外部共有を管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

顧客とのドキュメントの共有や、パートナーまたは仕入先との共同作業が伴う作業を行う場合、OneDrive for Business での外部共有を可能にすることもできます。機密情報を保護するには、組織外のユーザーとの共有を制限することが必要になる場合もあります。

組織全体および組織内の OneDrive などのサイト コレクションに対しては、匿名アクセス リンクを含む外部共有が既定で有効になります。

OneDrive の外部共有を制御する

OneDrive は SharePoint Online 内のサイト コレクションであるため、組織での SharePoint Online の設定により、使用できる OneDrive の共有設定が決まります。OneDrive の共有を構成するときは、次に点にご注意ください。

  • OneDrive に対する外部共有の制限の設定は、SharePoint Online の設定より厳しくすることはできますが、緩くすることはできません。組織の SharePoint Online に対して外部共有を無効にした場合、OneDrive に対して有効にすることはできません。SharePoint Online で外部共有を認証されたユーザーだけに制限した場合、OneDrive で許可できる外部共有の種類も認証されたユーザーだけになります。SharePoint Online で匿名アクセス リンクを許可した場合、OneDrive では、認証されたユーザーだけに外部共有を許可するか、または外部共有を完全に無効にすることができます。

  • SharePoint Online 管理センターで外部共有をグローバルに無効にした場合、共有されているすべてのリンクが動作を停止します。後で外部共有を有効にすると、リンクは動作を再開します。

OneDriveの共有を構成するには

  1. 管理センターの OneDriveを開き、[共有] タブをクリックします。

    OneDrive 管理センターの [共有] タブ

  2. ユーザーが外部ユーザーが SharePoint ファイルを共有できるように設定がオンになっていることを確認し、[ユーザーと共有できる設定を確認します。

    重要: この設定を変更する場合は、 SharePointのすべてのサイト コレクションには影響します。

    SharePointに対して外部共有を無効にする場合、[共有] ページで、詳細な外部共有設定を変更できます。外部共有を有効にするまでは、変更内容を有効になります。

  3. [ユーザーが外部ユーザーと OneDrive のファイルを共有できるようにする] をオンまたはオフにします。

    目的

    選択するオプション

    目的の結果

    既に Office 365 ディレクトリ内にいる外部ユーザーのみに共有を許可する。

    既存の外部ユーザーのみ (サインインが必要)

    • ユーザーは、組織のディレクトリに既に存在する外部ユーザーとのみ共有できます (外部ユーザーは共有の招待を既に承諾しています)。

    外部ユーザーが共有ファイルにアクセスできるためには、先に Microsoft アカウントあるいは職場または学校アカウントでサインインする必要があるようにする。

    新規または既存の外部ユーザー (サインインが必要)

    • OneDrive ユーザーは、サインインしている外部ユーザーとファイルを共有できます。

    • ファイルを表示するための招待は、1 回のみ取り消すことができます。招待が承諾された後、他のユーザーがそれを共有したり使用したりして権限を取得することはできません。

    OneDrive ユーザーに、サインインしている外部ユーザー、またはサインインを必要としない匿名アクセス リンクを使う外部ユーザーとの、ファイルの共有を許可する。

    匿名ユーザーを含むすべてのユーザー

    • ユーザーは、自分が共有している特定のアイテムにアクセスするためにサインインを要求することができます。ユーザーがサインインを要求する場合、管理者は外部ユーザーに編集または共有を許可するかどうかを制御できます。

    • 匿名アクセス リンクを使うと、(外部ユーザーを含む) すべての受信者が、サインインしなくても共有ファイルを表示または編集できます。

    • 匿名アクセス リンクは他のユーザーに転送でき、その他のユーザーもサインインせずに共有アイテムを表示または編集できます。

ページの先頭へ

共有の制限を設定する

外部共有の主なオプションを選択した後は、OneDrive 管理センターの [共有] ページで、次の追加オプションを使って設定を調節できます。

重要: SharePoint OnlineとOneDriveの両方に、次の設定を適用します。OneDrive管理センターの同期のSharePoint管理センターで、設定を変更した設定します。

既定のリンクの種類を設定する

ユーザーが共有するリンクの種類をより適切に管理するために、ユーザーが [リンクの取得] を選択してファイルやフォルダーを共有すると作成されるリンクの既定の種類を設定できます。

OneDrive は次の 3 種類のリンクをサポートしています。

  • 直接リンク (アイテムにアクセスするための特定のアクセス許可を持つユーザーのみがアクセス可能)

  • 内部リンク (組織内のユーザーのみがアクセス可能)

  • 匿名アクセスのリンク (リンクされたすべてのユーザーがアクセス可能)。このオプションはSharePointの場合は、外部共有設定を匿名ユーザーを含むすべてのユーザーに設定されている場合にのみ使用できます。

ユーザーが匿名アクセス リンクを送信できるようにして (最も円滑なエクスペリエンスが提供されます)、ただしそれをユーザーが [リンクの取得] ダイアログ ボックスを開いたときの既定のオプションにしないようにすることができます。既定のリンクの種類はより制限の厳しいものに設定しながら、ユーザーが必要に応じて他のリンクの種類を選択できるようにすることができます。

匿名アクセス リンクの有効期限とアクセス許可   

SharePointの場合は、外部共有設定を匿名に設定されている場合は、リンク (外部共有は現在無効になって) 場合でも、内のリンクの有効期限が切れるドロップダウン リストから値を選択し、それらのリンクの有効期限を設定することができます。かどうか匿名アクセスのリンクを伝えるすれば共有ファイルとフォルダーを編集する権限を選ぶすることもできます。

ドメインを使って外部共有を制限する

特定のドメインへのアクセスを許可したり制限したりできます。

外部ユーザーが実行できる機能   

以下のオプションでは、共有されているアイテムに対して外部ユーザーが実行できることを選択できます。

  • 外部ユーザーが共有アイテムにアクセスするアカウントを制御するには、[外部ユーザーは招待が送信された同じアカウントを使用して共有への招待を承認する必要がある] チェック ボックスをオンにします。

  • 外部ユーザーに他のユーザーが共有しているアイテムの共有を許可するには、[外部ユーザーに自分が所有していないアイテムの共有を許可する] チェック ボックスをオンにします。この設定は、既定でオンになっています。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

新しい OneDrive 管理センターの使用

SharePoint Online 環境の外部共有を管理します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×