契約依頼を承認または拒否する

契約依頼を承認または拒否する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクト マネージャーが契約依頼を送信した後、リソース マネージャーは Project Online または Project Server 2016 で依頼を確認し、正しいアクションを決定する必要があります。

[リソース センター] で、管理するリソースを選択し、[リソース]、[リソース要求] の順にクリックし、プロジェクト マネージャーが送信した内容を確認します。

[リソース] タブの [リソース要求] を選ぶ

[提案] としてマークされている依頼を探し、次の操作を行います。

  • 問題がない場合は、そのまま依頼を承諾する。   依頼のチェック ボックスをオンにし、[契約]、[承認] の順にクリックします。これにより、依頼は本予約としてマークされ、プロジェクト マネージャーが依頼に合うタスクにリソースを割り当てることが承認されます。

    [契約] タブの [同意する] を選びます

  • 依頼を一部変更してから承認する。   要求されたリソースを別のリソースに交換するなど、依頼の詳細を変更することができます。プロジェクト マネージャーが、ソフトウェア エンジニアなどの標準リソースを要求した場合、その作業を行うことができる役割を持つ別の人物などに、リソースを交換することができます。

    [契約] タブの [契約の編集] を選びます

    [リソース要求] ページで、[リソース名]、[本予約単位数]、[本予約開始]、または [本予約終了] を変更できます。変更を加えた後、[契約]、[承認] の順にクリックします。これにより、変更がプロジェクト マネージャーに送信されます。プロジェクト マネージャーは提案を選択して実行したり、追加の変更を加えて依頼を再送信したりできます。

  • 依頼を拒否する。   依頼を受け入れられない場合、およびプロジェクト マネージャーへの変更の提案もオプションではない場合は、単に依頼を却下できます。依頼のチェック ボックスをオンにし、[契約]、[却下] の順にクリックします。プロジェクト マネージャーは依頼が却下されたのを確認した後、変更を加えたり、依頼を再送信したりできます。依頼を却下する必要がある場合は、いくつかコメントを加えたり、プロジェクト マネージャーとその理由を協議し、必要なリソースが適切に解決されるように考慮します。

確認すべき事項

契約が受け入れられるかわからない場合は、キャパシティ プランニング ビューを使用して、空き時間情報、作業、割り当て、契約の詳細などを確認できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×