存在しないか、復元する方法を削除または SharePoint Online と OneDrive for Business のアイテムが破損しています。

存在しないか、復元する方法を削除または SharePoint Online と OneDrive for Business のアイテムが破損しています。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: この記事は、以前の OneDrive for Business 同期クライアント (groove.exe).のみが対象です。 ほとんどの場合は、代わりに新しい OneDrive 同期クライアント (onedrive.exe) をお使いいただくことをお勧めします。 どの OneDrive アプリですか?

問題


SharePoint Online または OneDrive for Business で、1 つ以上の問題は、次のシナリオが発生します。

  • シナリオ 1: 見つからないファイル、フォルダー、またはリストまたはライブラリからアイテム。

  • シナリオ 2: ファイルまたはフォルダーを削除して、にそれを復元します。

  • シナリオ 3: ライブラリに開くことができないファイルの破損しているバージョンが含まれているし、作業中のファイルのバージョンを復元します。

解決方法

状況に応じて、次のいずれかを使用します。

解決策の 1 と 2 のシナリオ

  1. アイテムが移動または削除するかどうかを確認するのにには、Office 365 の保護センターまたは監査ログ レポートを使用します。

    1. 詳細については、Office 365 の保護センター、監査ログが、Office 365 の保護センターで検索を参照してください。

    2. SharePoint の監査ログの詳細については、サイト コレクションの監査設定の構成を参照してください。

    3. サイト コレクションの監査ログ レポートを表示するには、次の手順に従います。

      1. OneDrive for Business ライブラリまたはサイト コレクションで、[サイトの設定] ページを参照します。

      2. サイト コレクションのルートにする場合は、[サイト コレクションの管理トップ レベルのサイトの設定] に移動をクリックします。

      3. [サイト コレクションの管理] セクションで、[監査ログ レポート] を選びます。

      4. [監査レポートの表示] ページで、削除など、必要なレポートを選択します。

      5. 入力するか、レポートを保存し、[ OK] をクリックする場所まで移動します。

      6. [操作は正常に完了しました] ページで、[ここをクリックしてレポートを表示するリンクをクリックします。

  2. 影響を受けるサイト コレクションの第 1 レベルまたは済みのごみ箱のアイテムがのかどうかを確認してください。 詳細については、削除済みのサイト コレクションのごみ箱からアイテムを復元するを参照してください。

  3. 見つからない場合、アイテムのごみ箱、外出先での OneDrive for Business の同期クライアントを使っている場合、手順 3 に、ファイルまたはフォルダーをローカル コンピューター上のコピーがあるかどうかを確認します。 詳細については、 Windows の OneDrive の同期クライアントを使ってファイルを同期するを参照してください。

  4. 手順 1 ~ 3 で問題が解決しない場合は、サポートに問い合わせてください。 出席依頼を開くと、問題について説明するためにできるだけ詳細として提供されます。 詳細については、ビジネス用連絡先 Office 365 サポートを参照してください。 出席依頼には、次の情報を含めます。

    • 影響を受けるサイト コレクションまたはライブラリの完全な URL です。

      例: https://contoso.sharepoint.com/sites/<SiteCollectionName>/Shared%20Documents

    • 影響を受ける項目のいくつかの名前。 ファイルのファイル名拡張子が含まれます。

    • アイテムと思われる日付と時刻の最終破損前の状態にします。

シナリオ 3 の解決策

既存のファイルからの影響を受けるファイルの以前のバージョンを復元します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Office 365 ポータルにサインインします。

  2. 影響を受けるファイルが含まれているライブラリに移動します。

  3. [ファイル] の横にある省略記号 (…)] をクリックし、[バージョン履歴] をクリックします。 

    メモ:ビジネス ビューの従来の OneDrive を使っている場合は、ファイルの横にある省略記号をクリックし、プレビュー ウィンドウで、省略記号をクリックし、[バージョン履歴] をクリックします。

  4. 以前のバージョンの日付のドロップダウン矢印をクリックして、復元するには、をクリックし、[ OK] をクリックします。

    これで問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

  5. OneDrive for Business の同期クライアントを使っている場合は、ファイルまたはフォルダーをローカル コンピューター上の作業コピーがあるかどうかを確認します。 詳細については、 Windows の OneDrive の同期クライアントを使ってファイルを同期するを参照してください。

  6. 手順 1 ~ 5 で問題が解決しない場合は、サポートに問い合わせてください。 出席依頼を開くと、問題について説明するためにできるだけ詳細として提供されます。 詳細については、ビジネス用連絡先 Office 365 サポートを参照してください。 出席依頼には、次の情報を含めます。

    • 影響を受けるサイト コレクションまたはライブラリの完全な URL です。

      例: https://contoso.sharepoint.com/sites/<SiteCollectionName>/Shared%20Documents

    • 影響を受ける項目のいくつかの名前。 ファイルのファイル名拡張子が含まれます。

    • 日付と時刻、ファイルと思われる場合は、正常な状態では最後しました。

詳細情報

詳細については、次の Microsoft の web サイトを参照してください。


ヘルプが必要ですか。 Microsoft コミュニティに移動します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×