大量の郵便送付に日本の郵便バーコードを追加する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

日本国内の住所宛てに郵便を送付する場合、日本の郵便バーコードを封筒やラベルに追加することで、郵便料金を節約できます。

日本の住所とバーコードが付いたラベル

注: 日本の郵便バーコードを追加するには、編集言語で日本語を追加する必要があります。有効な日本の住所を使用する必要があります。

有効な日本の住所がある住所リスト

  1. 封筒の差し込み印刷または宛名ラベルの差し込み印刷の開始をアドレス帳に接続すると住所を表示する位置をクリックし、[住所ブロック] をクリックします。

住所ブロック

  1. 名前を表示する方法を選びます。

  2. Enter キーを押して新しい行を開始します。

  3. [バーコード フィールドの挿入]、[郵便バーコードの生成 (日本)] を順にクリックします。

日本の郵便コードを挿入するためのコマンド

  1. [住所 1] フィールドが住所リストの住所フィールドと一致していることを確認します。

[郵便バーコードの生成] ダイアログ ボックスのフィールド

[住所 1] に [(対応なし)] と表示されている場合、ボックスの横の矢印をクリックし、対応する列名を住所リストからクリックします。

  1. バーコードの外観を確認するには、[バーコードの表示] をクリックします。

バーコードの表示

  1. [OK] をクリックし、[複数ラベルに反映] をクリックします。

[複数ラベルに反映]

これで、終了してラベルまたは封筒を印刷する準備ができました。実行する方法についての詳細については、封筒の差し込み印刷または差し込み印刷でラベルを作成するを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×