外部データ ウィンドウにインポートした列のデータ型をカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[データ] メニューの [図形にデータをリンク] コマンドを使用して図面にデータをインポートすると、[外部データ] ウィンドウが表示されます。

データをインポートすると、元のデータ型は Microsoft Office Visio で動作するように変換されます。インポートした列のデータ型を変換したり、時間間隔 (日や分など) や単位 (インチやマイルなど) などの特別な Visio 仕様をデータ型に追加したりできます。

  1. [外部データ] ウィンドウの任意の列見出しを右クリックして、[列の設定] をクリックします。

  2. [列の設定] ダイアログ ボックスで、変更する列名をクリックし、[データ型] をクリックします。

  3. [種類と単位] ダイアログ ボックスで、以下のオプションのいずれかを選択します。

    • [種類]     他の設定で使用できるオプションは、[種類] ボックスの選択内容によって異なります。

    • [単位]     この設定は、期間または数値型でのみ使用できます。

    • [通貨]     この設定は、通貨データ型でのみ使用できます。

    • [言語]     この設定は日付型と文字列型でのみ使用できます。

    • [カレンダー]     この設定は日付型でのみ使用できます。

インポートしたデータの操作の詳細については、 Excel、SQL Server、SharePoint サイト、およびその他の外部ソースからのデータのインポートを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×