり、別のタイムゾーンにいてリアルタイムに参加できない場合に備えて、授業を記録して保存できます。 

カリキュラム全体をクラス チャネルに追加します。 [ファイル] タブを使用して、授業計画、クイズ、テストのスコアを編成し、生徒がいつでも資料を参照できるようにします。

ハイライト

  • 仮想教室を作成して、どこからでも生徒を教えます。

  • チャット、音声、またはビデオ通話を使用して授業計画を話し合います。

  • カリキュラムを編成し、ビデオ授業をローカルまたはグローバルに学生と共有します。

詳細情報

Microsoft Teams

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×