外部データ範囲とそのプロパティを管理する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データベース、Web クエリ、またはテキスト ファイルなど、外部データ ソースへの接続をワークシートにインポートされたデータをコントロールには、外部データ範囲のプロパティを変更できます。

外部データ範囲 (クエリ テーブルとも呼ばれます) は、定義された名前またはワークシートに表示されるデータの位置を定義するテーブル名です。外部データに接続すると、Excel が自動的に外部データ範囲を作成します。唯一の例外がデータ ソースに接続されているピボット テーブル レポート、ピボット テーブル レポートで外部データ範囲を使用しません。Excel では、書式設定して、外部データ範囲をレイアウトするしたり、その他のデータと同様の計算に使用できます。

外部データ範囲のプロパティ

外部データ範囲が追加のプロパティ (接続のプロパティと混同しない) を使用すると、データをセルの書式設定と列の幅が維持されるなどを制御することができます。これらの外部データ範囲のプロパティを変更するには、[データ] タブの [接続] グループで [プロパティ] をクリックします。次の手順で変更を加えます。

  • Microsoft Query、データ接続ウィザードから作成した外部データ範囲では、外部データのプロパティ] ダイアログ ボックスを使用します。

  • インポートされたテキスト ファイルまたは html 形式のデータを取得する Web クエリから作成した外部データ範囲を外部データ範囲のプロパティ] ダイアログ ボックスを使用します。

  • 外部データ範囲から XML データを取得する Web クエリを作成した、 XML マップのプロパティ] ダイアログ ボックスを使用します。

外部データの範囲にテンプレートを使用します。

概要または外部データに基づくレポートを共有するには、か、外部データ範囲を含むブックを他のユーザーに付与するレポート テンプレートを作成することができます。レポート テンプレートするには、ファイルが小さくなるように外部データを保存せずに集計やレポートを保存することができます。レポート テンプレートを開くときに、外部データを取得します。

  1. 外部データ範囲を検索するワークシートを選択します。

  2. 数式バーでは、[、[名前] ボックスの横にある矢印をクリックし、希望する外部データ範囲の名前をクリックします。

  1. [数式] タブの [定義された名前] で、[名前の管理] をクリックします。

    [数式] タブの [定義された名前] グループ

  2. 名前の管理] ダイアログ ボックスで、外部データ範囲の名前をクリックし、[編集] をクリックします。名前をダブルクリックすることもできます。

  3. [名前の編集] ダイアログ ボックスで、 [名前] ボックスで、参照の新しい名前を入力します。

注: [閉じる] ボタンは、[名前の管理] ダイアログ ボックスのみを閉じます。既に行った変更を反映するために [閉じる] をクリックする必要はありません。

Microsoft Query、インポートされたテキスト ファイルを Web クエリ、またはデータ接続ウィザードから作成された外部データ範囲を基になるクエリを変更することができます。

  1. 基になるクエリを変更する外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  3. 外部データのプロパティ] ダイアログ ボックスで、 [接続プロパティ プロパティ ] をクリックします。

  4. 接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックし、[クエリの編集] をクリックします。

作成して、Microsoft Query でクエリの編集の詳細については、Microsoft Query のヘルプを参照してください。

  1. 基になるクエリを変更する外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で [接続] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  3. ブックの接続] ダイアログ ボックスで、[プロパティ] をクリックします。

  4. 接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックし、[クエリの編集] をクリックします。

  5. テキスト ファイルのインポート] ダイアログ ボックスで、[インポート] をクリックします。

  6. テキスト インポート ウィザードで、インポートされたテキスト ファイルを変更し、[完了] をクリックします。

    テキスト ファイルをインポートする方法の詳細については、テキスト ファイルをインポートまたはエクスポートを参照してください。

  1. 基になるクエリを変更する外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  3. ブックの接続] ダイアログ ボックスで、[プロパティ] をクリックします。

  4. 接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックし、[クエリの編集] をクリックします。

  5. Web クエリの編集] ダイアログ ボックスで、Web クエリを変更し、[完了] をクリックします。

作成して、Web クエリの編集の詳細については、 web ページ (Power Query) への接続を参照してください。

  1. 基になるクエリを変更する外部データ範囲のセルをクリックします。

  2. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  3. 外部データのプロパティ] ダイアログ ボックスで、 [接続プロパティ プロパティ ] をクリックします。

  4. 接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[定義] タブをクリックします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • コマンドの種類] ボックスに、テーブル] をクリックし、[コマンド] ボックスに、変更の値を適切なテーブル、ビュー、またはクエリの名前をします。

    • コマンドの種類] ボックスに、 SQLまたは[既定] をクリックし、[コマンド] ボックスに、SQL ステートメントを編集します。

      注: 接続の定義方法に応じて、[コマンドの種類] ボックスできない場合があります (淡色表示)。

  1. 数式バーで、[名前] ボックスの横にある矢印をクリックし、[コピーする外部データ範囲の名前を選択します。

    Excel のテーブルを範囲の名前を選択し、テーブルの見出しを選択するには、ctrl キーと A キーを押します。

    列ラベル] または [外部データ範囲に含まれていない数式を挿入するには、列ラベル] または [コピーする数式が含まれるセルを選択します。数式バーで、 [名前] ボックスの横の矢印をクリックし、コピーする外部データ範囲の名前をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [クリップボード] で [コピー] をクリックします。

    [ホーム] タブの [クリップボード]

  3. 外部データ範囲をペーストするブックに切り替えます。

  4. 貼り付け領域の左上隅のセルをクリックします。

    外部データが既存のデータを置き換えないように、ワークシートに [または] をクリックするセルの右側にデータが含まれていないことを確認します。

  5. [ホーム] タブの [クリップボード] グループで [貼り付け] をクリックします。

注: 外部データ範囲の一部のみをコピーする場合、基になるクエリいないがコピーされ、コピーしたデータを更新することはできません。

データが更新されると、Excel に返される拡大または縮小データ セットを処理する方法を制御することができます。

  1. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  2. 外部データ範囲のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[更新時にデータ範囲内の行の数を変更した場合、次のいずれかをクリックします。

    • 新しいデータのセルを挿入、使用されていないセルを削除します。

      注: 

      • データ ソースの 1 つまたは複数の行が追加されると、外部データ範囲のすぐ下のセル分下に移動が、外部データ範囲の右側にあるセルを移動しません。

      • データ ソースの 1 つまたは複数の行が削除されると、外部データ範囲のすぐ下のセルを上方へ移動が、外部データ範囲の右側にあるセルを移動しません。

    • 新しいデータ行全体を挿入し、使用されていないセルをクリアします。

      注: 

      • データ ソースの 1 つまたは複数の行が追加されると、セルのすぐ下と外部データ範囲の右下に移動します。

      • データ ソースの 1 つまたは複数の行が削除されると、セル直接し、[外部データ範囲の右に移動しません。

    • 新しいデータを既存のセルを上書きし、使用されていないセルをクリア

      注: 

      • データ ソースの 1 つまたは複数の行が追加されると、外部データ範囲のすぐ下のセル上書きされますが、外部データ範囲の右側にあるセルを移動しません。

      • データ ソースの 1 つまたは複数の行が削除されると、セル直接し、[外部データ範囲の右に移動しません。

  1. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  2. [データの書式設定と [レイアウト] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 最初の行と、フィールド名を含めるには、フィールド名を含む] チェック ボックスを選択します。

      注: Microsoft Office 2003 プログラムからやプログラムによって作成された外部データ範囲に変換される外部データ範囲には、このチェック ボックスのみできます。

    • 行の数値の列を追加するには、行番号を含む] チェック ボックスを選択します。

      注: このチェック ボックスは、インポートされたテキスト ファイル、XML ファイルまたは Web クエリできません。

    • セルの書式を適用することを維持するには、セルの書式設定を保持する] チェック ボックスを選択します。

      注: Web クエリのオプション] ダイアログ ボックスでHTML 形式を選択するときにこのオプションをオフに自動的にします。クエリの編集] ダイアログ ボックスのオプション] ダイアログ ボックスにアクセスします。

    • 設定されている列の幅を維持するには、列幅を調整する] チェック ボックスを選択します。

    • 列を保持するための並べ替え、フィルター、およびレイアウトを適用すると、列の並べ替え/フィルター/レイアウトを保持する] チェック ボックスを選択します。

      注: このチェック ボックスは Web クエリを使用します。

    • 適用する列のフィルター処理を維持するには、列のフィルターを保持する] チェック ボックスを選択します。

      注: このチェック ボックスは、XML データを基にした Web クエリにのみ利用できます。

注: 次の手順は、プログラムによって作成された外部データ範囲や Microsoft Office 2003 プログラムでは、変換は、外部データ範囲にのみに適用されます。Excel のテーブルと、ユーザー インターフェイスを使用して作成されたすべての外部データ範囲が作成されます。次の表は、新しい行が追加され、入力したときに自動的に拡張計算列を下します。

  1. 外部データ範囲内のデータの最初の行に隣接するセルに数式を入力します。

    注: 2 行目の外部データ範囲の最初の行見出しが含まれているかどうかによって、データの最初の行があります。

  2. セルを選択し、[外部データ範囲内のすべての行に数式をコピーするフィル ハンドルをダブルクリックします。

  3. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  4. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  5. 外部データ範囲のプロパティ] ダイアログ ボックスで、データの横にある列に数式を下方向へコピー ] チェック ボックスを選択します。

    注: 場合は、外部データ範囲を展開する最新の情報に更新Excel は、外部データ範囲内または隣接している数式だけをコピーするときにします。

データが、基になるクエリではなく、外部データ範囲を更新できないように、保持、外部データ範囲を固定します。

  1. データ接続を削除する Excel のテーブルに含まれているワークシートをクリックします。

  2. 数式バーで、[名前] ボックスの横の矢印をクリックし、[データ接続を削除する外部データ範囲の名前をクリックします。データの範囲が選択されます。

  3. [ツール] タブの [テーブルの外部データ] グループで、リンクの解除] をクリックします。データの範囲し、は何もの同じ名前が、接続が削除されます。

注: 次の手順は、プログラムによって作成された外部データ範囲や Microsoft Office 2003 プログラムでは、変換は、外部データ範囲にのみに適用されます。Excel のテーブルと、ユーザー インターフェイスを使用して作成されたすべての外部データ範囲が作成されます。次の表は、新しい行が追加され、入力したときに自動的に拡張計算列を下します。

  1. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  2. [クエリの定義] で、[クエリの定義を保存する] チェック ボックスをオフにします。

注: ブックを保存すると、基になるクエリは、ブックから削除されます。ただし、保存されているデータベースのクエリ ファイル (.dqy または .odc ファイル) は削除されません。クエリ ウィザードで、または Microsoft Query で作成したときにクエリを保存した場合は、クエリ ファイルは、お使いのコンピューターに保存されてし、外部データを取得するクエリをもう一度使用することができます。詳細については、Microsoft Query のヘルプを参照してください。

注: 次の手順適用のみを Microsoft Query、データ接続ウィザードを使用して作成された外部データ範囲 (し、インポートされたテキスト ファイルまたは Web クエリ)、変換され、Microsoft Office 2003 プログラム、または外部から外部データ範囲データの範囲がプログラムで作成します。Excel のテーブルと、ユーザー インターフェイスを使用して作成されたすべての外部データ範囲が作成されます。

  1. 外部データ範囲の上にある空白の行を挿入するには、次のいずれかの操作します。

    • 新しい行を挿入する上のセルを選択します。次に、[ホーム] タブの [セル] グループで、挿入するには、横にある矢印をクリックし、[シートの行の挿入] をクリックします。1 つのセルを選択したので、現在の行の上にある 1 つの新しい行が挿入されます。

    • 新しい行を挿入する行の上の行セレクターをクリックします。次に、[ホーム] タブの [セル] グループで、[挿入] をクリックします。1 つの行全体を選択したので、選択した行の上にある 1 つの新しい行が挿入されます。

  2. 空白の行のセルで必要なラベルを入力します。

  3. 外部データ範囲のセルをクリックします。

  4. [データ] タブの [接続] で、[プロパティ] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  5. 外部データ範囲のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[データの書式設定と [レイアウト] で、フィールド名を含む] チェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。

  6. 既存のフィールド名を削除し、[外部データ範囲を更新、外部データ範囲のセルをクリックし、[データの更新 ボタン イメージ ] をクリックします。

注: データベースからデータを取得する場合は、外部データ範囲で Query で列名に変更は保持されます。クエリの列名を変更する方法の詳細については、Microsoft Query のヘルプを参照してください。

  1. 削除する外部データ範囲に含まれているワークシートをクリックします。

  2. 数式バーで、[名前] ボックスの横の矢印をクリックし、[を削除する外部データ範囲の名前をクリックします。

    外部データ範囲が Excel テーブルの場合は、[表全体を選択するには、ctrl キーと A キーを押します。

  3. 外部データ範囲を削除するには、DEL キーを押します。

  4. 基になるクエリを削除するには、入力を求められたらに[はい] をクリックします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×