外部データに接続する (インポートする)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Excel から外部データに接続することの主な利点は、データのコピーを繰り返すことなく、Excel でそのデータを定期的に分析できることです。データのコピーを繰り返すことは、時間がかかり、エラーも発生しやすい作業です。外部データに接続した後、元のデータ ソースの情報が更新されるたびに、そのデータ ソースから Excel ブックを自動的に更新することもできます。

重要: 外部データへの接続は、コンピューターで無効になっている場合があります。ブックを開くとデータに接続されるようにするためには、[セキュリティ センター] バーを使用してデータ接続を有効にするか、またはブックを信頼できる場所に配置する必要があります。

詳細については、「ファイルに対して信頼できる場所を作成、削除、変更する」、「信頼できる発行元を追加、削除、表示する」、および「セキュリティ センターのオプションと設定を表示する」を参照してください。

  1. [データ] タブの [外部データの取り込み] で [既存の接続] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

    [既存の接続] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [表示] ボックスの一覧で、次のいずれかの操作を行います。

    • すべての接続を表示するには、[すべての接続] をクリックします。この項目は、既定で選択されています。

    • 最近使用した接続だけを表示するには、[このブック内の接続] をクリックします。

      この一覧は、既に定義した接続、データ接続ウィザードの [データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで作成した接続、またはこのダイアログ ボックスで以前に選択したことのある接続から作成されます。

    • コンピューター上で使用可能な接続だけを表示するには、[このコンピューター上の接続ファイル] をクリックします。

      この一覧は、コンピューター上の [マイ ドキュメント] フォルダーに通常格納されている [My Data Sources] フォルダーから作成されます。

    • ネットワーク経由でアクセス可能な接続ファイルから利用可能な接続だけを表示するには、[ネットワーク上の接続ファイル] をクリックします。

      この一覧は、Microsoft SharePoint Services サイトの Excel データ接続ライブラリ (DCL) から作成されます。DCL は、Office データ接続 (ODC) ファイル (.odc) のコレクションが含まれる、SharePoint Services サイトのドキュメント ライブラリです。通常、DCL は、SharePoint サイトの構成権限も持つサイト管理者によってセットアップされ、[外部接続] ダイアログ ボックスでこの DCL から ODC ファイルを表示します。詳細については、SharePoint Services サーバーの全体管理のヘルプを参照してください。

      ヒント: 必要な接続が表示されない場合は、接続を作成できます。[参照] をクリックし、[データ ファイルの選択] ダイアログ ボックスの [新しいソース] をクリックするとデータ接続ウィザードが開始し、接続先のデータ ソースを選択できます。

      接続ファイルが新しいブックの接続としてブックにコピーされますが、新しい接続情報として使用し、ネットワーク上の接続ファイル、またはこのカテゴリに分類するコンピューター上の接続ファイルからの接続を選択した場合は、注意してください。

      注: 

  1. 必要な接続をクリックし、[開く] をクリックします。

  2. [データのインポート] ダイアログ ボックスの [このデータをブックでどのように表示するかを選択してください。] で、次のいずれかの操作を行います。

    重要: 次に示すように、[このデータをブックでどのように表示するかを選択してください。] セクションおよびそのオプションは、テキスト、Web クエリ、および XML のデータ接続には使用できません。このようなデータに接続している場合は、手順 5. に進んでください。

    • 単純な並べ替えと抽出のためのテーブルを作成するには、[テーブル] をクリックします。

    • データを取得して集計することにより大量のデータを要約するピボットテーブル レポートを作成するには、[ピボットテーブル レポート] をクリックします。

    • ピボットテーブル レポート、さらにデータを視覚的に要約するピボットグラフ レポートを作成するには、[ピボットグラフ/ピボットテーブル レポート] をクリックします。

    • 選択した接続をブックに保存して後で使用できるようにするには、[接続の作成のみ] をクリックします。

      [接続の作成のみ] オプションを使用すると、選択した接続を今後使用するためにブックに格納されます。たとえば、オンライン分析処理 (OLAP) キューブのデータ ソースに接続していて、[数式への変換] コマンド ([オプション] タブの [ツール] で、[OLAP ツール] をクリックします) を使用してピボットテーブルのセルをワークシートの数式に変換する予定である場合は、このオプションを使用すると、ピボットテーブル レポートを保存する必要がなくなります。

  3. [データを返す先を選択してください。] で、次のいずれかの操作を行います。

    • 既存のワークシートにピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートを配置するには、[既存のワークシート] をクリックし、ピボットテーブル レポートを配置するセル範囲の先頭のセルを入力します。

    • または、ダイアログ縮小 ボタンの画像 をクリックして] ダイアログ ボックスを一時的に非表示にする、ワークシートで、先頭のセルを選択し、[ダイアログ展開 ボタン イメージ キーを押します。

  4. 新しいワークシートのセル A1 からピボットテーブル レポートを配置するには、[新規ワークシート] をクリックします。

  5. 必要に応じて、[プロパティ] をクリックし、[接続のプロパティ]、[外部データ範囲のプロパティ]、または [XML の対応付けのプロパティ] ダイアログ ボックスで変更を行い、[OK] をクリックすると、接続のプロパティを変更できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×