外部データ ファイルを利用し、エンタープライズ リソースを追加または更新する

外部データ ファイルを利用し、エンタープライズ リソースを追加または更新する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

エンタープライズ リソース プールは、プロジェクト計画でリソースとして使用されるユーザー、資料、コストの一覧です。タスクにリソースを割り当てる前に、リソースを Project Online または Project Server に追加しておく必要があります。リソースは、Active Directory 同期で自動的に追加するか、手動で追加することができます。

ただし、手動で 1 つずつリソースを入力するのは面倒な作業です。もう 1 つの手動の方法は、外部データ ファイルを使用してリソースをインポートすることです。また、同じ方法で、外部データ ファイルから変更をインポートすることで、既存のリソースを更新することもできます。

Project Professional を Project Online または Project Server を組み合わせて、外部ファイルからデータをインポートします。Project Professional は、次のファイル形式のファイルをインポートできます。

  • プロジェクト ファイル形式: .mpp と .mpt

  • Excel ファイル形式: .xlsx、.xlsb、.xls

  • .txt

  • .csv

  • .xml

形式に関係なく、エンタープライズ リソース プールに追加するリソースの少なくとも表示名をファイルに含める必要があります。ファイルには、組織にとって重要なその他のリソース情報を含めることができます。次に、外部ファイルのフィールドを、Project Online または Project Server のリソース センターのフィールドにマップします。

注: Project Server または Project Online の既定で使用できないフィールドがある場合は、カスタム フィールドを作成してから、データをマップします。Project Server または Project Online にカスタム フィールドがある場合、そのカスタム フィールドを使用して外部データ ファイルのフィールドをマップできます。

エンタープライズ リソース プールに新しいリソースをインポートするか、既存のリソースを変更するには:

  1. Project Server または Project Online のリソース センターを開きます。

  2. 変更するリソースを選択します。また、リソースをプールに追加する予定がある場合は、少なくとも 1 つのリソースを選択します。

  3. [リソース]、[開く] の順にクリックします。Project Professional の [リソース シート] ビューが開きます。

    注: Project Online に接続している場合、Project Professional の起動時にアカウントとパスワードの入力を求められることがあります。

  4. Project Professional で [ファイル]、[開く] の順にクリックし、インポートするリソース情報がある外部データ ファイルを選択します。

  5. インポート ウィザードで [次へ] をクリックします。

  6. [新しいマップ] を選択し、[次へ] をクリックします。

  7. 次のいずれかの操作を実行します。

    • 既存のリソースを変更する場合、[作業中のプロジェクトにデータを結合する] を選択し、[次へ] をクリックします。

    • 新しいリソースを追加する場合、[作業中のプロジェクトにデータを追加する] を選択し、[次へ] をクリックします。

  8. [リソース] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  9. Excel ファイルを使用する場合はソース ワークシートを選択します。それ以外の場合、フィールドは淡色表示されます。

  10. 外部ファイルのフィールドを Project Professional のフィールドとマップし、[次へ] をクリックします。

    注: プレビューでは、Project Professional に表示されるときのデータの外観を確認できます。

  11. 既存のリソースを変更する場合、外部ファイルのデータを Project Professional に結合するために使用するフィールドを選択し、[主キー設定] をクリックして、[次へ] をクリックします。

    たとえば、[名前] フィールドを主キーに設定すると、外部ファイルのその名前と関連付けられたデータが使用され、エンタープライズ リソース プールのその名前のレコードが変更されます。

    ヒント: 後でリソースを追加または更新するときにフィールドのマッピングを再利用するには、[マップの保存] を選択します。

  12. [完了] をクリックします。

これで [リソース シート] にリソースが表示されるようになります。ファイルを保存するときに、変更を保存してエンタープライズ リソースをチェックアウトするようにメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

Project Online または Project Server でリソース センターに戻り、リソースがエンタープライズ リソース プールに追加されたことを確認します。

詳細については、 Project Professional でリソースを管理するを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×