失くしたノートを見つける

見つからない OneNote のノートがあっても、失くしたとは限りません。いくつかの場所を探せば、ノートが見つかる可能性があります。ノートを見つけるための便利な方法をいくつか紹介します。

注: 

  • 気づきにくいですが、Windows 10 が実行されているコンピューターでは、2 種類のバージョンの OneNote があります。デスクトップ アプリの OneNote 2016 と、Windows 10 と深く統合されている OneNote です。後者のバージョンはシンプルに OneNote と呼ばれています。次の手順に従う前に、OneNote 2016 を開始して、探しているノートがないかを確認してください。

  • 必要に応じて、OneNote の既定のバージョンを変更することができます。

手順 1: 検索機能を使う

OneNote で何かを探すのに最も簡単ですばやい方法は、検索機能を使うことです。OneNote では、テキスト内の語句、手書き、画像、さらには音声録音やビデオ録画まで検索できます。

  1. 右上隅の検索ボックスで、虫眼鏡アイコンの右側にある矢印を選んで、表示される一覧から [すべてのノートブック] を選びます。

    注: キーボード ショートカットを使用したい場合は、Ctrl + E を押して、検索の範囲をすべてのノートブックに広げます。

  2. 検索ボックスにキーワードまたは語句を入力します。

    [検索] を使って OneNote のどこかにあるノートを探します。

  3. 入力すると、検索する単語や語句に一致する結果のページが返されます。 検索結果を選ぶと、一致するノートが表示されます。

  4. 検索が終了したら、Esc キーを押します。

オーディオ クリップやビデオ クリップ内の言葉を検索する

オーディオ検索機能を有効にしている場合、OneNote は、オーディオ録音やビデオ録画内の話し言葉を認識できます。このオプションを有効にすると検索の速度が低下するので、既定では無効になっています。

オーディオ検索を有効にするには、次の操作を実行します。

  1. [ファイル]、[オプション]、[オーディオおよびビデオ] の順に選びます。

  2. [オーディオ検索] の下にある [オーディオやビデオに対する語句検索を有効にする] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

手順 2: 閉じたノートブックをもう一度開く

ノートが以前閉じたノートブックに格納されている場合は、そのノートブックをもう一度開いて、それらのノートが検索に含まれるようにする必要があります。

  1. [ファイル]、[開く] の順に選びます。

  2. [最近使用したノートブック] で、開きたいノートブックを選びます。

  3. もう一度開いたノートブックの各セクション、各ページを調べるか、別のノートブック検索を行います。

手順 3: クイック ノート セクションを確認する

前のバージョンから OneNote 2016 にアップグレードした場合、一部のノートがクイック ノートと呼ばれる特別なセクションに集められていることがあります。OneNote 2013 より前のバージョンでは、落書きノートと呼ばれていたセクションです。どちらの場合も、既定のノートブックにそのようなセクションが存在するかどうかを確認してください。

  1. リボンの左下に示された現在のノートブックの名前をクリックして、ノートブック ウィンドウを開きます (ノートブック ウィンドウを画面にドッキングしている場合は、この手順をスキップします)。

  2. ノートブック ウィンドウの一番下で、[クイック ノート] を選びます。

  3. [クイック ノート] セクションで、上部にあるセクション タブ、または右側にあるページ タブを選んで、OneNote がここに集めたノートを確認します。

注: 通常、クイック ノート セクションに格納されたランダム ノートは、すべてのノートブック検索に含められます。 ただし、このセクションを別のノートブックに移動していて、それ以降そのノートブックが開かれていない場合は、検索結果に含まれません。

手順 4: 共有ノートブックを手動で同期する

OneDrive に保存されている共有ノートブックを使っている場合、OneNote でそれらの共有の場所が適切に同期されないことがあります。 共有ノートブックを手動で同期すると、問題がないかどうかを判断できます。

  1. 失くしたノートが含まれていると思われる共有ノートブックを開きます。

  2. [ファイル]、[同期状態の表示] の順に選びます。

  3. [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで [変更があったときに自動的に同期する] オプションが選ばれていることを確認します。

  4. [すべて同期] を選びます。

リスト内のいずれかの共有ノートブックについてのエラー メッセージが表示された場合は、横にある [ヘルプの表示] をクリックして、問題のトラブルシューティングを行います。同期エラーを解決しない限り、他の人がその共有ノートブックに追加したノートも、自分自身が他のコンピューターやデバイスから追加したノートも、見ることができません。

手順 5: 自分の OneDrive フォルダーを確認する

ノートが OneDrive にある可能性があるが、OneNote で検索しても見つからない場合は、OneNote を使わずに、OneDrive フォルダーで直接探してみてください。

  1. OneDrive のホーム ページから、または Windows 10 用の OneDrive アプリを使って、OneDrive アカウントにサインインします。

  2. ドキュメント フォルダーを参照して、ノート、ドキュメント、その他のファイルを開き、探している情報を検索します。 ノートが OneNote ではなく他の文書やファイルに含まれている場合のために、それらの場所もチェックします。

手順 6: ノートブックのごみ箱を確認する

以上のステップをすべて行ってもまだノートが見つからない場合は、自分かノートブックにアクセスできる他のユーザーが、ノートを削除した可能性があります。 そのような場合でも OneNote では、共有ノートブックから削除されたノートが自動的に一定期間保存されるため、それらの回復を試すことができます。

  1. 失くしたノートが含まれていると思われる共有ノートブックを開きます。

  2. [履歴]、[ノートブックのごみ箱]、[ノートブックのごみ箱] の順に選びます。

削除されたノートがここで見つかった場合は、ページを目的の場所に戻すと回復できます。

  1. 回復したいページのタブを右クリックして、[移動またはコピー] を選びます。

  2. [ページの移動またはコピー] ダイアログ ボックスで、ページを移動するノートブック セクションを選んで、[移動] を選びます。ページを別のノートブックのセクションに移動する場合は、まずリストでこのノートブックの横にある [+] (正符号) をクリックして、その中のセクションを選びます。

  3. ノートブックのごみ箱から移動する他のページで、手順 1 と 2 を繰り返します。

その他のヘルプ

ここで紹介した方法で失くしたノートを回復できない場合は、問題を Microsoft Answers の OneNote フォーラムに報告してみてください。他のユーザーが同じ問題を経験している場合があります。また、OneNote 製品チームが解決を支援できる可能性があります。

注: 気づきにくいですが、Windows 8 が実行されているコンピューターでは、2 種類のバージョンの OneNote があります。デスクトップ アプリの OneNote 2013 と、Windows 8 と深く統合されている OneNote です。後者のバージョンはシンプルに OneNote と呼ばれています。次の手順に従う前に、OneNote 2013 を開始して、探しているノートがないかを確認してください。

手順 1: 検索機能を使う

OneNote で何かを探し出す最も簡単ですばやい方法は、検索機能を使うことです。OneNote では、テキスト、手書き、画像、音声録音、ビデオ録画をキーワードで検索できます。

次の操作を行います。

  1. キーボードの Ctrl キーを押しながら E キーを押します。

  2. 検索ボックスに、OneNote で検索する単語または語句を入力します。あまり特定的な内容を入力しない方が、正しいページを見つける確率が高くなります。

  3. 結果のリスト内のページまたはセクションのアイコンをマウスでクリックして、探しているノートが置かれている可能性がある場所に移動します。結果のリストを OneNote ウィンドウの脇に固定するには、Ctrl キーを押しながら O キーを押します。 

ヒント:  何も見つからなかった場合は、検索範囲が [すべてのノートブックを検索] に設定され、検索キーワードが正しく入力されていることを確認してください。 

手順 2: 閉じたノートブックをもう一度開く

前に使ったノートブックを閉じていることがあります。閉じたノートブックに探しているノートが保存されている可能性がある場合は、前に使ったノートブックをもう一度開いてみてください。

次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[開く] をクリックします。

  2. [最近使用したノートブック] で、リストされているノートブックのいずれかをクリックして開きます。

  3. もう一度開いたノートブックの各セクション、各ページを調べるか、別のノートブック検索を行います。

手順 3: クイック ノート セクションを確認する

前のバージョンから OneNote 2013 にアップグレードした場合、一部のノートがクイック ノートと呼ばれる特別なセクションに集められていることがあります。OneNote 2013 より前のバージョンでは、落書きノートと呼ばれていたセクションです。どちらの場合も、既定のノートブックにそのようなセクションが存在するかどうかを確認してください。

  1. リボンの左下に示された現在のノートブックの名前をクリックして、ノートブック ウィンドウを開きます (ノートブック ウィンドウを画面にドッキングしている場合は、この手順をスキップします)。

  2. ノートブック ウィンドウの一番下で、[クイック ノート] をクリックします。

  3. [クイック ノート] セクションで、上部にあるセクション タブ、または右側にあるページ タブをクリックして、OneNote がここに集めたノートを確認します。
     

通常、クイック ノート セクションに格納されたランダム ノートは、すべてのノートブック検索 (この記事の手順 1. を参照) に含められます。しかし、このセクションを別のノートブックに移動し、そのノートブックが閉じられている場合があるので、この場所も確認します。 

手順 4: 共有ノートブックを手動で同期する

クラウド (OneDrive など) に置かれている共有ノートブックを使っている場合、OneNote でそれらの共有の場所が適切に同期されないことがあります。ノートブックを手動で同期すると、そうしたノートのダウンロードに問題があるかどうかがわかります。サービスが正常に実行されている場合は、しばらく待ってから、もう一度ノートブックを同期してみてください。
 

  1. 失くしたノートが含まれている可能性がある共有ノートブックを開きます。

  2. [ファイル]、[同期状態の表示] の順にクリックします。

  3. [共有ノートブックの同期] ダイアログ ボックスで [変更があったときに自動的に同期する] オプションが選ばれていることを確認します。

  4. [すべて同期] をクリックします。

リスト内のいずれかの共有ノートブックについてのエラー メッセージが表示された場合は、横にある [ヘルプの表示] をクリックして、問題のトラブルシューティングを行います。同期エラーを解決しない限り、他の人がその共有ノートブックに追加したノートも、自分自身が他のコンピューターやデバイスから追加したノートも、見ることができません。
 

手順 5: 自分の OneDrive フォルダーを確認する

ノートが OneDrive に置かれている可能性があるが、OneNote で検索しても見つからない場合は、OneNote インターフェイスを使わずに、OneDrive フォルダーで直接探してみてください。

次の操作を行います。

  1. OneDrive のホーム ページから、または Windows 8 用の OneDrive アプリから、OneDrive アカウントにサインインします。

  2. ドキュメント フォルダーを参照して、ノート、ドキュメント、その他のファイルを開き、探している情報を検索します。失くしたノートが、ドキュメントやその他のファイルに格納されている可能性があります。 

手順 6: ノートブックのごみ箱を確認する

検索しても失くしたノートが見つからない場合は、自分、または自分のノートブックにアクセスできる他の人が、失くした情報を削除してしまった可能性があります。その場合でも OneNote では、共有ノートブックから削除されたノートが自動的に一定期間保存されます。

削除済みでも回復できる可能性があるノートを確認するには、次の操作を行います。

  1. 失くしたノートが含まれていると思われる共有ノートブックを開きます。

  2. [履歴]、[ノートブックのごみ箱]、[ノートブックのごみ箱] の順にクリックします。

    失くしたノートがここで見つかった場合は、ページを目的の場所に戻すことで回復できます。

  3. 回復したいページのタブを右クリックし、[移動またはコピー] をクリックします。

  4. [ページの移動またはコピー] ダイアログ ボックスで、選んだページを移動するノートブック セクションをクリックして、[移動] をクリックします。ページを別のノートブックのセクションに移動する場合は、まずリストでこのノートブックの隣にある [+] (プラス) 記号をクリックし、その中のセクションをクリックして選びます。

  5. ノートブックのごみ箱から移動する他のページで、手順 1 と 2 を繰り返します。

その他のヘルプ

ここで紹介した方法のいずれでも失くしたノートを回復できない場合は、問題を Microsoft Answers の OneNote フォーラムに報告してみてください。他のユーザーが同じ問題を経験している場合があります。また、OneNote 製品チームが解決を支援できる可能性があります。 

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×