外部データへの接続を作成、編集、および管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Excel を使用して、ブックまたは接続ファイルに格納される外部データ ソースへの接続を作成および編集できます。[ブックの接続] ダイアログ ボックスを使用すると、接続の作成、編集、削除などの管理作業を容易に実行できます。

セキュリティに関するお知らせ : 外部データへの接続は、お使いのコンピューターに現在無効にすることがあります。データに接続するブックを開いたときに、セキュリティ センター] バーを使用してまたは信頼できる場所にブックを配置してで、データ接続を有効にする必要があります。詳細については、作成、削除、またはファイルに対して信頼できる場所を変更するには追加、削除、または信頼できる発行元を表示、およびセキュリティ センターのセキュリティ設定を表示するを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

データ接続の詳細についてください。

ブックの接続] ダイアログ ボックスを使用して接続を管理します。

Office データ接続 (ODC) ファイルを作成します。

データ接続について

Excel ブックのデータは、2 つの異なる場所から取得される可能性があります。データがブックに直接格納されている場合もあれば、テキスト ファイル、データベース、オンライン分析処理 (OLAP) キューブなどの外部データ ソースに格納されている場合もあります。外部データ ソースがブックに接続するには、データ ソースの格納場所を検索し、ログインし、クエリを実行し、アクセスするために必要な情報のセットである、データ接続を介してブックに接続します。

外部データ ソースに接続すると、更新操作を実行して最新のデータを取得することができます。データを更新するたびに、前回の更新後に加えられた変更をすべて含む最新のデータが表示されます。

接続情報は、ブックに格納することも、Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) や汎用データ接続 (UDC) ファイル (.udcx) などの接続ファイルに格納することもできます。特に、一定の接続を共有する場合や、データ ソースの管理を容易にする場合に接続ファイルを使用すると便利です。

接続ファイルを使用してデータ ソースに接続する場合、接続ファイルの接続情報が Excel ブックにコピーされます。[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスを使用して設定を変更する場合、現在のブックに格納されている情報が変更されますが、接続の作成に使用され、ファイル名が "接続ファイル" プロパティに表示されている、元のデータ接続ファイルは変更されません。"接続名" および "接続の設定" プロパティ以外の接続情報を編集すると、接続ファイルへのリンクは削除され、"接続ファイル" プロパティはクリアされます。

ページの先頭へ

[ブックの接続] ダイアログ ボックスによる接続の管理

[ブックの接続] ダイアログ ボックスには、ブックに設定された外部データ ソースへの接続を管理するための機能があります。このダイアログ ボックスでは、次の操作を実行できます。

  • ブックで使用する接続を作成、編集、更新、および削除できます。

  • 外部データの取得先を確認できます (他のユーザーが接続を定義した場合など)。

  • 現在のブック内で各接続が使用されている場所を表示します。

  • 外部データへの接続に関するエラー メッセージを診断します。

  • 接続を別のサーバーまたはデータ ソースにリダイレクトします。または、既存の接続の接続ファイルを置換します。

  • 新しい接続を作成するのには、既存の接続] ダイアログ ボックスを表示します。詳細については、 (インポート) の外部データへの接続を参照してください。

  • データ接続のプロパティを変更して、クエリの編集、パラメーターを変更する接続のプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。詳細については、接続のプロパティを参照してください。

  • 容易に接続ファイルを作成し、ユーザー間で共有することができます。

現在のブックでの接続を管理するには、次のうち必要な操作を行います。

接続の識別

ダイアログ ボックスの上部には、ブック内のすべての接続について次の情報が自動的に表示されます。

コメント

[名前]

[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで定義した接続名。

[説明]

[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで任意で定義した、接続に関する説明。

[前回の更新]

接続が正常に更新された最新の日付と時刻。空白の場合は、一度も更新されていないことを示します。

接続の追加

接続情報の表示

  • 接続を選択し、[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスを表示するプロパティ] をクリックします。詳細については、接続のプロパティを参照してください。

外部データの更新

  • [更新] の横にある矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • 特定の接続を更新するには、1 つまたは複数の接続を選択して、[更新] をクリックします。

    • ブック内のすべての接続を更新するには、接続の選択をすべて解除して、[すべて更新] をクリックします。

    • 更新操作に関する状況を確認するには、1 つまたは複数の接続を選択して、[データ更新の状況] をクリックします。

    • 現在の更新操作を中止するには、[更新のキャンセル] をクリックします。

詳細については、「接続 (インポート) されたデータを更新する」を参照してください。

接続の削除

  • ブックから削除する 1 つまたは複数の接続を選択して、[削除] をクリックします。

    注記: 

    • ブックが保護されている場合、またはこの接続を使用しているピボットテーブル レポートなどのオブジェクトが保護されている場合、このボタンは使用できません。

    • 接続を削除しても、ブック内のオブジェクトやデータは削除されません。

重要: 接続を削除するとデータ ソースとの接続が解除されるため、数式で異なる結果が取得されたり、Excel の他の機能で問題が発生するなど、予期しない影響が現れる可能性があります。

ブックに設定された接続の位置の表示

  • 1 つまたは複数の接続を選択し、[このブックで接続を使用する位置] の下の [選択した接続が使用される場所を表示するには、ここをクリックしてください。] リンクをクリックします。

    次のような情報が表示されます。

コメント

[シート]

接続が使用されているワークシート。

[名前]

Excel のクエリ名。

[場所]

セル、範囲、オブジェクトへの参照。

[値]

セルの値。セル範囲の場合は空白。

[数式]

セルまたはセル範囲で使用される数式。

ダイアログ ボックスの上部で別の接続を選択すると、現在表示されている情報はクリアされます。

ページの先頭へ

Office データ接続 (ODC) ファイルの作成

[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスまたはデータ接続ウィザードを使用すると、Excel で Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) を作成できます。

  1. 次のいずれかを実行します。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示する接続のプロパティ] ダイアログ ボックスの [定義] タブの [接続ファイルのエクスポート] をクリックして接続ファイルに接続情報を保存し、ODC ファイルに現在の接続情報を保存します。詳細については、接続のプロパティを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×